SCP-1577
評価: +3+x
SCP-1577.jpg
SCP-1577-1 RAFの刻印に注目

アイテム番号: SCP-1577

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1577-1は試験に使用されないとき、抜弾された状態で標準収容ロッカーの中に封印されることになっています。本品に特別に割り当てられた財団職員にのみその利用が許可されます。職員には、試験の間全ての試料を回収することに加え、SCP-1577-1の試験を全て記録することが要求されます。SCP-1577-1のさらなる事例が発見された場合、それらは個別のロッカーに収容されることになっています。

説明: SCP-1577は2つの物体、呼称SCP-1577-1およびSCP-1577-2を指します。SCP-1577-1は、信号銃(第二次世界大戦直前まで英空軍にて使用されていたモデルの一つと同一)です。オブジェクトには明白な経年劣化、目立たない摩耗と傷が見られます。しかしながらシリアルナンバーは完全にすり減っており、その分析には慎重な努力を要します。この物体は適切なサイズ(25mm径)のあらゆる信号弾を発射することが可能であり、SCP-1577-1の特性は発砲時に明らかになります。SCP-1577-1から発射されたどんな信号弾も、より明るくはるかに激しく、予測よりも長く燃え続けます。さらにSCP-1577-1は、装填した弾丸の状態にかかわらず、あらゆる状況で確実に発砲することができます。

SCP-1577-1が照明弾を発射してからちょうど1時間後、アブロ685ヨーク輸送機(SCP-1577-2)が、発射された地点から60km東の高度8,250mに出現し、650km/hで発砲位置へと移動します。この速度は本機の記録上の最高速度よりおよそ200km/h速く、高度は既知の運用上最大高度をおよそ1000m上回ります。SCP-1577-2が出現あるいは消失する地点のどちらにも、直接かつ明確な空間的変異はありません。しかしながら、予測された進入および離脱地点の付近に設置された計測器具は、SCP-1577-2が両地点に到達するとき、至近区域の周辺温度が摂氏2~3度低下することを示しました。

実体については、SCP-1577-2は、エンジンを含め霜でほぼ完全に覆われているように見えます。この着氷はしかし、航空機の性能に全く影響を与えているように見えません。また、SCP-1577-2の出現から3分後までにその大部分は溶解、あるいは落下しました。この氷を形成する水の分析では、その異常な特性は解明できません。SCP-1577-2はSCP-1577-1が発砲された位置に移動し、パラシュートを取り付けられた補給用クレート一つからなる空中投下を行います。空中投下を行ったあと、SCP-1577-2は消失する前に信号弾の地点から西へ60kmの地点まで移動します。その飛行速度により、SCP-1577-2はおよそ10分の間しか発見できません。

SCP-1577-2によって投下されたクレートの寸法は1m×1mx1mで、主に木材とそれを留める鉄釘で構成されます。クレートとパラシュートの分析では、特に異常な特性は発見されませんでした。クレートの表面にある捺印には、クレートに何がどれくらいの量収められているかが示されています。補給用クレートに物資が満載されることは滅多にありません。物資はすべての場合で異なりましたが、明らかに軍事利用を目的とするものです。クレートの中身はその本来の有用性を妨げる予想外の特徴を示すか、あるいは完全に危険なものです。詳細は試験記録を参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。