SCP-158
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-158

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-158は、バイオリサーチエリア-12の手術室07に据え付けられています。チーフ研究員の█████教授へクリアランス必要書類を提出して、承認されない限り、人員は部屋に入室できず、電力は供給されません。装置を使う人員は、コピーした全ての取扱説明書を要請し、読まなければなりません。装置を使用の間、2人の武装した警備員が常時部屋の外で待機している状態にしてください。事故が生じた場合、部屋のすべての電源をカットし、警備員は慎重に部屋に不正な管理の徴候がないか調査する事になっています。不正な管理はケースによってはチーフ研究員によって、処罰されます。

説明: SCP-158は自動車工場で見られる機械に類似した大きな機械式アームです。末端には異様な形のとがった三本の爪が付いています。さかさまに吊るした状態で設置することが最適な配置になっています。そして、そのベースが適応するために建設された部屋の天井に付けられます。ベースから幾つかのケーブルが出力され、幾つかが複雑なモバイルコンソールに繋がっており、VDU(視覚表示ユニット)とキーボードを完備しています。装置がうまく動くならば、他のケーブルは電源に接続していなければなりません。コンソールの底に、分配装置のための幅7.6cm(3インチ)、高さ17.8cm(7インチ)の容器のアタッチメントがあります。

装置のパフォーマンスに影響を及ぼしませんが、アーム、ケーブルとコンソールは火事によって表面にダメージを受けています。

作動する際、装置は立ち上げ後20分で、完全に機能的になります。

生きている、認知を示す生物に正しく使われるとき、SCP-158は未知の物質を除去し、コンソールの下に分配装置によってそれを移します。この物質に最適の容器は、アタッチメントに合うガラスのジャーまたはビーカーです。このオペレーションが実行されたあと、実行された生物は脳幹だけが活動を続け、すべてのより高次な脳機能をやめます。被験者は外刺激に反応せず、基本的な反射行動を越えた少しの反応も示しません。

その全体的な見た目と特性が被験者と異なるが、離れた物質はガスです。物質は、不明確な運動電気、熱、光エネルギーソースです。レートと出力もまた被験者によって異なりますが、(見た目と特性と比べて)その差は比較的小さいです。

装置は2007年後半に█████,███████のしばらく使われていないとみられる(ざっと見積もって5年以上)焼け落ちた病院の中で見つかりました。装置に加えて、装置を使う方法について書かれた、ひどく傷ついた「所有者用マニュアル」がありました。このマニュアルは、常に封じ込め室に収容され、多数コピーされました。マニュアルは、装置の維持、使用法、誰が造ったか、何をしたか年代順に記録している章が破損しており読めないため、明確にするために試行錯誤したプロセスに関しては資料を要求し、読んでください。(実験ログ158-AAを参照)

付記: 装置は抽出を逆にすることができ、同じまたは異なる物質を被験者に入れられます(実験ログ158-AGを参照)このオペレーションが実行されるとき被験者はすべての認識でより高次脳機能を回復します、しかし、それが被験者から引き抜かれる最初の物質であったかどうか次第で結果は異なります。

補遺-01: Dr. ██████████はD-クラス人員と電子機器を用いてSCP-168または類似した現象を再現する実験を提案しています。(保留中)

補遺-01A:前の補遺から、テスト被験者にSCP-158を使用し、体をSCP-217に曝露し、ウイルスが自然な経過を辿ってから最後に変化した体に物質を再注入する独創的な考えを、█████監察官が思いつきました。███████と█████らはこの提案にとても興奮していて、そのような技術の広範囲にわたる利点を議論するために、全12の██████████会議を手配しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。