SCP-1586
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-1586

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1586はヒト型生物収容サイト06-3の標準ヒト型生物収容セルに収容されます。SCP-1586には高カロリー食を与え、生体センサーによって常に監視してください。いかなる疾病、精神的苦痛、センサー測定値の不一致も直ちにサイト-19の遠隔司令部に報告し、流産を誘発するリスクのあるいかなる医療処置も、サイト管理者とサイト副管理者の承認を受けなければなりません。

最終的な緊急対応手順が開発されるまでは、サイトに必須でない全ての職員はSCP-1586の流産または陣痛が始まった場合には避難しなければなりません。

説明: SCP-1586-1はヨーロッパ系混血の人間女性で、初期収容時にはおよそ17歳でした。SCP-1586-1は生理的にはほぼ正常ですが、SCP-1586-2の影響による長期の栄養失調によってやや衰弱しており、これは高カロリー食によっても部分的にしか改善されていません。前回の更新時点でSCP-1586-1が財団に勾留されて5年が経過していますが、財団職員に対しては非常に協力的でありセキュリティ上の懸念は最低限です。

SCP-1586-2はSCP-1586-1の子宮の中心に浮かぶ、12週のヒト胎児の形状をとった完全黒体に近い異常なオブジェクトまたは実体です。オブジェクトは重力特異点と一致する形で電磁放射を重力レンズ効果によって歪曲しており、栄養素と体液をSCP-1586-1の子宮内層から吸い上げ続けています。オブジェクトの特性の測定からは、その質量はおよそ1.69×1025kgと計測されました。現在のところ、なぜ、どのようにこれらの影響がSCP-1586-1の子宮内に留まっているのか、なぜSCP-1586-1が最小限の影響しか受けていないのかは不明です。

08/█/██、SCP-1586-1が病院を訪れたことで財団はSCP-1586の存在に気付きました。対象はスポーツイベント中の衝突で負傷した後に腹痛を訴え、これの診断のために行った定型的なX線CTスキャン中に異常が記録されました。病院に配置されていたエージェントは最寄りの財団観測所に通報しました。収容チームが派遣され、民間人の目撃者は全て記憶処理が施されました。SCP-1586の両親にはカバーストーリーが与えられました。

SCP-1586-1は性交渉の経験はないと主張しています。健康診断ではこの主張を確証することはできませんでした。

補遺1586-01: 事件記録

08/██/█、インフルエンザの発症前だった財団の世話人と偶発的に接触したことで、SCP-1586-1は重病に陥った。続く1週間の間、SCP-1586-1の病状が最も深刻な時期と一致して、ヒト型生物収容サイト06-3では複数の重力、放射線センサーの故障や、断続的な電圧の変動が発生した。

SCP-1586-1は何らかの形でSCP-1586-2の影響を封じ込めており、病気によってこの能力が擾乱されたという仮説が立てられた。その後の検査でSCP-1586-2の推定質量が1.3%増加していたこともこの仮説を裏付けている。研究スタッフは、出産、流産、外科切除などによってSCP-1586-2がSCP-1586-1から分離された場合、これは周囲の環境に完全な重力特異点として作用するだろうと考えている。

我々がこの問題に恒久的な解決策を見つけるまで、SCP-1586-1を可能な限り健康で快適な状態に維持することを要求する。

█████████博士
上級監視官

補遺1586-02: 運営通達、09/█/██

要求を承認する。為すべきことを為せ。

O5-██

補遺1586-03: 監視官通達、09/█/█

高カロリー食の投与と追加の医療処置によってSCP-1586-1の体調は改善したが、SCP-1586-2の質量増加速度も僅かに上昇している。これはヒト胎児と同様の速度で成長するわけではないが、我々が取った最後の記録は、SCP-1586-2の形状と大きさは今や16週の胎児と同等であることを示している。また、我々はその輪郭と局所測定値の僅かなぶれを検出しており、これはSCP-1586-2が体を動かし始めていることを示すものかもしれない。

それがどこから余剰の質量を得ているのか我々には見当もつかないが、この速度からするとこの胎児は5年も経たない内に「満期」を迎えるだろうし、早産の可能性も否定できない。更に悪いことに、SCP-1586-1は心理的に不安定となる徴候を示している。彼女の精神状態は極端な抑鬱から、何らかの神格を孕んでいることへの期待の間を揺れ動いているが、我々が最も困るのはホストが不安定であることなのだ。

我々がこの異常について知らないことが単に多すぎるが故に、起こるであろう大事件の帰結は全く以て不明なものとなっている。私はSCP-1586チームへの更なる研究、医療資産を要求する。

█████████博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。