SCP-1599-JP
rating: +61+x
blank.png

アイテム番号: SCP-1599-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1599-JPは現在海洋サイト-81KFに収容されています。サイトに常駐している職員は毎日SCP-1599-JPと収容用大型水槽の維持を行ってください。維持方法は配布された別紙を参照してください。

説明: SCP-1599-JPは未知のテーブル型サンゴ(Coralliidae)、8体のハナギンチャク(Cerianthidae)、1体のカイメン(Porifera)の計3種の生物群で構成された集合的海洋生物であり、それぞれが順にSCP-1599-JP-1,-2,-3に指定されています。SCP-1599-JPはSCP-1599-JP-1に地下でそれぞれ繋がっており、外見上は別種の生物群の集合に思われますが、SCP-1599-JP-1,-2,-3の全てを含めて1つの生物とすることが提唱されています。

SCP-1599-JPは通常SCP-1599-JP-2が周囲の食物を捕え、それをSCP-1599-JP-3が取り込み消費することで成長します。このとき、SCP-1599-JP-3に取り込まれる生物がヒト(Homo sapiens)であった場合、完全消化されてから1日後にSCP-1599-JP-1は産卵を始めます。このとき排出される卵はSCP-1599-JP-4に指定されており、1度の産卵で平均80個ほど排出されます。SCP-1599-JP-4からSCP-1599-JPを複製する試みは未だ成功していません。

SCP-1599-JP-4を消費した対象は芸術に関する明確なアイデアを思いつきます。このアイデアの質とSCP-1599-JP-4の味や色は、取り込まれた人物の知能指数や性格に依存していると考えられています。対象がSCP-1599-JP-4を消費する数に関係せず思いつくアイデアは1つであり、複数の対象が同産卵時に排出されたSCP-1599-JP-4を消費しても思いつくアイデアは同様のものとなります。

補遺1599-JP.1: 発見

SCP-1599-JPは2002/12/05、日本の長崎県にある不明な団体1により放棄された施設で発見されました。施設内には非異常性の絵画作品や楽譜、彫刻作品等が多数放置されており、どれも既存の作品には一致しませんでした。また、SCP-1599-JPは強化アクリル製大型水槽内にて放置されており、産卵を開始していました。発見後、SCP-1599-JPはサイト-81KFに移送され収容が確立しました。

SCP-1599-JPの異常性は、施設内で発見されたノート2に書かれていた情報から類推した実験により判明しました。

補遺1599-JP.2: 実験記録

実験記録1599-JP-A

対象: D-8756(男性)

対象の評価: 知能指数が低く、直情的かつ暴力的な性格。

結果: SCP-1599-JP-4を食した10名の職員に思いついたアイデアを基に絵を描かせたところ、大まかに「女児の前に跪きながら自身の首にナイフを向ける男性」の絵で統一されていた。

追記: SCP-1599-JP-4の色は黒色であり、非常に苦いものであったと報告されている。

実験記録1599-JP-B

対象: D-3691(女性)

対象の評価: 知能指数が低く、温厚な性格。

結果: 前回同様の方法で職員に絵を描かせたところ、大まかに「墓石の前で花を持って佇む女性」の絵で統一されていた。

追記: SCP-1599-JP-4の色は青白色であり、少し塩辛かったと報告されている。

実験記録1599-JP-C

対象: D-5121(男性)

対象の評価: 知能指数が高く、冷徹な性格。

結果: 今回描かれた絵は、大まかに「迷路を歩く武装した3人の男性」で統一されていた。

追記: SCP-1599-JP-4の色は無色であり、味はしなかったと報告されている。

== 残りの情報ファイルはレベル5/1599-JPに分類、制限されています ==

職員コード
パスワード
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。