SCP-162-JP
評価: +28+x
ka.jpg

1941年に英商船が撮影したSCP-162-JP

アイテム番号: SCP-162-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 現在、財団海上部門の合同任務群「Screaming 60」がSCP-162-JPの捜索と追尾を担当しています。財団所属の各船舶、航空機、施設はSCP-162-JPと疑われる存在を発見した場合、識別プロトコル「海軍年鑑」に従って対象を識別してください。SCP-162-JPであると確定した場合には、監視を継続しつつ「Screaming 60」所属の艦船を誘導してください。また、発見通報と同時に周辺航路には管制が行われ、民間船舶の接近は排除されます。

「Screaming 60」所属の艦船は、SCP-162-JPを中心とした輪形陣を敷き、対象が不活性化1するまで針路を妨害してください。対象が逃走を試みた時は、外縁部の予備部隊によって速やかに新たな輪形陣の形成が行われなければなりません。なお、SCP-162-JPのマストに軍艦旗2が掲揚された場合、直ちに輪形陣を解き全速でその場を離脱してください。その際、各艦の艦長以下幹部士官は処置54-パラグラフ11に備えてください。

説明: SCP-162-JPは、推定総トン数8000tクラスの三島型貨物船です。船体上には巧妙に偽装された艦砲や水雷兵装を有しており、航行中の船舶に対する襲撃を繰り返しています。現在までに、SCP-162-JPによって拿捕、撃沈された船舶は██隻に上っています。

SCP-162-JPの特異な性質は、船種や規模に関わらず別の船舶に完全に偽装することができる点にあります。SCP-162-JPとの交信で得られる情報3は偽装元になった実在の船舶と一致しており、無線記録の分析から偽装元となった船の乗組員の声を模倣していることが判明しています。また、外観に関しても完全に偽装することが可能であり、ほぼ同規模の船舶以外にも小型の沿岸漁船やVLCCクラスのタンカーに偽装していた事例が報告されています。外観の偽装は他の船舶が1500 yd4付近まで接近することで解かれ、SCP-162-JPは本来の姿を現します。しかし、この時に船体の構造そのものが変形したという報告は無く、被害に遭った乗組員からも突然船の姿が変わったとの証言が得られています。このことから、SCP-162-JPは未知の方法によって偽装した船影を人間の視覚や撮影機器に投影していると推測されています。

航行中の船舶への襲撃は、通商破壊を意図したものであると推測されており、海上における主要なチョークポイントや五大湖などの内陸湖でも出現が報告されています。襲撃は戦史上の通商破壊作戦における一般的な手順に沿って行われており、近代の海戦法規に則っているかのように振る舞っています。以下の様な行動はその典型例です。

■偽装したままの状態で襲撃が開始されることはありません。必ず偽装解除の後に軍艦旗を掲揚します。
■複数の手段5による停船命令に従わない場合にのみ威嚇射撃と船体への砲撃が行われます。
■乗員乗客が退船するまで十分な時間的猶予を与えます。
■被害船舶へと接舷し物資の略奪を行います。貨物や燃料以外6の略奪も確認されています。

ただし、標的となる船舶の国籍は無差別であり、拿捕の要件を満たしているか否かに関わらず襲撃は行われているなど、必ずしも海戦法規を順守しているとは限りません。また、退船した乗員乗客を内部へ収容することもありませんが、被害船舶の救難信号を偽装して発信し、救援の到着が確実になるまで周辺を遊弋します。これは、より多くの衆目を集める事で通商破壊作戦の存在を誇示し、海上交通を破壊する事が目的であると考えられます。

各種報告からは、SCP-162-JP内部で人間、あるいは何らかの知的生命体が存在しているのかについて確認できていません。艦橋や甲板上で乗組員が活動している形跡は無く、偽装状態にある兵器類に関しても全て砲塔状の構造物で覆われているため内部を観察することができません。一部の被害者は、SCP-162-JPが接舷した瞬間に人間が乗り込んでいたと証言していますが、証言の数が極めて少なくそのような事実も確認されていません。SCP-162-JPが自律的に行動しているのか、あるいは遠隔操作されているかについては、現在要調査案件となっています。

SCP-162-JPは、1950年代を通じて発生した船舶遭難事件によって財団にその存在が認知されましたが、後の調査からその起源は少なくとも第二次世界大戦にまで遡ることになりました。当初は大西洋でのみ確認されており、イギリスによって「襲撃艦-J」として記録されていました。その後、報告書にも添付されている写真の撮影に成功したことから、ドイツ海軍の「襲撃艦-C」こと通商破壊艦「アトランティス」と同一であると判断されていました。しかし、「アトランティス」が撃沈された1941年以降も出没が報告され、その行動が全球規模に広がったため米英海軍によって秘密裏に調査が行われていました。しかしながら、1945年の戦争終結によって出現報告が途絶え、「襲撃艦-J」に関する調査は機密扱いとなり公式には存在を抹消されていました。

補遺-162-JP:以下の文書は「Screaming 60」所属艦の幹部士官、及び司令部要員のみ閲覧できます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。