SCP-1625-JP
評価: +29+x
elevator.jpg

SCP-1625-JP-1へ続く昇降機

アイテム番号: SCP-1625-JP

オブジェクトクラス: Euclid Keter(暫定)

特別収容プロトコル: SCP-1625-JPの収容手段が確立するまで、サイト-59は無期限に閉鎖されます。サイト周辺に防護フェンスを建造し、最低10名のセキュリティ担当者を配置して民間人の侵入を防いで下さい。セキュリティ担当者はサイト-59への勤務経験が無い者のみから選抜され、SCP-1625-JPに由来する異常影響を受けていないか随時チェックされます。

サイト-59の内部探査及びSCP-1625-JP-1の調査は、財団超ミーム研究部門が所有・管理する、ミームオートセキュリティシステムを搭載した自動調査ドローンによってのみ実施されます。調査結果は適切なクリアランスレベルを持つ担当者及びシトラ=アキュラ合同司令部の職員以外には開示されず、閲覧の際には適切な認識災害対抗ミームを摂取する必要があります。

現在、シトラ=アキュラ合同司令部との協力により、POI-1625に関するあらゆる関連情報の捜査が実施されています。

説明: SCP-1625-JPは、イングランド北西部マンチェスター郊外に位置するサイト-59内部、実験室-25(以下SCP-1625-JP-1)にて発生する異常現象と、関連するオブジェクト群の総称です。

人間1がSCP-1625-JP-1内部に侵入してから約1~48時間が経過すると、SCP-1625-JP-1の天井部分が不明な理由にて発光し始めます2。光を浴びた人間は天井へ向けて浮遊し初め、天井に接触した時点で消失します。消失の時点で発光現象は収束します。消失から1~5時間後、人間はSCP-1625-JP-2に変化した状態でSCP-1625-JP-1へと再出現します。消失及び再出現の詳細なプロセスの記録は、SCP-1625-JP-1の異常性質により成功しておらず、被験者がどこに移動しているのかも現在の所不明です。

SCP-1625-JP-1は以前はSCP-████等の認識災害性質を持つオブジェクトの実験場として使用されており、度重なる実験がSCP-1625-JPの発生に何らかの影響を与えたと推定されていますが、関連するオブジェクトの同定は、サイト創設以来の実験実施回数が膨大であることから困難と見られています。

SCP-1625-JP-2は人型の異常実体であり、その顔貌及び体型は被験者となった人間の面影を多分に残しているものの、凡そ一般的な人類とはかけ離れた容姿と精神構造を持っています。全てのSCP-1625-JP-2は人間であった時の記憶を完全に失っており、「カルキスト・ユデス」(POI-1625と指定)なる人物への崇拝と強い宗教的情熱を証言します。肉体の組織は約99%が元となった被験者と一致していますが、SK-BIO生物と共通するいくつかの特徴を有しています。

現在判明しているSCP-1625-JP-2の特徴及び関連する情報は以下の通りです。
 
syoku.png

頭部触手の一部拡大写真

SCP-1625-JP-2の遺伝子構造は約1%が未知の配列に置き換わっており、99%は既存人類との一致を示します。全身の皮膚色素は青緑色に変化しており、また体毛は一切存在しません。皮膚は"非常に滑らか"と形容される質感であり、被験者が負っていた古傷や身体的障害は全て消失しています。このように、筋肉組織に顕著な変化が見られる一方で、骨格は概ね被験者のそれを維持しています。

内臓器はさらに既存人類との顕著な逸脱を遂げており、肺、心臓、脳幹以外の主要な内臓を欠いています3。また被験者の元の性別に関わらず、生殖器及び排泄器官は失われています。

SCP-1625-JP-2の最大の特徴は、後頭部より発生している赤色の触手様器官です。表面には毛細血管が走っており、肉眼でも確認が可能です。これはSCP-1625-JP-2の意思によって任意に伸張することが可能であり、最大長は2メートル程度であると推定されています。SCP-1625-JP-2は触手で水や食料に触れることにより、必要な栄養素を吸収します。この性質により、SCP-1625-JP-2は消化器官を欠いているにも関わらず、問題なく生存が可能です。尚、2週間程度であれば水や食料無しでも生存できることが判明していますが、それ以上の期間については後述する消失現象により判明していません。この触手はSCP-1625-JP-2同士のコミュニケーションにも用いられることが判明しています(「精神構造」の項を参照)。

SCP-1625-JP-2の体細胞は高い自己再生能力を持ち、傷は人間の50~100倍程度の速度で治癒します。手足等が失われても、数時間かけて元通りに再生します。ただし頭部や心臓に致死的なダメージを受けた場合にはこの限りではなく、非異常性の手段により問題なく終了することが可能です。


 

 
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。