SCP-1626-JP
rating: +112+x
blank.png
SGR_laying.jpg

サバクトビバッタ (Schistocerca gregaria)。SCP-1626-JPの近縁種と推測される。

アイテム番号: SCP-1626-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1626-JPの全個体はサイト-CN-21の密閉された収容コンテナに収容されています。オブジェクトの増殖が確認された場合、当該個体は自動装置を用いて殺害されます。

異常性を考慮し、SCP-1626-JPに関する実験は制限されます。

説明: SCP-1626-JPはバッタ目 (Orthoptera) に属する昆虫に類似した外見の、未知の生物です。SCP-1626-JPは特にサバクトビバッタ (Schistocerca gregaria) に類似していますが、習性や身体的特徴などは既知のどの種とも一致しておらず、その起源は不明です。SCP-1626-JPは本来必要な摂食行為や繁殖行為などの生命活動を一切行わず、不明な原理で栄養を摂取せずとも生存することができます。その特性上、SCP-1626-JPに寿命は存在しないと推測されます。

SCP-1626-JPの異常な点は、その増殖プロセスにあります。SCP-1626-JPの増殖はオブジェクトの外見を他者が認識した際に開始し、認識者がその外見を記憶し続けた場合、1匹あたり2~3匹/分のペースで記憶されたSCP-1626-JP個体が分裂増殖します。この際SCP-1626-JPの生命活動に問題は見られず、増殖分の質量の出自は未特定です。

これら情報が既知のものとは異なる形式で記述されたものを認識した場合、後述の異常性は発生しません。記憶処理剤によるSCP-1626-JPに関する情報の消去は可能です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。