SCP-1640-JP
評価: +21+x
blank.png

アイテム番号: SCP-1640-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1640-JPはサイト-81██の専用収容室内にGPS発信機を取り付けた状態で収容されます。各SCP-1640-JPから全てのSCP-1640-JP-1を毎日、品切れ状態になるまで購入してください。SCP-1640-JP-1は実験用等を除き、焼却処分されます。SCP-1640-JPの転移が発生した場合、GPS信号を元に捜索を行い、発見次第再収容を行なってください。SCP-1640-JPの電光掲示板の表示内容に変化があった場合は、速やかに担当博士に報告してください。

SCP-1640-JP-2は発生部位の除去が可能な場合は、当該部位の除去と記憶処理を行なった後、解放されます。除去が不可能な個体は原則的に終了されます。

説明: SCP-1640-JPは異常な加熱調理機能付きの食品用自動販売機です。外見上は、通常の同種の製品との大きな差異はありませんが、SCP-1640-JPは電源が無い状態で稼働することが出来ます。SCP-1640-JPの前面扉は開く事が出来ず、その他の外的調査でも内部構造の解明には至っていません。また、商品棚上部には「販売中」と表示された電光掲示板が内蔵されています。これまでに表示内容の変化は確認されていません。変化事例が確認されました。(詳細は補遺を参照。)

SCP-1640-JPは一定の条件下1に於いて日本国内の不確定な地点に転移します。転移先は、人口密集地が優先的に選択される傾向にあります。

SCP-1640-JPでは以下の計6種類のハンバーガー(SCP-1640-JP-1と指定)が販売されています。

 ▪︎オリジナルバーガー
 ▪︎香ばしテリヤキバーガー
 ▪︎たっぷりチーズバーガー
 ▪︎ソース肉カツバーガー
 ▪︎スパイシーミートバーガー
 ▪︎こだわりソースの贅沢肉バーガー

これらの商品は購入時に自動で加熱調理され、簡素な包装紙に包まれた状態でSCP-1640-JPから排出されます。SCP-1640-JP-1の販売価格は70円~100円と比較的安価に設定されています。SCP-1640-JP-1それぞれは一定量購入すると品切れ状態となりますが、毎日0時頃に再度購入が可能になります。

SCP-1640-JP-1の味について摂食者の大半は「バンズやソースは美味であるが、肉は無味無臭で美味しくない。」との感想を述べています。SCP-1640-JP-1に使用されている肉は時間の経過による腐敗の兆候を見せません2。分析では、SCP-1640-JP-1に使用されている肉は、ヒト(Homo sapiens)に近似した遺伝子を持つ生物のものである事が判明しています。

人間がSCP-1640-JP-1を1日に1食以上、1~2週間に渡り摂食し続けた場合、摂食者(SCP-1640-JP-2と指定)の身体に舌、腕、脚が新たに発生します。発生部位の種類3及び発生数4、発生箇所5は個体により異なります。発生した部位は外科的処置により除去する事が可能ですが、骨や血管、神経等が接続された状態で発生するため、発生箇所によっては除去が困難な場合があります。

SCP-1640-JPは現在4機の存在が確認されており、それぞれ東京都██区、██区、大阪府██市、北海道██市で発見されました。現在、これら4機は全て収容状態にあります。

補遺: 20██/08/05、収容されていたSCP-1640-JPの内の1機の電光掲示板の表示が通常時の「販売中」から「故障中」に変化しました。その際、SCP-1640-JPの前面扉が開扉可能となっている事が確認されました。内部の調査を行ったところ、SCP-1640-JP内部が異常な空間(SCP-1640-JP-Aと指定)に接続されている事が判明しました。

以下はSCP-1640-JP-A発見直後に行われた探査時の記録です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。