SCP-1643-JP
rating: +39+x
blank.png
%E6%9C%A8%E9%99%B0.jpg

庭園地下の監視カメラモニタールームへの入口、未使用時は池に偽装されている。

アイテム番号: SCP-1643-JP

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: ヴェルサイユ宮殿に警備員として潜入中のフィールドエージェントは、庭園の各所に設置された監視カメラで満月時の深夜00:00~02:00の間SCP-1643-JPの行動を監視して下さい。この間に庭園へ侵入した部外者は直ちに退去させ、SCP-1643-JPを目撃した場合はAクラス記憶処理を実施します。

%E6%9C%A8%E9%99%B01.jpg

樹の根元から出現するSCP-1643-JP

説明: SCP-1643-JPはフランス共和国・ヴェルサイユ市・ヴェルサイユ宮殿の庭園に出現する人型実体です。満月時の深夜00:00~02:00間に1回のみ、庭園の樹木の根元から出現します。この際直径約50cmの穴が生じますが、深さはごく浅く異常な点はありません。

SCP-1643-JPの体長は約1.5~1.8mで人間に近い体型ですが、全身が半透明であり体表は樹木の表皮のような外見です。男性と女性それぞれに近い体型をしたタイプが存在しますが、生殖器に当たる器官は見られません。髪は様々な色合いの緑色で、しばしば植物の葉や花で装飾されています。衣服は着用していません。

SCP-1643-JPは男性型と女性型が必ずペアで出現し、主にフランス語、まれに他の言語で会話しながら庭園を歩き回ります。多くのケースでは非常に親密な様子であり、歌唱する、詩を朗読する、ダンスを踊る、食事を摂っているように振舞う、接吻を交わす、[削除済]などの行動も伴います。まれに口論を交わす、泣いているように振舞う、暴力を振るうなどのネガティヴな行動を見せる場合もあります。分析の結果、過去に庭園を訪れた人々の行動、主に恋愛に関するものを模倣していると考えられています。

SCP-1643-JPは出現から約1分が経過するか、あるいは人間の存在に気付くと瞬間的に消失します。このためコミュニケーションや確保は成功していません。ただし現時点では庭園外に出ようとしたケースはなく、出現条件からも部外者に目撃されるリスクは低いことから、オブジェクトクラスはSafeが妥当と判断されています。

補遺・発見経緯と歴史: 庭園の庭師の間に流れる「満月の夜に出現する幽霊」の噂を元に調査が始まり、197█/█/█に正式にナンバリングされました。歴史部門の調査の結果、ルイ14世時代の宮廷人の日記にも「夜の庭園でささやくもの」「樹の根元に残る不審な穴」「誰かが密会を盗み見している」などの記述が見られることが判明しており、当時からすでに出現していたと考えられています。

SCP-1643-JP観察ログ例: 全ログは研究本部サーバーに保管されたファイルSCP-1643-JP-logを参照

日付: 1978/5/17

出現場所: アポロンの泉水付近


[SCP-1643-JPのペア出現] (00:13:15)

女性型: ああ、来て下さったのね!(00:13:29)

男性型: おお、我が愛しの君よ!(00:13:35)

[男性型と女性型、お互いを抱擁する] (00:13:37)

女性型: ねえ、覚えていらっしゃる? 私たちが出会った晩のことを。(00:13:41)

男性型: もちろんですとも。あの仮面舞踏会の光景は、我が目に焼き付いております。仮面に覆われていてもなお、貴方様の美しさは隠しきれていなかった。私は一目で恋に落ちたのです。(00:13:47)

女性型: あの夜の出来事は、神の恵みだったのかしら? それとも悪魔の罠? 私は恋の喜びと苦しみを、同時に知りました。ヴェルサイユの木陰に隠れなければ、今も私たちは逢うことさえできない[涙を拭く仕草]。(00:13:55)

男性型: 逆に考えましょう。この庭園があるからこそ、我々は逢えるのだと。例え、刹那の時と言えど。(00:14:04)

女性型: ああ、このまま時が停まってしまえばいいのに! 愛しています、フェルセン1(00:14:10)

男性型: 愛しております、マ[中断] (00:14:15)

[SCP-1643-JPのペア消失] (00:14:19)

追記・新資料について: 2018/█/██、パリ市のマザラン図書館より、ヴェルサイユ宮殿の庭園の設計者であるル・ノートル3の日記が発見されました。歴史部門による調査の結果、SCP-1643-JPへの言及が見られることが判明しました。以下はSCP-1643-JPと関係する可能性がある部分の抜粋です。全文は歴史部門のサーバーに保管されたファイル1643-JP-Le_Nôtre_diaryを参照して下さい。

%E6%9C%A8%E9%99%B03.jpg

ル・ノートルの日記、聖書に偽装されていた。

1682年 6月10日

太陽王陛下は美を愛するお方、庭園が紛れもない芸術であることをお認め下さっている。卑しい庭師の私が、画家や彫刻家と肩を並べる日が来ようとは。誠に光栄なことだ。

ただ、一つだけご理解頂きたいのは、庭園が生きた芸術であるということだ。木々は生きている、花々も生きている。美女とて毎日湯浴みをし、髪を整えねば、たちまちざんばら髪の魔女になってしまうように、庭園も手入れが欠かせない。無論、それには金と人が要る。

今の予算では、広大な庭園を美しい姿のままで保つのは不可能だ。雑草が蔓延り、噴水の濁った庭園など、陛下には見せたくない。どうしたものか。

1682年 6月13日

やむを得ない。庭園の木々にドリアード4の喚起魔術を施すことにした。夜の間だけ木々から解放し、庭園の管理をさせることにしよう。

1682年 6月29日

ドリアードによる管理は概ね上手くいっている。石畳には枯葉一枚落ちていないし、生垣はきれいに刈り込まれている。美しい庭園はこうでなくては。

1683年 5月10日

陛下が予算を増額して下さった。貴族のお歴々を歓待するために、庭園をより美しくなさりたいらしい。ありがたいことではあるが、出来れば最初からして欲しかったなあ。

まあ、いい機会だ。後進の育成も兼ねて、人間の庭師を増員しよう。ドリアードたちは眠らせることにする。今までご苦労だった。

1683年 8月8日

まずい、一部のドリアードが夜の庭園を徘徊している。どうも満月の晩は、月の魔力のせいで起きてしまうらしい。まったく、サロン5の皆には感謝しているが、大切なことはちゃんと教えておいてくれないと困る。

1683年 8月9日

まあいいか。目撃されたら、すぐに非実体化するよう言ってあるし、きっと見間違いだと思ってもらえるだろう。

1683年 8月23日

ドリアードたちは人間の恋愛を真似するのが好きらしい。それにしても、どいつもこいつも我が庭園を何に使っておるのだ。宮廷の風紀は乱れている!

1683年 10月13日

ドリアードたちの物真似を見ながらワインを呑むのが、最近の楽しみだ。王侯貴族と言えど、我が庭園では獣に過ぎないと実感する。宮廷でお高く止まっている彼らの顔を見ると、笑いを堪えるのに苦労する。

権力に養われる芸術が、権力を笑いものにする。これは不敬であろうか? 否、我が庭園は、やっと本当の意味で完成したのだ。人間の本性を映す、魔法の鏡として。

Et Maintenant, On Est Cools?6

翻訳未確定部分については、GoI-████"AWCY?"の構成員が用いるフレーズとの相似が指摘されており、歴史部門と諜報局フランス支局が共同で調査中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。