SCP-1646
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-1646

オブジェクトクラス: Safe-exsequi

特別収容プロトコル: サイト84は周辺エリアで利用可能な全ての公的記録に私的財産として記載されており、電気柵に囲まれています。財団職員以外でそのエリアに過度の関心を持った人物は誰であれ、拘留および尋問することが許されています。

特別な事情がない限り、SCP-1646-1に近づいてはいけません。それが敵対し、財団職員や民間人への脅威になった場合、必要と思われるならどんな武装を使ってでも、SCP-1646-1を拘束することが許されています。SCP-1646-1は、明らかに非武装である場合を除き、常に武装しており危険だと考えなければなりません。

SCP-1646-1の出発後すぐに、SCP-1646-2を消火し、回収し、調査し、記録しなければなりません。平凡な標本は廃棄することが許されています。

説明: SCP-1646-1は身長約2メートル、髪がなく大きな黒い目をしたアルビノの人間の男性に似ています。それは体のほとんどの場所に多数の刺し傷を負っているように見え、その全てから正体不明のダークブルーのどろどろした液体がにじみ出ています。SCP-1646-1は平凡なものから奇妙なものまで、様々な服を着ていることが確認されており、たいてい出現するごとに変化します。SCP-1646-1が財団の存在を認識していることを示唆する証拠はなく、それが接近されることにどうやって反応しているかは不明です。

SCP-1646-2は様々な外見を持ちますが、一貫して20から30歳までの白人女性の死体の形をとります。試験により、これらの死体は実質的に同一の遺伝子を持つ傾向があることが分かっていますが、かなり逸脱した例も見られました(詳細は文書1646-2- Alphaを参照)。これまでに見つかったすべての標本は、暴力的な方法で殺害されているように見えます。

SCP-1646-1はサイト84(マウント・レーニア国立公園の端に近い原始キャンプ場)に、2日から4月の間の不規則な周期で自発的に現われます。どのケースでも、背中か腕でSCP-1646-2を運んでいます。

サイト84に現れるとき、SCP-1646-1はSCP-1646-2を焚き木に投げ入れます。それから対象に可燃性の液体(ほとんどはガソリンかライターオイルだが、アルコール飲料も使われることがある)をかけて、マッチかライターで点火します。死体が燃え続けることが確かになった後、SCP-1646-1は近くの木立から石を拾い、視覚的なマーク、具体的には焚き木を囲むようなマークを行います。その後すぐに、SCP-1646-1は完全に姿を消します。これを記録しているときは、623のマークがあります。

補遺: SCP-1646-1はいくつかの場面で喋りました。次のフレーズが聞きとられました。

1863年4月28日:ここに帰ってこなければならないなら、あれを使う必要がある。
1891年11月2日:彼女がどの場所にも横たわっている。除かなければ。
1924年9月9日:ウォーカー1は遥かに良い取引をしていた。
1950年1月17日:天国で彼女を殺した、翼を隠した悪魔を。2
1956年4月3日:ポイントがあれば、見つけられたはずだ。
1990年7月16日:彼女は永遠と言った、永遠が自分の得たものだと。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。