SCP-1650
評価: 0+x
8212156_2_l.jpg

SCP-1650

アイテム番号: SCP-1650

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1650はサイト-19の高価値物品棟にある標準アーティファクト収容室に保管されます。敵対的要注意団体がSCP-1650の取得に特別な関心を示しているため、警備方法の詳細はイプシロン-168防衛/秘匿手順に従ってください。いかなるSCP-1650-1実体を利用する場合でも、プロジェクト監督官のダンソン博士の承認を受けなければなりません。

説明: SCP-1650は陶土製の油壺で、ハスモン朝時代(およそ紀元前170年)に製作されたものと推定されています。SCP-1650の底部にはヘブライ語の刻印がありますが、これは対象の古さによりひどく摩耗しています。

ויאמר ה' ל— סח השמן על בשרך ולך בינות ה— כששם אלוהים על שפתיך, וזעם ה' וחרון אפו ו— דם המכבים יטהר בית מקדשו אחריך, לנצח נצחים1

上向きに置かれている間、SCP-1650は空であるように見えます。しかし、特定の角度に傾けて30秒保持すると、様々な種類の油(SCP-1650-1と指定)が溢れ出します。

  • 45°(SCP-1650-1-A): バージンオリーブオイル。紀元前2世紀にユダヤで栽培されていたオリーブの品種と製造手法に一致。
  • 50°(SCP-1650-1-B): 45°の場合と同一。SCP-1650-1-Bの外見は(香り、肌理、味、分子構造から見て)SCP-1650-1-Aと同一ですが、摂取すると吐き気、腹痛、嘔吐が表れ、続いて不整脈、振戦、痙攣を起こします。被験者の87%は死亡、12%は脳機能の後遺症を負いましたが、1%の被験者は影響を受けませんでした。剖検では重度のオレアンドリン中毒が死因であると判明しましたが、摂取前の油にオレアンドリンやその原料であるセイヨウキョウチクトウ(Nerium oleander)の痕跡はありませんでした。
  • 65°(SCP-1650-1-C): 透明な未知の油。SCP-1650-1-Cは燃料または光源として用いた場合に限り異常性を示します。このように用いた場合、SCP-1650-1-Cは24から63時間燃え続けます。この燃焼プロセスは熱を発生させず、酸素が不要です。
  • 90°(SCP-1650-1-D): 赤い未知の油。無機物に塗布した場合、SCP-1650-1-Dは保存剤(例として、金属に塗布すると錆を防止する)として機能します。生命のある有機体に塗布すると、SCP-1650-1-Dは軽度の腐食性を示します。生命のない有機体に対してはいかなる作用も示さないため、これを用いて安全に他の材料に塗布することができます。SCP-1650-1-Dの血液への作用は注目すべきです。SCP-1650-1-Dは接触したいかなる血液の痕跡も(油10ccに対し血液500ccの割合で)消し去るようです。このため、SCP-1650-1-Dを大量に摂取または注射した場合、急速な失血によりすぐに死亡することになります。無機物に塗布されなかった場合、SCP-1650-1-DはSCP-1650から流出して30秒以内に異常特性を喪失します。SCP-1650-1-Dの実験では、Helichrysum sanguineum2の花の痕跡が発見されています。

SCP-1650は各種の油を一度におよそ2リットル生成することが可能で、これは上向きの状態で28時間静置すると再補充されます。

マーシャル・カーター&ダーク株式会社の███ ████のオフィスに配置されたエージェント████が、MC&Dと「境界線イニシアチブ」を名乗る団体の間で取引が行われることを報告したことが、財団がSCP-1650に気付く切欠となりました。この団体に関する財団の知識は限られていますが、複数の主要な宗教が密かにこの組織を支援していることが判明しました。エージェント████は取引現場の特定に成功し、機動部隊アルファ-12("間抜け")がこれを妨害して関係者を勾留するために派遣されました。到着後、機動部隊アルファ-12は問題なく全ての関係者を拘束しました。HIが購入しようとしていた物品であるSCP-1650は回収されました。

補遺SCP-1650-A: 次の尋問記録は█████ ████████神父を自称する、捕獲された境界線イニシアチブの構成員に対するものです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。