SCP-1660
評価: 0+x

Item #: SCP-1660

Nautilus%20Goblet.jpg

マーシャル・カーター&ダークから回収した際のSCP-1660-1。

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1660-1はサイト██保管施設の厳重保管箱に施錠して安全に収容します。標準処理手順に従い、標準積極的防衛策(爆発、化学、生物学、記憶処理)を常に配備します。実験を除き、SCP-1660-1を可燃性の物体から遠ざけます。どのような状況においても、SCP-███のような火に関連するSCPとの接触は許されません。外部でSCP-1660-1が着火した場合、燃えている物体が消火するまで、実験職員はその区域から避難します。SCP-1660-1を通じてのみ出入りが可能なため、SCP-1660-2はSCP-1660-1を収容している限り問題無いと判断されています。実験の間にSCP-1660-2から出現する動物は、研究の為に捕獲するか、場合によっては処分します。

説明: SCP-1660-1は銀、珊瑚、オウムガイの殻から作られた、精巧な装飾の施されているオイルランプです。オウムガイの殻の容器の中に火が灯された場合、その異常特性が発動します。点火すると、燃やす材料に関わらず、大量の煙を放出し始めます。この煙は集まって、空中に約██mの大きさのアーチ状の"門"を形成し始めます。大きさとこの"門"の安定性はSCP-1660-1で燃やされている材料の量または種類に基づき変動します。SCP-1660-1が消火した場合、この門はすぐさまに崩れます。

SCP-1660-2はSCP-1660-1が出す"門"から出入りができる、約█████kmの温暖な森の小型並行世界です。SCP-1660-2を囲む端には、これ迄の所未確認のモース硬度███の鉱物の壁があります。ダイヤモンドドリルによる実験ではドリルが直ぐに鈍くなった為、この鉱物に損害を与える事はできていません。約1km上部の梢は[データ削除済]の層であり、████████事案の後、全ての空中探査は無人空中車両(UAVs)を用いて実施しています。地下への掘削の試みで、SCP-1660-2の全地域の約0.5km地下に、壁と同じ素材の未確認の鉱物の地殻が存在していると判明しました。

経歴: ████/██/██、SCP-1660-2を野生生物(主にSCP-1660-5、SCP-1660-6、SCP-1660-7)を狩る為の"サファリ"として販売していたマーシャル・カーター&ダークのフロント企業に潜行していた財団スパイであるエージェント・██████がSCP-1660-1を回収しました。

機密事項 - レベル4職員のみ

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。