SCP-167
評価: +3+x

アイテム番号: SCP-167

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-167は、現在研究指令施設06の██号室に保管されています。そこへ通じる扉は、研究中以外は常に南京錠により施錠されています。SCP-167の臨時の探索もしくは研究のために南京錠の鍵が欲しい者は、SCPに割り当てられた関係者のレベル3職員に許可をもらうよう願います。

説明: SCP-167は、各辺約10メートルの、未知の光る白いプラスチックポリマーでできた立方体です。立方体の1つの面に、大きな鋼鉄製の扉が取り付けられています。その扉が、元々SCPが持っている部分だったのか、SCP財団によって獲得される前に何者かに取り付けられたものなのかは不明です。内部の大きさは、外部の寸法から立方体の壁の幅である数センチメートルを引いたものに等しいです。外に扉のない3面の内の2面に出入り口があることを除いては。それらの出入り口は、直接同一の部屋につながり、その部屋にもさらに別の部屋につながる出入り口が2つついています。そのパターンは、研究チームが測定できる限りの遠くまで続いていました。出入り口の配置は不規則です。残った3面の内、どの2面に出入り口が現れるのか、説明できる法則はありませんでした。SCP-167は、以前の探検の際に付けられた印―特に低い階層で、次の出入り口に入る直前の床に描かれた赤い点―を見せます。研究者たちは、最近あらゆる部屋がレプリカを作るふるまいをしているのではないかと思い、出来事の後文書#167-08が残されました。加えて、SCP-167の部屋の中で、いくつかの人工物もしくは自然物がばら撒かれているのが見つかりました。紀元前500年頃の、宗教の聖像。紀元1500年頃の、数個の宝箱。[データ削除済]。そしていくつかのSCP、それは明らかに[データ削除済]。

追記167-01: SCP-167は、ユークリッド幾何学のルールに従うことを示しませんでした。2人の研究者が、同じ部屋に着くべき、別々の道を通りました。両者は目的地にたどり着きましたが、2人とももう1人の存在を見聞きしませんでした。SCP-167がどのように空間をワープさせ、そのような効果を生み出しているのかは不明で、さらなる研究を是認します。

追記167-02: SCP-167の中にSCP-184を入れたいという提案が出されました。この実験は検討中です。

追記167-03: ██████博士により、SCP-167を敵意のないSCPのための小型収容スペースにしようという提案がされました。この提案は、SCP-167をSafeにクラス変更する必要があります。再評価は保留中です。

文書167-08: 君たちの多くが知っているように、数日前██████博士が必要な毛糸玉を持たずにSCP-167に入って録画を行い、いまだに戻ってこない。彼の終焉は未確認で、調査チームは何も発見できなかった。もし通り道を記録する方法を利用しなかった場合、いとも簡単に消えてしまうことを、君たちに注意しておく。もし私が安全規則に反する、もしくは毛糸玉なしに潜入している者を発見した場合、たとえそれがどんなに深く遠くであっても、その者は研究中のKeterクラスSCPの施設に異動させる。十分なやる気があるならば、安全規則を完全にすばやく行うように。 -クライン博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。