SCP-1698
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-1698

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 局所的な偽情報作戦がSCP-1698の実例を擁する都市全てで継続されており、これによって全地元住民または政府当局に対象は廃墟であり、修復のために閉鎖されている、または何らかの理由で立入禁止であるとの認識を拡散しています。全てのSCP-1698は携帯用発電機と対象を30日以上運営するために充分な燃料と、加えて最大20人を同時に賄える量の生活必需品を供給されます。

拡大イベントに巻き込まれたあらゆる職員または民間人は、安楽的な終了措置を施されます。

説明: SCP-1698は3つの建物に影響を及ぼしている現象です:アメリカ、██、████の12階建てホテル:フランス、████の2階建てペンション:ブラジル、███ █████の5階建てオフィスビル。この現象は以上の建物に何者も陸路で接近できないようにする影響を及ぼしています。目視で確認することは可能ですが、徒歩ないし地上車で到達する試みはいずれも間に建つ建物、広範囲に渡る道路損傷とそれに伴う修復作業、交通麻痺、行き止まりや道路の閉鎖、密集して通行不能な草木などの妨害に遭います。注目すべき点として、これらに直接隣接する建物へ到達することは可能ですが、そこから影響を受けた建物に接近しようとすることは変わらず何らかの障害に妨げられます。

3つの建物はいずれも空路であれば到達可能で、ヘリコプターを利用して侵入した機動部隊のエージェントは、長年に渡り人間が立ち入らなかった結果内部が荒廃していた点を除き、建物自体の内部に目視できる異常がないことを発見しました。エージェントは徒歩によって建物を退出することが可能であるものの、退出直後に1階部分が目視できなくなり、位置を見つけることが不可能になったことを報告しました。

現地サイトに着任した研究者は一切の空間的異常や知覚的ハザードを検知できず、O5司令部はこれらのサイトをまれに利用する非デジタルの財務書類や管理書類の長期保管場所として使用することを一時的に承認しました。

SCP-1698は2010年8月、情報部がSCP-1698の影響を受けた建物の顧客、従業員、住人による複数のネット上の問い合わせ(全てがSCP-1698の影響に関係する報告)を同時に識別した際に発見されました。財団はそれらの報告を確認し、5ヶ月以内に3つ全ての建物と周辺区域をダミー会社を通して購入しました。

補遺: 2012年4月17日、SCP-1698が影響を与えるエリアが拡大、最初に影響を受けた建物から37m以内の地点は発見と到達が不可能となりました。さらに、2カ所の影響を受けた地点(オーストラリア、████████市立小公園を中心とした周辺区域。スペイン、█████ ███████の廃倉庫)がその後確認されました。当日に発見された第3の実例は、SCP-2449実例の性質も有することが確認されました。現象の同時発生に至った原因は不明です。

拡大イベントの際、131名の財団と無関係な民間人が新たな影響エリア内に存在し、内訳は歩行者が37名、建物内にいた者が78名、乗用車に搭乗していた者が16名でした。発見された民間人はいずれも、分断されたと見なされる全てのエリアへの接近が不可能なために、それぞれが滞在していたエリアからの退出が不可能でした。すなわち、道路上の民間人は駐車場の入り口に接近することができず、歩行者は歩道に沿って歩くことは可能ながら建物へ侵入することや縁石を踏み越えることが不可能で、建物内の民間人は屋外に続くドアを利用できませんでした。ヘリコプターで民間人を避難させる試みは、突然の著しい天候悪化、梯子が樹木や送電線に絡まるなどの救助作業中の出来事が原因で、一様に民間人が梯子に到達できないという結果に終わりました。

SCP-1698の収容クラスはSCP-1698拡大イベントの予測、防止、軽減、または縮小の手段が究明されるまでKeterにアップグレードするとの決定が下されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。