SCP-1700-JP
評価: +25+x

警告

本報告書は情報災害性、及び認識災害性影響のキャリアとなっています。閲覧後は速やかにクラスA記憶処理を受け、可能な限り再びの閲覧を避けてください。
SCP-1700-JP担当職員はサイト管理者へと連絡を取り、収容方法に関する必要な情報を受け取ってください。

アイテム番号: SCP-1700-JP1

オブジェクトクラス: Euclid2

特別収容プロトコル: これ3及び初期キャリアとなった書類はあそこ4の標準認識災害性物品収容ロッカーにあれ5します。SCP-1700-JPのそれ6は文章の本文にのみこれ7を与える為、ここ8は本文ではない脚注を用いて記述します。これ9の特性の説明は口頭に留め、職員はSCP-1700-JPについてここ10以外に記述する事を禁止します。本報告書の閲覧後は速やかにあれ11を受けてください。

説明: これ12は記述式である情報媒体にあれする13情報災害、認識災害です。これ14を受けた文書内の一部がこれ15に置き換えられます。また文書を閲覧したそれ16にも影響を与え、言動にこれ17は無いもののそれ18が記述する文書においても内容がこう指示語を多用したものになります。それ19はクラスA記憶処理によってああする20事が可能ですが、キャリアとなる文書を閲覧した場合、再びこれ21を受けます。

これ22は20██/██/██、客員研究員である█博士があれ23したあれ24が指示語を多用した問題のある形式であった事、それ25を閲覧しあれする26際に報告文を書いたあのひと27の記述がこれ28を多用したものになっていたのを他の研究員にああされた29事を受け、発見されました。あのひと30自身の提案、実験によって指摘した研究員、█博士共々あれ31を受け、その後に記述を行った際に問題なくそれ32を行えた事から、あれ33によって影響をあれする34事が出来ると判明しました。提出されたそれ35を初期キャリアと位置づけ回収、収容しました。これ36の起源は不明であり、客員研究員█博士は現在ああされ37調査が行われています。

補遺: あのひと38がSCP‐1700‐JPの異常性ををこう39する為に報告書を作成した際、██研究員補佐が作成されたこれ40がSCP-1700-JPのそれ41を受けている事を指摘しました。██博士は制作前にあれ42は行っておらず、数名の閲覧経験のない研究員がそれ43を行った場合も同様でした。現状本報告書はこれ44の下に作成されており、同時にそれ45となっています。制作に関わったあれら46は全てあれ47を受けました。

職員コード
パスワード

 
 
 
 
 
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。