SCP-1702-JP
評価: +48+x
blank.png

注意
本報告書において、特に言及されない場合、"アイテム番号"は「蛇御門具足」、
"現在の蛇御門具足"は「蛇御門具足(SCP-1702-JP-a-37)」と表記されます


アイテム番号: 蛇御門具足

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル1: 蛇御門具足(SCP-1702-JP-a-37)はアメリカ合衆国内のサイト-81██内の標準人型オブジェクト収容房へ収容され、1日に3度財団職員と同様の食事が提供されます。蛇御門具足(SCP-1702-JP-a-37)はレベル0職員と同等の権限を与えられ、サイト-81██内の購買部で雇用されています。婚活プロトコルは引き続き実施されます。

SCP-1702-JP-bに対しては定期的に所在地と血縁関係者を調査してください。新たなSCP-1702-JP-bの存在が確認された場合、所属する企業に介入し財団のフロント企業へ転勤させる等して、可能な限り財団の監視下へおくよう働きかけてください。

襲名イベントが発生した場合、直ちにSCP-1702-JP-bを調査し、新たな蛇御門具足を特定し、SCP-1702-JP-a-38に指定して収容してください。また、同時にSCP-1702-JP-a-38の名前が含まれる文書、映像記録を回収し、インターネット上に存在する記録は全て削除してください。この「名前」とは、SCP-1702-JP-a-38の本名、ニックネーム、ペンネーム、SNSアカウント名等、SCP-1702-JP-a-38個人を呼称するすべての言葉を指します。

説明: 蛇御門具足は、他の語句に置き換えて記録することができない「蛇御門具足(くちなわごもんぐそく)」という氏名です。「蛇御門具足」の氏名を有する人物はSCP-1702-JP-aに指定されます。本報告書を作成時点で37名のSCP-1702-JP-aの収容が記録されており、現在財団が収容しているのは蛇御門具足(SCP-1702-JP-a-37)です。SCP-1702-JP-a-1の直系子孫はSCP-1702-JP-bに指定されます。現在、██名のSCP-1702-JP-bが財団監視下に置かれていますが、太平洋戦争中・戦後に██名のSCP-1702-JP-bが行方不明2となっていることから、財団の監視外のSCP-1702-JP-bを含めるとその、総数は███名に及ぶと考えられています。

蛇御門具足の異常性により、その時点のSCP-1702-JP-aに対して、「蛇御門具足」以外の言葉を用いてその氏名を記述することができません。「蛇御門具足」を「彼」「対象」「SCP-1702-JP-a-ナンバー」等他の言葉や伏せ字に置き換えて記述すると、これらは即座に「蛇御門具足」に変換されます。また、「蛇御門具足」という氏名そのものに対しても同様の異常性を有するため、本報告書においても「オブジェクト」「アイテム番号」「対象」等の語句は、蛇御門具足を指す語句としては用いられません。ただし、蛇御門具足(SCP-1702-JP)のように、蛇御門具足に属する情報として記載する形式であれば、変換を発生させずに語句を記述することが可能です。英語等、漢字の用いられない文章中においては、当該言語で「Kuchinawagomon Gusoku」と発音される表記に変換されることが確認されています。3また、SCP-1702-JP-aが異常性を消失した場合でも、過去に変換された名前は蛇御門具足と表記され続けますが、これは編集により他の呼称へ再変更することが可能です。なお、蛇御門具足を他の人物とともに複数形で呼称して記述した場合、及び音声記録では、異常性は発現されません。

SSCP-1702-JP-aは常に1名が存在し、SCP-1702-JP-aが特定の条件を満たした場合、襲名イベントが発生します。襲名イベントにおいてSCP-1702-JP-aは異常性を消失し、SCP-1702-JP-bの中から1名が新たなSCP-1702-JP-aへと変化します。現在までに判明している襲名イベントの条件は下記の通りです。

  • 死亡
  • 外傷性または内因性の重度の記憶障害
  • 鬱病等、複数の重篤な精神疾患を発症したことによる重度の心神喪失
  • 冷凍冬眠装置への収容
  • 前頭葉切除手術を処置
  • クラスC以上の記憶処理を処置

これ以外にも異常性が消失する条件が存在する可能性があることに注意してください。

SCP-1702-JP-aが本来有していた名前は、SCP-1702-JP-aと化した時点で全て「蛇御門具足」に変換されます。この「名前」とは、SCP-1702-JP-aの本名、ニックネーム、ペンネーム、SNSアカウント名、管理番号等、SCP-1702-JP-a個人に対し呼称として用いられるすべての言葉を指します。この氏名の変換は紙や電子媒体に限られず、写真や映像に記録された文字も同様に発生します。

襲名イベントの発生時にSCP-1702-JP-aに実子がいた場合、実子1名が新たなSCP-1702-JP-aとなります。実子がいない場合はSCP-1702-JP-bのうち1名が新たなSCP-1702-JP-aと化しますが、異常性の転移先に選ばれる条件は解明されていません。異常性が転移しSCP-1702-JP-aに変化したSCP-1702-JP-bは、その時点で自分の氏名が蛇御門具足であることを知識として有していますが、一方でSCP-1702-JP-aと化す以前の本来の自身の氏名を記憶しています。これは、このSCP-1702-JP-aを知る人物も同様です。社会的知名度が高いSCP-1702-JP-bがSCP-1702-JP-aと化した場合、大きな混乱が生じることが予想されます。

財団収容以前の蛇御門具足は、蒐集院により収容または構成員として所属していました。記録上の最初の蛇御門具足はSCP-1702-JP-a-1に指定されています。財団へ引き継がれた以降、現在まで7名のSCP-1702-JP-aが収容されており、SCP-1702-JP-a-31~蛇御門具足(SCP-1702-JP-a-37)に指定されています。

補遺: SCP-1702-JP-aの収容記録概要
以下の記録は、蒐集院から財団へ引き継がれた以降のSCP-1702-JP-aの収容記録概要です。
蒐集院時代の記録については文書1702-A-185を参照してください。

補遺: インタビュー記録1702-A-31-12
以下の記録はSCP-1702-JP-a-31に対して行われたインタビューのうち、SCP-1702-JP-a-1に関連する記録です。この他の記録の閲覧はオブジェクト担当者へ申請してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。