SCP-171-JP
評価: +81+x
images-2.jpeg

SCP-171-JP周辺画像

アイテム番号: SCP-171-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-171-JP当該エリアはレベル4相当の監視区域とし、あらゆる知的存在の進入を未然に防いでください。
現行の監視には計3基の人工衛星が割り当てられており、これらの衛星が交代して行うリアルタイムの継続的な監視によって、SCP-171-JPエリアから1km以内の警戒エリア内の知的存在は進入の可能性有りとして警戒されます。警戒対象は連続したSCP-171-JPエリア方向への移動によって、更に警告対象として分類されます。この警告対象に対しては、現地の地下施設に駐留している、土地管理者に偽装したエージェントによって速やかに警戒エリアから排除してください。

人為的なSCP-171-JPの活性化は上記の方法で防ぐ事が出来ますが、偶発的にSCP-171-JPの活性化条件が満たされるか、実験に於いて予想外の事象が発生した場合に備え、現地の地下施設には機動部隊し-18"健啖家"を常駐させてください。
この機動部隊の業務が事態の鎮静化ではなく、事態に対する情報の隠匿と周辺への影響の収拾となっている点に留意してください。更に警戒エリア外の財団フロント企業である各種店舗に常時17名以上の人員を配置し、事態の拡大化に際しての速やかな増援に備えてください。
また、予期せぬSCP-171-JPの活性化の可能性を少しでも減少させるため、警戒エリア内は1週間に一度の清掃を行ってください。

SCP-171-JPエリア周辺は一般的には観光に用いられており、エリア内の永続的な封鎖または大規模な囲い込みはかえって情報の機密性を脅かしかねないため、SCP-171-JPエリア周辺の封鎖はあくまで短期間に留めてください。

説明: SCP-171-JPは北海道の██の██・██地点に存在するおよそ半径320mの領域です。SCP-171-JPによる異常な事象の発生以外に、特筆すべき異常は認められませんでした。
SCP-171-JPは、いずれかの調理済み物品の名称が書かれた紙媒体が、SCP-171-JPエリア内に安置された時、異常な性質を発揮します。SCP-171-JPエリア内に置かれた調理済み物品の名称がどのようなものであっても、それは2時間〜52時間の間に立て続けに発生した複数の偶発的な自然的現象の影響によって紙媒体直上に完成されます。
調理済み物品の素材は様々な偶然的な事象(その多くは自然現象です)によって収集され、加工され、結果として紙媒体に記された料理として完成します。これらは突発的な自然的現象、または確率の変動によって行われていると考えられますが、現象そのものには非常に突発的である事を除き異常性はありません。

これらの現象の起点はSCP-171-JPエリア内外で発生し得ることが判明しており、現在までで最も遠隔で発生したSCP-171-JP事象のための現象は、██████████████████の墜落であるとされています。
これらの現象はSCP-171-JP活性化以前から発生した場合であっても、SCP-171-JP事象の完遂のため、SCP-171-JP活性化時点でそれぞれ改変が行われていると考えられます。これらの改変のプロセスは現在明らかになっていません。
SCP-171-JP事象によって製作された調理済み物品は異常な特性を持ちませんが、摂食実験の結果ほとんどの場合で食用には適さない出来映えの物品であるようです。また、分量に関しては紙媒体中に指定の記述が無い限りは無作為であるようです。

SCP-171-JPは確認出来た限りで、現在まで以下の物品を製作しています。

  • 焼きそば150g 具がなく、麺がほぼ液状化していました。
  • ハンバーグ100g 焦げており、その上砕けています。
  • ネギ入り味噌汁8ℓ 容器が無かったため全て土壌に吸収されました。
  • チョコレートケーキ300g [編集済]
  • 豆腐2t [編集済]
  • 茶碗蒸し20g 大量の土壌が混入していました。
  • スパゲティーナポリタン600g ほぼ全ての麺同士が癒着しています。
  • 焼き鮭の納豆ペーストとトマトソースがけ150g [編集済]
  • 栗饅頭200kg [削除済]

製作された物品は簡易検査の後、異常が見つからなければ破棄されます。

補遺1: SCP-171-JP事象による物品製作の詳細な過程記録

実験日時: ████年6月22日

概要: 複数の定点カメラをSCP-171-JPエリア内に設置した上で、「スパゲティーナポリタン 600g」とだけ書かれたA4用紙をSCP-171-JPエリア内に設置する。用紙はテント設営用のペグを用いて地面に固定する。
本実験はSCP-171-JPが素材の調達と調理を行う過程を実際の映像として記録する試みとして行われる。記録装置の破損が予想されるため、バックアップ要員を現地の地下施設内に待機させた状態で実行する。
実験区域の隔離は実験開始の2日前から入念に行われ、SCP-171-JPエリア内を短期間立ち入り禁止区域に定める事に成功している。

<記録開始>

16:30 エージェント・██の手により速やかに用紙が地面に固定される。

16:33 エージェント・██が画面外へ退避。以後現地の地下施設にて待機。

16:52 エリア周辺の風速が徐々に上昇する様子が映し出される。

17:08 数本の細長い線のようなものが風に転がされて用紙の直上へと運ばれて来る。これは市販されているパスタの乾麺であり、エリア周辺に存在したゴミの一種と思われる。

17:16 次々にパスタが用紙上に転がり集まってくる。天候に変化が生じ、雨天の傾向を見せ始める。

17:43 パスタの進入が停止。雨が降り始める。

17:55 雨が激しく降っている。この天候は事前の気象状態から予想されたものではなく、実験開始の直後から急速に変化していった結果のものである。

18:22 強風が吹き荒れ、雷の発生が確認され始める。

18:34 強風によっていくつかの物品が用紙周辺まで吹き飛ばされる。それらは後に内容物が少量残ったケチャップの容器、新品の塩の容器(エリア外の財団フロント企業店舗から漏出したものと確認)、12種類の植物の葉、オリーブの実である事が確認された。

18:44 強風によって、用紙と用紙上のパスタを囲むようにして葉が折り重なる。葉は雨が隙間を埋める事で互いに接着し、一つの容器のような形状を形作る。その中にはパスタと水が含まれている。

18:47 容器内に落雷。電磁波の影響で定点カメラ全てが機能を停止する。

19:12 カメラの交換の後録画を再開。葉の容器は落雷によって破壊されており、用紙も破損が見られるが、その上には茹で上がったパスタの麺が置かれている。更に、傍には落雷によって破損したと思われる塩の容器が倒れており、破損部から内容物を少量溢れ出させていた。

カメラ交換を行った人員の証言では、落雷によって葉の容器と内部の水が一挙に高温化し、短時間の継続した高熱と水分の付加により茹で上がったように見えたとの事でした。

19:22 雨が収まり始める。

19:25 天候が完全に回復する。

19:27 画面外から、一頭の食用豚の成体が画面内に進入する。後の調査によって、█████を進んでいた輸送トラックが32分前にSCP-171-JP事象による嵐で横転し、そこから逃げ出した個体であることが判明している。

19:33 画面上方から突如飛来した物体が食用豚に命中。絶命させる。物体は後にごく小規模の隕石であると判明している。絶命した食用豚の肉片がパスタの上へと吹き飛ばされる。肉片は隕石の熱によって十分に加熱されているように見える。隕石は同時に衝撃によってケチャップ容器を破壊し、内容物を撒き散らさせた。その一部はパスタにもかかっている。

19:35 SCP-171-JPエリアから半径10km以内の区域で、急激な気温の上昇を確認。急速にエリア周辺の水分が気化していく。

19:54 19:33時の隕石が保持していた熱量によって、周辺植物が発火する。

19:57 乾燥のため、延焼が拡大する。被害が地下施設にも及ぶ可能性があったため、この時点で待機人員によって火は消し止められた。火はパスタを取り囲むようにして延焼していた。

20:04 気温が徐々に下がり始める。

20:27 当該地域の平常時の前例から鑑みて、平常と言えるレベルにまで気温が低下する。

20:40 SCP-171-JP事象は終了したものと見なされ、実験の終了が宣言された。

<記録終了>

終了報告書: SCP-171-JPによる料理がしばしば不完全である事を示す良い資料となるでしょう。事象としては「偶然」以上のことは何も証明出来ませんが、誰かさんはどうやらあまり料理が得意では無いようです。

SCP-171-JP事象は広範に渡って影響を及ぼす可能性があり、その影響が他に及ぼす副次的な効果、または連鎖的な事象の発生は予測が困難であると見なされています。

「偶然ではない」ということの証明は「必然である」という証明よりも遥かに難しい。しかし少なくとも、この法則性は我々によって管理される必要があることを示している。 ──████博士

補遺2: ████年██月██日に、SCP-171-JP事象が予期せず発生しました。SCP-171-JPエリア内に栗饅頭に関する広告チラシがどこからか飛来し、エリア内に置かれた事でSCP-171-JPは活性化しました。
それによって[削除済]から[削除済]という前例の無い大規模な現象が発生し、[削除済]。全国での被害額は計上不可能な程に上り、被害者数は[削除済]という結果になりました。
SCP-171-JPがより複雑な工程の調理を必要とした場合、それは遠隔地からの素材、器具、条件の調達のために、より大規模な現象を発生させる事が明らかとなりました。以後、このような事象の発生を防ぐべく、SCP-171-JP周辺エリアの清掃が特別収容プロトコルとして義務づけられました。
同時に、SCP-171-JPに関する実験は今後無条件に却下または禁止されることとなりました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。