SCP-1717-JP
評価: +2+x

アイテム番号: SCP-1717-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1717-JPの各個体は生物サイト-8102に存在する窓の無い防音室内で、鳥類育成用ゲージに収容しています。1日に2回、一般的な鳥類用の餌を与えて下さい。実験以外でSCP-1717-JPと1時間以上接触することは禁止されています。未収用のSCP-1717-JPに曝露して失明したと思われる人間が発見された場合、カバーストーリー「網膜動脈閉塞症による失明」を適用して下さい。更に現地へ機動部隊を派遣してSCP-1717-JPの捜索を行って下さい。回収したSCP-1717-JPは研究に必要な場合を除き処分して下さい。

説明: SCP-1717-JPは異常な特性を持つ鳥類です。DNA解析の結果よりハシブトガラス(学名:Corvus macrorhynchos)と全く同一であると判明しています。外見の特徴もハシブトガラスと同一で、特異性の有無以外での判別は不可能です。SCP-1717-JPは鳴き声を聴いた、または鳴いている様子を視認した人間に認識災害を引き起こします。10分以上SCP-1717-JPの鳴く様子を認識した対象は、一様に「視界が夕焼けのような薄暗い赤色に変化した」と報告します1。この症状は鳴いているSCP-1717-JPの存在を認識している時間に比例して進行し、視界は徐々に暗くなります。認識し続けて最短4時間、最長7時間程度で対象は失明します。この症状の進行は対象がSCP-1717-JPを認識しなくなった、あるいはSCP-1717-JPが鳴くのを止めた場合に停止し、進行の程度に比例した時間経過で回復します。失明した場合は回復することはありません。

SCP-1717-JPは19██/05/29に長野県松代町で原因不明の失明により複数人が救急搬送されたという報告があり、財団が調査を行い、収容しました。被害者に統一性が無く原因究明は難航していましたが、エージェントの一人が「まだ昼なのに視界が夕焼けのようになった」と証言し、その周辺を調査した結果発見されました。捕獲したカラスの█%が異常性を持つことが確認され、機動部隊み-7("七つの子")による大規模な捜索が行われました。この捜索により██羽のSCP-1717-JPが収容されました。未収用のSCP-1717-JPが存在している可能性があるため、現在も定期的に捜索が行われています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。