SCP-1725
評価: 0+x
1725.png

SCP-1725の2番目の設定に曝露後のD-9087。

アイテム番号: SCP-1725

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1725はサイト-77のSafe SCP棟にあるSafeクラス収容室に保管されます。この収容室は電子錠によって保護されます。財団外部で発見された、SCP-1725の影響を受けた人間は全て拘束し、要注意団体マーシャル・カーター&ダーク株式会社との関係について質問した後にBクラスの記憶処理を執行します。

説明: SCP-1725はおよそ4×3×3メートルの空間を持つ、飾り立てられた真鍮の箱です。左側面には9種類の設定ができるダイアルのあるパネルが取り付けられています。端末もあり、これはダイアルが「9」に設定されている時のみ作動します。SCP-1725は作動するのに外部電源を必要とせず、いかなる廃棄物も発生しません。“マーシャル・カーター&ダーク株式会社”の文字がSCP-1725の底部およびコントロールパネルの上部に刻印されています。

SCP-1725に入った人間は異常な効果に晒されます。ダイアルが変更されている時、SCP-1725の中の人間に9種類のうち1つの身体的変異が適用されます。これらの変異はコントロールパネルの設定に一致します。変異は人間の体をイヤリングやハイヒールといった人気のあるファッションアイテムに似せるようにデザインされます。SCP-1725で起こり得る変異の完全なリストは補遺1725-Aを参照してください。

SCP-1725は1989年██月██日、ジョージア州の████で開かれたオークションにおいて回収されました。そのオークションはマーシャル・カーター&ダーク株式会社によって開催されたものと思われました。オークションへの襲撃においてSCP-1725はおよそ54の他の物品とともに発見されました。この襲撃で確保された物品のうち、SCP-1725だけが異常性のあるオブジェクトであることが試験によって明らかになり、1992年██月██日、Safeクラスに分類されました。以下のようなオークションカードがSCP-1725と共に発見されています。

マーシャル・カーター&ダーク株式会社 公式オークションカード
想像してください。社交界で誰よりも流行に合った召使いを持つことを。時代遅れの格好の召使いが妬みにのたうち回りながらあなたに近づいて最上級の食事と飲み物を給仕するのを見ることを。ですが、使用人に流行の格好をさせ続けるというのは高くつきます。この素晴らしい品で、あなたはどの紳士たちのクラブをも騒がせる存在になれるのです。あなたの召使いは誰も敵わないほどの優雅さと身のこなしをしていると、彼らは言うでしょう。たった950000ポンドで全てがあなたのものです。もし使用人が自分の苦しい状況について高慢になり始めたなら…彼らに9番のオプションを与えてください。

補遺1725-A: SCP-1725による身体的変異の記録

身体的変異の記録
設定1 "フープイヤリング" 耳に大きな丸い穴が成長し始めます。これらの部位は丸い形を保つために筋肉組織を発達させます。
設定2 "ヒール" 踵に大きな骨の突起部と、それを覆うように余分の瘢痕組織が成長します。これらの成長は急速で、激しい痛みを伴います。突起部の急な成長による圧力は被験者の既存の骨格に著しい悪影響を引き起こします。
設定3 "ダングルイヤリング" 両耳に大きく、滑らかで色とりどりの組織が成長します。これらの組織は場合によっては、その大きさに応じて、肩、首、顔、腰といった体の他の部位に融合します。
設定4 "眼鏡" 目の周りにホーン製の眼鏡に似た骨の突起物が成長します。この新しい組織はとても繊細で容易に損傷を受けます。加えて、16%の確率で組織が眼球あるいは瞼に融合します。
設定5 "羽" 背中に表面上は機能を持たない蝶の羽に類似した、骨と腱からなる大きな構造が成長します。この「羽」は非常に脆く、被験者はこれに対して非常に敏感です。被験者は「羽」への制御を全く見せません。
設定6 "美" 皮膚が磁器のような被膜に覆われます。この被膜は大理石に似た外観を持ち、非常に脆いです。被験者の鼻と口に開口部が存在しないため、被膜を切って穴を開けなければ被験者は窒息することになります。加えて大きな筋肉が成長します。しかし実際にはこの組織は液体で満たされた嚢腫の上に引き伸ばされた薄い皮膚です。
設定7 "ファンタジー" 耳に大きく尖った骨の突起物が成長し、顔と体の大規模な再構築が行われます。この影響を受けた被験者はしばしば移動と発話の困難を覚えます。
設定8 "ランダム" 前述の全てのオプションの組み合わせです。特筆すべきはこのオプションは全く予測不能だということで、火傷、軟骨組織への深刻な損傷、四肢や顔の著しい歪み、不能症、そして死といったランダムで望まぬ悪影響をしばしば引き起こします。
設定9 "罰" 端末の命令によって装置の操作者はSCP-1725の中にいる人間の合成を完全に制御することができます。被験者の体に起こる全ての変化は被験者にとって非常に苦痛で、死をもたらし得ます。変化は操作者の選択によって元に戻すことができます。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。