SCP-1736
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-1736

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1736-1は鎮静状態で、放射線遮蔽された収容セルに収容します。SCP-1736-1は常に拘束され、栄養と水分は静脈投与しなければなりません。SCP-1736-1の収容チャンバー内ではいかなる光源も許可されず、チャンバーの遮蔽を定期的に調査し、可視光スペクトル外の電磁放射の透過が最低限であることを保証しなければなりません。SCP-1736-1のバイタルサインは常に監視され、SCP-1736-1の生命が脅かされるあらゆる変化に対して、サイト規模のコード-1736-オレンジ警報が発令されます。これはSCP-1736-1のバイタルサインが安定するか、死亡するまで継続されます。SCP-1736-1が死亡した場合、財団規模のコード-1736-スカーレット警報が発令されます。これは、SCP-1736-1が再収容されるまで継続されます。現在確認されているSCP-1736-1実体は、任意の時点において1体のみです。収容外にある他のSCP-1736-1実体が発見された場合、財団規模のコード-1736-ブラック警報が発令され、利用可能なあらゆる資源が既知の全てのSCP-1736-1実体を即座に確保して収容するために流用されます。

SCP-1736-2実体は標準安全ヒト型生物収容セルにおいて、電離放射線レベルの継続的監視下で収容します。いかなる場合でも、SCP-1736-2実体をSCP-1736-1の200m以内に近づけるべきではありません。SCP-1736-2であると特定された収容外の個体は例外なく終了されます。いずれかのコード-1736警報が発令された場合、収容下にある全てのSCP-1736-2は、警報が解除されるまで鎮静され拘束されなければなりません。電離放射の顕著な増加を示したいかなるSCP-1736-2もSCP-1736-1と再指定し、即座に前述の通りの適切な収容施設に輸送しなければなりません。

説明: SCP-1736-1とSCP-1736-2は、関連した、または相補的な異常な信仰・行動・特性を共有する2つの階級の人間に対して指定されています。

SCP-1736-1とSCP-1736-2の全ての実体は[編集済]に強い類似性を持つ宗教を共有します。SCP-1736-1はこの宗教の巫女または司祭、SCP-1736-2実体は信者または侍者の役割を果たします。この宗教を構成する神学には、信者の求めに応じて再来し、宇宙を闇と無知から救い出す救世主的神格が備わっています。この神格はほとんどの場合、[編集済]または[編集済]として言及されます。SCP-1736-1はしばしば、この神格の"声"で説教を行います。多くの場合、これらの事象の転写記録は意味論的に無意味ですが、SCP-1736-2はSCP-1736-1の宣告を文字通りに福音として受け入れ、一般的な信仰システムに組み込みます。これは、SCP-1736-1や他の個体との接触の有無にかかわらず、全てのSCP-1736-2間で同時に真実となります。SCP-1736-1がこれを実行する時、SCP-1736-1からは典型的なヒトの被験者が48から72時間で[編集済]死するほどの危険なレベルの電離放射線が放射されます1。SCP-1736-2は任意の容量の放射線に悪影響なく耐えられると考えられ、この放射線による有害な影響を受けません。

収容外では、SCP-1736-1とSCP-1736-2は定期的に公園・街角・駐車場・ショッピングモールなどの公共の場に集合します。一旦集合すると、SCP-1736-1はSCP-1736-2に説教を始めます。この事象の間、出席したSCP-1736-2のおよそ20%が、「さあ、彼が悟りをもたらしてくれる」、「彼は我々を暗闇から導くためにここに来られた」、[編集済]などの言葉を用いてSCP-1736-1の言葉を聴くように通行人を説得しようとします。この説教を聴いた非SCP-1736-2の参加者の内、推定して25%がSCP-1736-2実体に変化します。それ以外の聴衆は放射線障害に罹患し、典型的には、最初の1ヶ月での死亡率は50%、その後█年間で90%に達します。

SCP-1736-1の死亡の際、他の、見たところランダムに選ばれたSCP-1736-2実体が短時間に爆発的な放射線を発し、その後SCP-1736-1の役割を果たすようになります。現在のところ、█人から██人の間のSCP-1736-2が収容外で逃走中だと推定されています。

補遺1:
補遺2:
補遺3:
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。