SCP-1739
評価: +11+x

アイテム番号: SCP-1739

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1739はサイト-██に位置する収容セクター-██に収容されます。SCP-1739に対する実験計画は、O5評議会の承認を得なければなりません。収容セクター-██は常時監視されます。収容セクター-██内にいかなる人物が自発的に出現した場合でも、即座にO5評議会に通知されます。

SCP-1739の第一の異常効果の収容は、オペレーション・スモークスクリーンの下で実行されます。レベル4研究者が監督官としてオペレーション・スモークスクリーン全体の直接の権限を保有し、O5評議会に直接報告を行います。オペレーション・スモークスクリーンの詳細は監督官とO5評議会のみの機密扱いとします。

説明: SCP-1739はDell Latitude D800モデルのラップトップです。SCP-1739はあらゆる破壊の試みの影響を受けないことが確認されています。SCP-1739のハードディスクには"gofetch.exe"という実行ファイルが存在し、これを実行すると3つのウィンドウが立ち上がります。第一のウィンドウは、UNIXタイムスタンプ形式で日時の入力を促す入力フィールドを含んでいます。2004年1月1日の00:01:18 GMTから現在時刻までの日時が受け付けられ、これ以外の入力に対してはエラーメッセージが返されます。正しい範囲内の日時を入力した被験者は消失します。

第二のウィンドウは不明なチャットプロトコルのクライアントアプリケーションのように見えます。ユーザには自動的に"BranchPrime"のハンドルネームが割り当てられます。被験者の消失後、チャットクライアント上に"Isaac"を変形した形のハンドルネームを与えられた個人が出現し、コミュニケーションをとれるようになります。これらの個人は、被験者が入力したUNIXタイムスタンプの時刻へ時間転移したことによる、分岐した時間軸上の財団職員であることを主張します。被験者が自発的に出現するまでは、分岐した時間軸はあらゆる点においてこの時間軸と同等であると報告されています。この主張が正しければ、SCP-1739は被験者を2004年1月1日以降の過去に時間転移させる能力を持つことになります。

第三のウィンドウは犬小屋に繋がれた犬のCGアニメーションです。数字の入力が成功した場合、このアニメーションは、女性が犬を解き放ち、ボールを遠くに投げるものに切り替わります。その後、犬はボールを追って画面外に走り去ります。

3日から7ヶ月までの期間の後、"Isaac"はチャットから切断されます。この時点で、アニメーションは破裂したボールの残骸を咥えて走り戻ってくる犬に切り替わります。犬は画面外にボールの残骸を投げ捨て、女性は犬を犬小屋に繋ぎ直します。

SCP-1739は2004年1月1日、それまで利用されていなかった収容セクター-██に自発的に出現しました。

補遺-1739A: オペレーション・スモークスクリーンは、SCP-1739が未来からの旅行者を出現させるのを妨げるために遂行中です。SCP-1739に関する主要な研究の焦点は、この取り組みに貢献することに当てられています。さらに、SCP-1739を用いて過去に被験者を送り込むあらゆる実験は、O5評議会により無期限に禁止されます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。