SCP-1744-JP
評価: +25+x
blank.png

 

注:この旧報告書はオブジェクトの異常性の理解のために保存されています。正式な現行版の報告書は添付資料を参照してください。

アイテム番号: SCP-1744-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1744-JPはサイト-81██内に設置された3×3×3mの収容房に収容される必要があります。警備員を収容房内に入室させた状態で監視をしてください。また、オブジェクトの反ミーム性にある程度の免疫がある職員が収容担当者に割り当てられ、週に1度収容房に入室する必要があります。万が一免疫を所持する職員が全員死亡/収容担当出来ない場合、記憶補強薬をDクラスに投与し、次の免疫を持った職員を見つけるまで同様の手順を行ってください。

説明: SCP-1744-JPは反ミーム実体と思われるオブジェクトです。その特性により、現在までオブジェクトの形状、特徴、生物/非生物であるかなど多くのことが判明していません。

SCP-1744-JPの反ミーム性を裏付ける点として、オブジェクトについての記憶が大きく妨げられる点が上げられます。SCP-1744-JPの収容房に入室した被験者はオブジェクトになんらかの干渉をした、もしくは干渉を受けたことを主張しますがその内容について記憶することが出来ません。また、その特性ゆえオブジェクトの収容開始時期は20██年前半ということしか判明していません。収容に至るまでの経緯も同様に不明です。

オブジェクトと干渉した被験者は収容房退出後、オブジェクトについての記憶の忘却が始まります。平均して3時間程度で完全にオブジェクトに対しての全ての記憶を忘却することが報告されています。これにより大抵の場合SCP-1744-JPの存在自体を忘却します。ただし、一部の職員についてはある程度の免疫が確認されており、朧気ながらも1ヶ月程度、オブジェクトの実在についての記憶を維持できることが確認されています。そのため、免疫を持つ職員をSCP-1744-JPの収容担当者とし、記憶の維持のために週に1度の収容房の入室が義務づけられています。また、記憶補強薬によっても同様の効果が期待できますが、使用者の人体に大きく負担がかかるため非常時以外には使用されません。また、オブジェクトとなんらかの干渉を行った職員には職務態度の向上、鬱の改善などの良性の効果が見られます。

また、当報告書を含めたSCP-1744-JPの情報媒体にも同様の反ミーム性が認められます。そのため、SCP-1744-JPの収容を維持するのに必要な人員の捜索を行うことを目的とし、出来るだけ多くの人員がSCP-1744-JPの情報に触れ、免疫があるかどうかをチェックすることが求められます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。