SCP-1760
評価: 0+x
caskets.jpg

1961/11/15、最初の収容時のSCP-1760

アイテム番号: SCP-1760

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1760の全実体はサイト-84に収容されています。周囲4m2は上部が有刺鉄線の金網フェンスで囲まれています。考古学研究を装って一般人の侵入を阻止します。顕現中、SCP-1760の全実体を開放し、中身の一覧を作成します。その後、SCP-1760に追跡信号を取り付け、顕現の終了の前に再封印します。

2006/11/15のSCP-1760-16の開放と対象物の危険性の増加した中身の結果により、この特定のSCP-1760の実体は顕現中において常に封印を維持します。(事案1760-1参照)

説明: SCP-1760-1から15は15基の黒い松材の一連の棺で、ベラルーシ共和国ミンスク郊外の茂った地域で毎年11月15日の午後に地面から現れます。各棺には白い正教会の十字架が付いています。その他に識別できる特徴は見えません。

地面から現れると、SCP-1760-1から15は常に封印されていて、顕現毎に変化する完全な人間の死体が入っています。これら死体は常にコーカソイドで、地域の葬式での衣装を身につけています。検死によりこれら死体は常に最新の防腐処理が施されていることが明らかになりました。

11月20日の真夜中、各SCP-1760の実体は荒らされたか否かに関わらず地面に沈みます。SCP-1760の位置を特定する為の発掘の試みにより、対象物はその年の残りの間は地表から3mの地点で留まることが明らかになりました。沈んだ後に再開放された実体は完全に中身が空であることが明らかになりました。

サイトからの実体の移動は水没を防ぎますが、対象物は次の顕現で同一の棺と入れ替わります。この時点で最初の実体は異常特性を失います。これら入れ替わった棺はサイトの更に下から現れたと推測されています。この原点を発見する為の発掘の試みは現在のところ失敗しています。

11月20日後にSCP-1760の外に残った死体は顕現終了の3時間以内に素早く腐敗します。腐敗の程度は対象物によって異なり、軽度の腐敗から灰までの分解に渡ります。

SCP-1760内に現れる死体は追跡信号を用いることにより顕現終了後でも追跡することに成功しました。棺に埋められた信号は全て、ベラルーシ国境の地下室にある火葬用の骨壷で封印された状態で発見されました。この方法で回収した死体にはSCP-1760顕現中に確認された衣服や防腐保存処置が欠如しています。どのようにしてSCP-1760が顕現前に死体に到着し、再構成及び修正を施すかは現在不明です。

6年毎の11月15日にSCP-1760の実体が1基のみ現れます。蓋にピーター・█████████という名前が彫られている事を除き、この棺は他の棺と同一であると確認され、SCP-1760-16と指定されました。この実体の過去の内容物は詰まった土から生気のある死体にまでわたります。これら内容物の起源を追跡する試みは追跡信号がSCP-1760-16の完全浸水によって機能が停止した為に失敗しました。

ピーター・█████████を特定する調査により対象者はミンスク共和国の葬儀屋及び科学者で1950年代の幾つかのソビエトの計画に関わっていたことが判明しました。記録は対象者が1959年11月15日に死亡したことを示します。█████████の研究の記録の大部分は1960年の前にベラルーシ政府によって破壊されました。事例証拠は長期の人間の死体の化学的な保存並びに化学的な蘇生と再生の誘発の実験を示唆します。その他特定可能な研究に関わった科学者は既存の記録から抹消されているために不明です。研究職員によるピーター・█████████の発掘で死体または埋葬地には異常特性が無いことが確認されました。

SCP-1760は1961年にミンスク郊外で開かれた"棺の庭"の地元報告により財団の関心を惹きました。最初の収容の際に以下のメッセージが書かれた飾り額がサイトで発見されました:

彼等がこの地で不死を与えられたように、我々も今日、我等の敬愛すべき故人の生命と記憶に敬意を表してここに集おう。

補遺1760-A:

補遺1760-B:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。