SCP-1762
評価: +5+x
New-Dragon.jpg

SCP-1762の実体

アイテム番号: SCP-1762

オブジェクトクラス: Safe Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-1762-1はサイト-██にある標準収容設備に収容します。SCP-1762-1がSCP-1762-2を解放する期間中、将来の研究のために映像記録を取ります。SCP-1762-2は無害と推測されますが、収容設備から出ることは許されません。

説明: SCP-1762-1は簡素な32cm×20cm×26cmの大きさの段ボール箱です。箱の中と外はスプレーで銀色に塗られ、容器の蓋には黒のマーカーを使った手書きで"ドラゴンはここに居る"の文字が書かれています。SCP-1762-1の蓋を開けても、解放期間中でなければ中身はからです。

SCP-1762-1は稀に開き、SCP-1762-2の解放を開始します。この間、箱はすぐ消える大量の黒い煙を短期間放出します;煙が晴れた後、平均12秒でSCP-1762-2が出てきます。

SCP-1762-2はSCP-1762-1から出てくる存在に適用される総称です。SCP-1762-2の全実体は洋の東西関わらず様々な種類のドラゴンを象り、折り紙の模型に類似した形状をしています。SCP-1762-2の分析でこれらは和紙で出来ていることが明らかになりました。SCP-1762-1から出ると、SCP-1762-2の実体は多数の集団と共に飛行し、近くにいる人間や実態同士で戯れるように接触します。

SCP-1762-2の体長は9から30cmで変化します;一旦SCP-1762-1から出ると全実体は継続した飛行が可能になり、速度は15km/hまで記録されました。SCP-1762-2の数はSCP-1762-1の開放毎に変化し、その数は50から400体超にわたります。

SCP-1762-1の外で約2から3時間過ごした後、SCP-1762-2の全実体はSCP-1762-1の中に飛行して戻ります;この時、SCP-1762-1は再び煙を放出し、SCP-1762-2はSCP-1762-1の蓋を通り過ぎると消え去ります。SCP-1762-1は一旦全てのSCP-1762-2が戻ると蓋を閉じます;特定の開放日はありません。

一旦SCP-1762-2の全実体が戻ると、時折SCP-1762-1の蓋の上に様々な材料で記された、または彫られたメッセージが表示されます。メッセージの送信や、SCP-1762-2と一緒に記録装置を入れる試みは否定的な結果に終わります。これら文書と適切な出現日は編集、記録されています。

付録1: 20██/██/██、SCP-1762-1は11ヶ月と28日続く一連の事象を発生させました;これら事象と、このシナリオに繋がる先の事案は現在"ジャバウォック事象"として分類されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。