SCP-1767
評価: 0+x
wall.jpg

SCP-1767発生ゾーンの一角。

アイテム番号: SCP-1767

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 既知のSCP-1767発生地域は私服財団エージェントによって監視されるべきです。SCP-1767の影響を受けた建造物の居住者は退去させ、財団エージェントが当該異常存在の観察のために引っ越します。SCP-1767-1個体が出現した場合は破壊し、更なる研究のために残骸をサイト-77へ移送します。

説明: SCP-1767はイギリス、シティ・オブ・ロンドンの異常な一区画です。SCP-1767内で生活している人物たちは、何らかの異常効果が発生する以前から貧困状態である必要性があります。生活状況がより逼迫しているほど、より強力な異常効果の発生を招きます。影響地域内において住人たちは一部屋の寝室に20人で暮らし、衛生・換気用設備が存在しない極めて劣悪な生活を送っていることが分かっています。SCP-1767の影響を受ける地域では様々な病気(とりわけ齧歯類や昆虫による感染症)、乳幼児の高い死亡率、アルコール中毒、売春、犯罪全般が広く見られます。

最初のうち、SCP-1767は影響地域の建物内における動きとして発現します。内部構造は外部と一致しなくなり、部屋や廊下のサイズは屋外から推定できるよりも遥かに狭いものと化します。屋外から視認可能な窓や換気シャフトは建物内に存在しなくなり、内部配管は水を通さなくなります。これらの建造物の住人は、自分たちの置かれた周辺環境に対する不満と怒りを表明し始め、この感情は彼らがSCP-1767の影響を受ける区域内に居住し続けるほどに増幅されていきます。

10~20日が経過した後、半ヒト型実体群がSCP-1767に影響された建物から出現し始めます。これらの実体はSCP-1767-1個体に指定されています。SCP-1767-1個体は主として石とコンクリートで構成されており、石材製の様々な身体部位が建物から突出しているような形を取ります。出現すると、個体群は以下のような各種の活動を開始します。

  • 壁を叩く。
  • 窓、ドア枠、その他の脆弱な構造を破壊する。
  • 齧歯類または昆虫を連想させるやり方で、壁・天井・床を擦る。
  • 自身の身体から急速に剥がれ落ちる塗料の薄片・土・埃を使って、衣類などの物品を汚す。
  • 床下に口を出現させ、静かに呻き声を上げる。声は“荒々しい”ものと述べられており、男性的な抑揚がある。

SCP-1767は1967年、ロンドンの現地警察部隊によって空間異常がケースファイルに記録された後に注目されました。発見に続いて、SCP-1767-1個体群が出現し、領域内の人間を攻撃し始めました。当該現象の起源についての調査は決定的結果を得るに至りませんでした1。1976/9/12現在、SCP-1767はEuclidに分類されています。

補遺: ロンドン中央通信社に送られてきた手紙。筆者は不明であり、砕かれた石材と未特定の液体が封入されていました。

人間たちへ

どうして貴方がたは生きていこうとするのですか?

このような退廃を、思いやりの無い社会によって野蛮にさせられ全くの荒廃に追いやられる者たちを、あらゆる者の道徳と倫理が運によって滅びてゆく有り様を目の当たりにして… 貴方がたは皆、どうして恥の中を生きていけるのですか? 働いておらず外に遊びに行く気も無いというだけで、何故世界の代理人を気どり、正常と戦い続けようとするのですか? これは自分の二本足で立っている人間以外の何物の責任でもありません。そもそも私は何故人間にわざわざこれを説明しなければならないのか — どうせ貴方がたは私の助けの手を燃やして一夜の暖を取るのに使うだけでしょう。貴方がたは竿を折って焚き付けにしてしまうから、私は貴方がたに魚釣りの方法を教えることもできない! これは貴方がたの自業自得です。私たちを責めないでください。

貴方がたに意思はない、ただ内なる欲望ばかりです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。