SCP-1782
評価: +1+x
1782-1.png

██年8月31日のSCP-1782。この老人は捕食されている間レビ記のランダムな一節を暗誦しています。

アイテム番号: SCP-1782

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1782の入口ならびに周囲は常に監視されていなければなりません。SCP-1782は未だ敵対的な様子を見せているとは言えませんが、その部屋へ続く扉は少なくとも2名の武装した職員で常に警備されるべきです。

そのエリアは無人操縦飛行機でのみ探索されねばなりません。これは██年9月4日に起こった事象より要求されています。

説明: SCP-1782は42または45平方メートルと測定される部屋で、ウクライナのキエフに位置する廃墟の団地の中にあります。部屋の入口のアーチ型の門の上には「jedna deväť osem d (1 9 8 d)1」と刻まれているのが読み取れます。

SCP-1782の内部は3日おきにAM03:12に外観が変化します。変化は瞬時に起こります。

SCP-1782はたいてい典型的に家庭にある物が備えられています。SCP-1782とその備えられた物は、現前したときにはもう長年使用していたかのような様子を見せます。部屋の見取り図はさまざまに変化します。とある例では台所、寝室そしてリビングまたは何もない空間があるだけでした。SCP-1782は時折知性的な存在と思しきものや動物を現前させます。変化が起こる前に現れていた物体はSCP-1782に近接しているかどうかに関わらずAM03:12ちょうどに消えます。

SCP-1782は入室する被験者に有害な効果をもたらさないように見えます。テスト被験者はどのような場合でも部屋の内部から穴への恐怖心2を抱いて戻ってきます。このことが起こる正確な理由はわかっていません。

エリア記録1782:
日付: 08/23/██

事象: 部屋は何も現前させていません。金属の缶を金属でひっかくような音が聞こえます。姿の見えない女性の声が「私を揺らして、軽くして3」という一節をAM03:12まで繰り返しているのが聞こえます。

エリア記録1782:
日付: 08/26/██

事象: 部屋は何も現前させていません。音は室内で鳴っているわけではないようですが、よく調べると間取り図からいって左側の壁の小さな領域から金属を削るような音がかすかにしています。

エリア記録1782:
日付: 08/29/██

事象: 老人が自らの身をカカポの集団に食べさせています。苦痛を表出していませんが、対立的な感情があるように見えます。

エリア記録1782:
日付: 09/04/██

事象: 部屋には二つの仕切りが現れ、便器しかない便所もあるようですが、壁の穴へ続く小さな長方形の入口もあります7 。部屋はくすんだ緑色に染まり、固まった血や糞便のようなものが壁のところどころに見られます。

オレンジのジャンプスーツを着てテレビ撮影用カメラを肩に担いだ男が瞬時にSCP-1782のドアの外に現れます。この男と会話する試みは成功しましたが、これは例外的なことであります。その男はサンダース博士にテレビ用のセットを製作し、彼が「床の下の壁にいる女の子」を撮影できるようそのセット内の外にいるよう頼みました。その撮影の写しは以下のようなものです。

9月4日のSCP-1782の穴を調査するため、障害物を排除できるラジコンカーならびにそれに搭載するGPSとビデオカメラが要求されました。この装置は穴への侵入に成功し先述の男が撮影した物体であると確信できるデータを送信しました。物体の映像データでは物体の肢および頭はゆっくりと上下に動いていました。撮影シーンはAM03:12を過ぎるまで変わらず、SCP-1782の周期において物体が消滅しないことが明らかになりましたが、物体のある場所へ続く入口はもはや存在しませんでした。GPSの位置情報はサンダース博士と同じ位置であることを示しましたが、これは間違っていることがテストからわかっています。後のGPS解読から、いずれかの日のSCP-1782から5メートル以内にいるとある成熟した女性のところに装置があることを示唆しています。

探索に先立ってドアの外にあるものの位置情報を取得できませんでした。このエリアは安全であるとみなされ、研究員のブリーンとオルテガが便器の中の物体のDNAサンプルを取得するためSCP-1782がリセットされるAM03:12の一時間前に派遣されました。

シリーズ: 神聖科学
関連するTales: 子と母の特別な絆

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。