SCP-1789
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-1789

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1789はサイト-17の保管チャンバー34に収容されます。保管チャンバー34には音声、映像監視装置が備えられています。SCP-1789はハーネスによって常に集排水溝の上に吊り下げてください。実験に必要なサンプルを除き、収集されたSCP-1789-1は3時間以内に生物学的危険物質として廃棄してください。

SCP-1789と無許可でコミュニケーションを取ったと判明したいかなる職員も公式に懲戒されます。SCP-1789の指示の一つに従うことを試みたと判明した全ての職員は終了されます。SCP-1789-1の流出速度に関するあらゆる変化は監視し、記録してください。

SCP-1789は定期的尋問の対象となっています。「王のための揺り籠」に関する言及は直ちにレベル4の監督研究員に転送してください。

説明: SCP-1789は長さ約1メートルの巨大なヒト型生物の指で、付け根から切断されています。SCP-1789は知性を持ち、テレパシーによるコミュニケーションが可能です。インタビューにおいてSCP-1789は誇大妄想癖を示しており、通常は財団職員に敵対的です。SCP-1789は未知の手段による運動が可能ですが、興奮時に激しく痙攣するのみであり移動はできません。

SCP-1789-1はSCP-1789から様々な速度で滲出する、未知の組成を持つ金色の液体です。現在の流出速度はおよそ13日間に1リットルです。SCP-1789-1の化学分析でははっきりした結論が出ていません。

SCP-1789-1は強力な幻覚剤ですが、依存性や副作用はありません。摂取時の幻覚は一般的に、自信を与えられる感覚、使用者の同僚からの承認、あらゆる取り組みにおける成功などが含まれます。

SCP-1789とのコミュニケーションの際、SCP-1789からのあらゆる要求には異常性のある強制力が伴います。この強制力は弱く、極めて微弱な集中によって抵抗することができます。一般的には次のような要求が含まれます。

  • 封じ込めチャンバー内で儀式用の香を焚くこと。
  • 牛の血で満たされた2×2キュビト(およそ1×1メートル)の鉢の提供。
  • SCP-1789の爪を飾るための黄金の儀式用装身具の提供。
  • SCP-1789を装飾するための様々な素材(通常は家畜動物の脊椎や肋骨)の儀式用の環の提供。
  • 海塩とSCP-1789-1の混合物を浴びること。
  • 「王のための揺り籠」と表現される特定されていない地点への輸送。SCP-1789は「肉の軍勢の祖、散らばった王の遺体が大地の獣を打ち倒し、再びその領土を確立するであろう地」と形容されるものと巡り会う望みを表明しています。SCP-1789はエジプトの王家の谷に言及しているのだという最初の仮説は、財団の秘匿考古学遠征隊がその地域で何も異常活動を発見できなかったことで反証されました。しかし対象となる地域の広さとSCP-1789の発言の不明確さから、その主張の信憑性を判定することは不可能だとみなされています。また、同じ考古学チームは元の発掘現場近くの[削除済]において、伸ばされた指と共に[削除済]を発見しています。「王のための揺り籠」に関するSCP-1789の発言は全て文書1789-19cに記録されています(アクセスにはレベル4クリアランスが必要です)。

特に注目すべきこととして、SCP-1789の要求は一般的に様々な家畜の屠殺を必要とします。

通常はSCP-1789の強制力は非常に弱いものですが、SCP-1789-1の摂取時には劇的に高まります。累積でおよそ6リットルのSCP-1789-1を摂取していた場合、SCP-1789の要求を受けた際の摂取者の自律性は取り返しの付かない危険に曝されます。

補遺-1789-A: SCP-1789は2012年██月██日、██州███ ████にある██████ █████氏の住宅から最初に回収されました。地域警察は犬の行方不明報告が異常に増加していることに関して捜査を進めており、█████氏の住宅までその行方を追跡した後に、警察はSCP-1789を発見して█████氏を勾留したものと見られます。財団は北米の警察無線に対する定期監視によって事態を把握しました。関与した全ての警察職員はクラスA記憶処理を施されました。尋問の後に█████氏はクラスA記憶処理を施され、Dクラス職員として財団に雇用されました。

SCP-1789は█████氏の地下室から発見されました。SCP-1789-1の流出速度はおよそ12時間ごとに1リットルと測定されました。地下室全体には複数の飼い犬の死体が散らばっていました(写真と状況報告は文書1789-2bに収録されています)。犬の骨はまず肉切り包丁で切り離され、紐で繋がれた粗雑な環に加工されてSCP-1789を装飾した状態で発見されました。SCP-1789は、屠殺された犬の中で腐敗が最小限のものの上に置かれた状態にありました。

SCP-1789が財団の管理下に収容されてからSCP-1789-1の流出速度は劇的に低下し、SCP-1789の表面は壊死を始めました。█████氏の地下室の死体はいかなる異常特性も示しませんでした。O5評議会は、SCP-1789の環境下に█████氏の地下室から回収された死体や以前に製作された装飾品を再導入しないことを採択しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。