SCP-179
評価: +13+x

アイテム番号: SCP-179

オブジェクトクラス: Safe Thaumiel

特別収容プロトコル: SCP-179は、現在知られている要注意団体(財団を含む)の力の及ばない状態のままでいます。全ての収容行動は、水星軌道内空間(cis-Mercurian space)及びそこを通り抜ける軌道を研究する目的の探査研究任務の阻止または妨害行動に加え、第三等級漏洩の隠蔽に集中する事になっています。

説明: SCP-179は太陽の光球の南極領域から凡そ40,000kmの距離に位置するヒト型実体で、太陽の自転軸上に固定されています。しかしながら、それはその軌道上を動く事はありません。SCP-179に対する最近の記録は、銀河の中心を周回する連続軌道を維持しているらしい事を示しています。

43年にも及ぶ不断の観測の結集として、SCP-179の外観は20代から40代の、未確定の人種民族群の人間女性であると限定されました。その身体表面全体は、くすんだ黒い物体で覆われているか、構成されています。頭髪はこの物質で構成されているように見え、その長さは34km以上であり、絶えず太陽風に押し流されています。しかしながら、SCP-179のこの部位は可変量の太陽光を反射するようです — この現象による反射によって、1940年代に財団の天体物理学者はその存在に気付きました。様々な模様あるいは刺青が身体の正中線の至る所に存在しています。その明るさから判断するに、これらの模様は金色で、且つ金属で組成されていると思われます。

刺青には、中世錬金術において太陽と太陽系の最内側から6つの星を典型的に意味するものと確認された幾つかのシンボルが組み込まれており、以下の順に並んでいます:

  • 対象の額、髪の生え際の右下に金のシンボル。
  • 鼻の下、両唇をぐるりと囲むように水銀のシンボル。
  • 両鎖骨の内側端の間に銅のシンボル。
  • 同年齢同体格の人間女性における心臓の位置と推定される場所に、解剖学的に正確な人間の心臓の形と共に[データ削除済 - 無修正レベルSC4 - 重要な認識災害を検知]
  • 腹部上方に鉄のシンボル。
  • 腹部下方にスズのシンボル。
  • 骨盤のある辺りに最後のシンボルの一部分。この領域の解剖学的構造がはっきりとした観察を難しくしているものの、鉛のシンボルが会陰部内にかけて存在しているとの仮説が立てられています。

SCP-179は殆どの時間自身の腹部側を地球の方へ向けていますが、時折他の方向を見るという事も観測されています。[編集済]

[更なる全ての記録は管理警告ES-026により編集されました]

管理警告 ES-026

公文書警告
SCPArchiveLogo.png
5/179制限

████/██/██現在、SCP-179はThaumielに再分類されました。クリアランスレベル4/179以下の全ての関連職員は、現SCP-179研究主任の指示に従い、彼らの継続監視活動及び隠蔽活動に応じて、この新たな分類に適応するように昇進または異動する事となります。再割り当てを受けた全ての職員は再分類前にSCP-179に対し費やされた労働時間に応じて、POLYMATH-08記憶改訂療法またはクラスD記憶処理(過去10年内で最大限の後退効果をもたらす高純度の服薬量で)の対象となります。

SCP-179の存在は、軌道上誤情報発信型標準諜報妨害活動(Orbital Misinformation Standardized Intelligence Obstruction)と脅威除去作戦(Neutralization campaign)の対象となるでしょう。漏洩プロトコル4(項目4.5, 4.6および4.7)により、SCP-179関連文書の大部分はレベル4(最高機密)に分類されました。SCP-179に関連した更なる記録は何であれレベル5(Thaumiel)に分類され、許可された5/179職員にのみ限り利用可能となります。

通達: SCP-179研究資料に対する無許可のアクセスはタイプ3-B違反(最適包括クリアランス欠如状態での未認可記録の取扱い)と見なされ、即時の異動及び/または降格を伴う強制記憶改訂療法による処罰を受けます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。