SCP-1793
評価: +4+x
fireplace.jpg

自身の家具付きの封じ込め下にあるSCP-1793

アイテム番号: SCP-1793

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1793は、研究セクター-71の小型哺乳類封じ込め房に置かれます。封じ込め房周囲には重量計を設置して下さい。SCP-1793は獣医に承認された、野菜、適切な栄養、医学的サプリメントから成るウサギ用混合餌を給餌される事になっています。

SCP-1793によって作られたオブジェクトは、分析及び保管の為にSCP-1793封じ込め房から取り除いて下さい。オブジェクトは非有害かつ永続的に出現が繰り返される為に、SCP-1793は少数のアイテムを保有する事が許可されています。

説明: SCP-1793は、Oryctolagus cuniculus(アナウサギ)の雄です。本体は凡そ9歳で、その種と同様の老化の兆候を示しています。加えて、SCP-1793は肺動脈弁狭窄(心臓の構造的欠陥)に苛まされています。SCP-1793の潜在的封じ込め失敗を防ぐ為に、獣医の開業医を割り当てました。

SCP-1793は、空間的変則を経由してオブジェクトを出現させることができます。出現プロセスの際に、変則からは断続的にチェレンコフ放射、主として紫-青間の可視光線を発します。この変則は出現させるオブジェクトに比例した重力質量を持ちます。既存する文化的アイテムの複製は即座に現れますが、機械製及び電動装置の場合は凡そ15分、食料は凡そ30分かかります。出現させるアイテムは一般的に機能し、高品質です。SCP-1793は物理的接触無しで近くのオブジェクトを操作する事が出来ます。

封じ込め下に於いて、SCP-1793は一般的に、レクリエーション目的又は美的目的、運動用の装置や絵画類といったようなものを出現させます。給餌が遅れる時には、SCP-1793は食料(一般的に野菜)を出現させます。食料の化学的分析で、これらは植物繊維含有量が野生種より豊富で、栄養価に欠く事が示されました。SCP-1793は、低カロリーの出現させる食料で生存する事は不可能であったと考えられています。

SCP-1793はイギリス,ウィットビーの付近の農家から回収されました。在住の農家及びその家族が、農家保有のショットガンで撃たれ死亡していた事についての調査の後に回収されました。SCP-1793は低出力ラジオビーコンを首輪に着けている所を発見されました。

補遺-1793-1: 1996-02-27、いくつかのSCP-1793と関連した空間的変則が研究セクター-71内外で出現しました。作成されたオブジェクトは、キング・エドワード・ポテト(男爵芋)一ヶ、エドワード・ホッパーによるナイトホークスの絵画の複製82枚、主力戦車FV4034チャレンジャー2(イギリス陸軍の現用主力戦車) 3輛1です。

同事件の間、重量計はSCP-1793の封じ込め房内の空間的変則が凡そ重力質量100, 000 kgを持ったと計測しました。その後47時間、SCP-1793は起きたまま静止して、印字されたざら半紙を生産しました。以下はそれの写しです。

こんらんさせてごめん。集中するのがむつかしいの。書いたりすることもむつかしいの。見てのとおり、ぼくはウサギ。

農家のおっちゃんごめん。家族のための家族を、ぼくはそンときそう思ったの。おっちゃんが、ぼくのかないとこどもを食っちゃうのを見たの……わかってくれるよね。めちゃくちゃになったあと、男の人にあったの。ううん……かれは人じゃなかった。三ツ頭はそれを渡したの。かれは、ぼくの残りの兎生を楽チンに過ごす方法をくれたの、ぼくの弱っちい心臓が参っちゃう前にね。かれは、ぼくに死ぬまでみてくれる管理人さんをみつけてくれるって言ってくれたの。ぼくは犯人がバツを選べるかどうかなんて知らないけどね、話したとおり、ここはぼくみたいなのには一番よい刑務所だよ。もしかれに会ったら、閉じ込めちゃう前に、ぼくがありがとうって言ってたって伝えて。

そうそう、ニンジンありがとうね。かれらは、ちゃんとしたものをくれたことは一度も無かったしね。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。