SCP-1795
評価: +1+x
1795.jpg

SCP-███によって捕捉されたSCP-1795-Dの画像。左上のところで形成されている原始惑星の暗影に注意。

アイテム番号: SCP-1795

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 既知のSCP-1795は全て星間空間の極めて遠く離れた場所に生息しており、いずれも地球を上回る大きさをしています。そのため、現状ではSCP-1795を収容することは不可能です。職員は既知のSCP-1795の全個体の活動を追跡し、その惑星生成サイクルに新たな事態が発生しないかを監視すべきです。NASAやESA、その他深宇宙観測天文台に所属する財団職員は、少なくとも地球から20光年以内には既知のSCP-1795が存在していないことを確認しており、現在は30光年離れた箇所の解析を進めています。財団以外の団体が文書B1795に挙げられた恒星に精密な科学的な調査 (つまりは太陽系外惑星捜索のための調査) を行おうとした場合は即座に抑止してください。これは、この文書に記載された恒星には全て、惑星生成の様々な段階にあるSCP-1795が生息するためです。財団がまだ精査していない若い原始星に対する公的な調査や政府による調査については、宇宙にSCP-1795が存在することを示すデータが得られないかを慎重に監視してください。万一そのようなことが起きたならば、クラスA記憶処理を関係者全員に執行するとともに、財団は分析のために記録済みのデータを没収し、公的な記録からそのデータを抹消することになります。

SCP-1795の分布密度は銀河系中で様々に異なっていることが判明しています。地球周辺ではSCP-1795の分布はまばらです。1000光年以内にSCP-1795が生息する恒星は1,000,000あるうちの1つしかありません。球状星団や星雲のように恒星の生成が高程度の区域ではSCP-1795の分布密度は高いときで1000あるうちの1つという割合となっていることがありえます。SCP-1795は銀河系全体で合計10億から550億以上存在すると推定されています。

説明: SCP-1795は地球からは非常に遠い場所に存在するため、現在の望遠鏡の技術では直接に観察することは不可能です。しかし、SCP-███を使用することで、比較的精密に遠くから観察することが可能となっています。また、SCP-███の潜在的な時間的作用を利用することにより、過去1500万年間のSCP-1795の状態を前もって観察することが可能になっています。SCP-1795は回転楕円状の実体であり、その外見は人間の心臓に少し似ています。「上方」の端と中空の内部を囲うようにして、大きな節状の開口部が3つ存在します。外見上、何らかの形態の生体物質で構成されているように見えますが、詳細に調査を進めた結果、SCP-1795の肉体は既知の生体物質の形態とは関連性がなく、その構造には少なくとも一部は人工物が含まれているらしいことが判明しています。財団の把握している範囲では、SCP-1795は最大の生命体であり、その幅はしばしば50,000kmを超えます。

SCP-1795に知性があるどうかは不明です。後で概要を説明しますが、SCP-1795は非常に複雑な行動をとることが可能です。しかし、SCP-1795はそのような行動を意識して行っているのか、自身の行動を統制しているのか、または自ら制御しているのか、それとも、動物的な本能に従って活動しているのにすぎないのかといったことは分かっていません。SCP-1795が何らかの形で科学技術を利用したという事例は観測されていません。また、SCP-1795の動く速さは現代のロケットの技術によって達成可能な速度をかろうじて超えているという程度であり、そのため、星間空間を通過するのに必然的に数百万年もの時間がかかることになります。数十億年という時間がかからないかどうかはSCP-1795の目的地次第です。SCP-1795は不死ではないと想定すると、SCP-1795の寿命はきっとこの星間の移動に費やす時間と同じくらいになるでしょう。注目すべきことに、財団の████は███████年に渡ってSCP-1795を研究してきましたが、その間に死亡したSCP-1795は今までに一度も観測されておらず、死亡せずとも損壊したという個体も知られていません。また、生殖や自己複製を行ったり、他のSCP-1795と接触したりした個体も観測されていません。

SCP-1795は2つのキーとなる異常な特性を示しており、この2つの特性はSCP-1795にのみ知られる生来の行動の形態に不可欠です。第一の異常特性はSCP-1795は必ず若い原始星を捜し出すとその原始星の軌道に向かって移動しようとすることです。しかし、全てのSCP-1795は星間空間を移動するのに数十億年という時間を要するため、SCP-1795が原始星の方向への移動を開始したのは、その原始星の存在するときよりも数百万年前のことだったということに違いありません。7つのSCP-1795の個体が「休止状態」である (つまりは現在動いていない状態にある) ことについては、これらのSCP-1795は単に標的の恒星の形成を待っているだけであるという説明が挙げられています。

第二の特性は第一の特性よりも遥かに簡単に観察可能であり、より一層深く理解が進んでいます。SCP-1795は若い原始星のもとに到着するとすぐに原始星のもとにある生物の生息可能な帯域、つまりは「ゴルディロックス」ゾーンの中の安定軌道に移動します。ゴルディロックス・ゾーンとは、地球上で理解されているものと同様の生物にとって温度が適切な場所のことです。SCP-1795は移動を終えると惑星の生成を開始します。SCP-1795が惑星を生成する方法については理解が十分に進んでいません。しかし、この方法は8つの「段階」から成る、ある明確に定められた型式通りのものになります。この8つの段階については後で概要を説明します。SCP-1795が生成した惑星は全て、岩石からなるものと観測されており、大きさは地球と同様で、これらの惑星は呼吸のできる大気や磁気的に活性なコア、十分に形成された衛星を有しており、常に生命の存在に大きな助けとなる環境になっています。SCP-███はそのような現象を探し出して研究するために広範囲に渡って使用されています。また、財団が認知している5億以上のSCP-1795の個体の目録によって、SCP-1795の惑星生成サイクルの全側面が目の当たりにされ、大いに研究されています。

SCP-1795の生成した惑星は全て、生命の存在に大きな助けになる環境になっており、明らかに知的生物が住み着くか運用することを意図している巨大建造物を有しますが (詳細は文書A1795を参照) 、今までにSCP-1795が構築した既知の惑星で生命が発生したことはありません。また、何らかの生命体がSCP-1795が残した構造物に住み着いたり運用したりするようなことは現在までに観測されていません。財団は生物がいつか惑星に来訪するようなことは疑わしいと考えています。SCP-1795-██の事例がその根拠となっています。この事例では、SCP-1795が立ち去ってから数十年の間に建築物は徐々に破損や崩壊に至ると見られています。

SCP-1795が創世を完了した様子が目撃されたのは██年3月22日のことでした。SCP-1795-██████が自身の肉体の上端にある大きな円形の開口部を広げ、生成した惑星をそこから直接に動かしてSCP-1795の軌道に配置する模様が観察されました。SCP-1795-█は即座に████████の領域にある地点に向かって移動し始めました。SCP-1795は中空の内部の気体を排出することで推進を実現するようであり、SCP-1795はゆっくりと気体を吹き出すにつれて、移動する過程に渡って徐々に細長い形になっていきます。

SCP-1795がなぜこれらの惑星を生成するのか、いかなる目的でそのような働きをするのかといったことについては分かっていません。SCP-1795は共有された計画や設計に従っているのか、それとも自主的にそのような行動をとっているのかといったことははっきりしていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。