SCP-1803
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-1803

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1803はセクター-23にある10m(h)×25m(d)×15m(h)の大きさの厳重な物品収容室の天井から鋼のケーブルで吊るします。SCP-1803は収容エリアの床、壁、天井の接触面から最低1mの距離を保ちます。SCP-1803を吊るすケーブルは直径15mm以下でアンカーポイントから0.5m以上離さなければなりません。SCP-1803-1はレベル4クリアランスの保安員によって内容の変化を絶えず監視することになっています。内容の変化は文書として記録し、評価のために財団情報分析部門に送ります。実験は情報分析部門の許可を得なければなりません。

SCP-1803の10km圏内でのSCPの破棄は決して実施しないでください。

説明: SCP-1803は当初ドイツ連邦共和国██████の[編集済]にあった住居用建物の区画です。SCP-1803の大部分は長さ18m、高さ12mの石垣の外壁で、下部3mは元々地下にあった基礎に埋まっています。壁の内面には元の建物の3階部の床の一部と内壁、扉、窓、それと完全に半分になった1槽の浴槽が付いています。壁のほぼ中央には10m×5mの工房があり、唯一内壁が存在しません。部屋の内部には静止した人影1が部屋の1枚の窓に向かって姿をとっています。

人影を含むSCP-1803はSCP-1803-1に完全に覆われています。SCP-1803-1は複数のコラージュで、新聞と雑誌の切り抜き、写真、様々な文書の文字、キャンバスの絵、グラフィティ、玩具、ポスター、彫刻の部位、[編集済]、そして無数のその他"発見"した物体で出来ています。(参照:文書CI-1803-A、内容調査SCP-1803-1。)SCP-1803-1の表面の殆どは断続的な修正が行われ、内容の古い要素は新しい部材と入れ替わります。新しい部材は隣り合う部材の下から"成長"し、古い要素が完全に覆われるまで古い要素に覆い重なります。このような修正方法と財団保護以降SCP-1803-1の表面部の80%で███回の完全な入れ替わりが確認されているにも関わらず、SCP-1803-1の検査でSCP-1803-1には█枚以上の層のある部分が無いことが示されました。SCP-1803-1の表面部の約20%はこの修正が行われておらず、SCP-1803が収容されて以降、3つの部屋からなるSCP-1803の中央の部屋はそのままです。(参照:文書CI-1803-B、SCP-1803-1の構成要素。)

detail.jpg

収容以来そのままの状態を保っているSCP-1803-1の部分の詳細。対象は193█年頃に記録した物です。

直接SCP-1803-1に触れた際に同化した部材を除き、SCP-1803-1で確認された内容は同化する前に処分または破壊された要素で出来ています。追跡可能な約██%の部材がSCP-1803-1の10km圏内で同化の12ヶ月以内に破壊または処分された物であると確認されましたが、それ以外の起源に関する時間的または地理的な限界は不明です。SCP-1803-1は芸術作品、写真、検閲された文学に対して著しい偏りを示し、常に表面部の45%から65%を占めています。それ以外の多くはSCP-1803-1の内容の解説で説明された方法で不規則に破棄された物体を散りばめています2。SCP-1803-1の約█%は財団も含む、様々な組織からの機密または秘密の文書で出来ています。現在までにSCP-1803-1は█つの異なる国際諜報機関、██社の異なる会社、██団体のNGO、█つの要注意組織の報告書とメモ書きを同化しています。

部材がSCP-1803-1の400mm2以上.25m2以内の大きさの結合している横断面と15秒以上接触すると、SCP-1803-1から2種類の内どちらかの反応が示されます:

  • 大きな建物の要素(壁、床、天井、支柱、石造り、直径20mm以上の導管、家具、機器、重機等)では、SCP-1803-1は自身をその部材に付着させ、その上で成長を初めて、最終的にはSCP-1803の結合している大部分と同化させます。3
  • 他の要素ではSCP-1803-1は接触した際に引き込みます。この過程の間に部材を取り戻す試みは成功しませんでした。最善でも、この試みはSCP-1803-1と接触した部分の力学的破損と同化しない部分の維持に終わりました。24時間以内に、この物体はSCP-1803-1の構成の一部として再び現れ、通常は幾何学的模様の一部として表れます。4
補遺1:
補遺2:
補遺3:
補遺4:
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。