SCP-1824-JP
rating: +83+x
blank.png
wani.jpg

発見時のSCP-1824-JP

アイテム番号: SCP-1824-JP

オブジェクトクラス: Safe Neutralized (暫定)

特別収容プロトコル: SCP-1824-JPは暫定的にNeutralizedに指定され、現在はサイト-8197の標準収容室に保管されています。

説明: SCP-1824-JPは株式会社ナムコ(現: 株式会社バンダイナムコアミューズメント)より発売された「ワニワニパニック」の筐体です。製造番号から、1991年に生産された筐体であることが判明しています。ただし、SCP-1824-JPは通常の「ワニワニパニック」の筐体と比べてワニのデザインに差異が見られます。オブジェクトの最も左に配置されている"サングラスを掛けたワニ"は破損しており、叩いても反応しないことがあります。SCP-1824-JPは電源が接続されていないにもかかわらず常に稼働しており、この原因は判明していません。SCP-1824-JPの側面には鋭利な刃物で擦ったような傷が多く付いています。

SCP-1824-JPを20歳以上の人物がプレイした場合(以下、オブジェクトをプレイした人物を"プレイヤー"と表記)、ゲーム後半で「もう怒ったぞ!」という音声が流れた後、すぐさま筐体の電源が落ちます。その後10分以内に、プレイヤーの近くに存在する物品同士の隙間やマンホール等の穴から全長約3.2mのアメリカワニ(学名: Crocodylus acutus)に酷似した実体が5体出現します1。これらの実体は総じてSCP-1824-JP-Aに指定されています。

SCP-1824-JP-Aはプレイヤーのみを狙って噛みつこうとし、それ以外の人物からの物理的接触は全て透過します。SCP-1824-JP-Aの噛みつきはオブジェクトの頭部を何らかの方法で殴打することで防ぐことができます。殴打に失敗した場合、SCP-1824-JP-Aはプレイヤーの身体の一部に噛みつき、自身の体を素早く捻ることで噛み付いた部位を噛み千切った後出現箇所へ戻り消失します。この時点でSCP-1824-JPの電源が再び入り、新たにプレイが可能となります。

Neutralized指定に至るまでの過程は補遺1824-JP.2を参照してください。

発見: SCP-1824-JPは2015/11/15、北海道洞爺湖町のホテル██████のゲームコーナーで発見されました。当時SCP-1824-JPをプレイし、ゲーム後半で筐体が動かなくなったことを報告していた石川██氏が、宿泊していた室内において出現したSCP-1824-JP-Aに右腕を噛み千切られたことを通報し、財団の調査の結果SCP-1824-JPの収容に至りました。この事案以前にSCP-1824-JPによるものと思われる異常事案の報告はなかったため、オブジェクトはこの時点から異常性を発揮し始めたものと推測されています。SCP-1824-JP-Aを目撃した石川氏の家族とホテルの従業員はインタビューの後記憶処理を施し、カバーストーリー「エレベーターの故障による右腕の圧断事故」を流布しました。

補遺1824-JP.1 インタビュー記録

補遺1824-JP.2: 実験記録抜粋

補遺1824-JP.3: 回収された文書

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。