SCP-183-JP
評価: +41+x

アイテム番号: SCP-183-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-183-JPは3m*3m*15mのコンテナに収納した上で、サイト-8181の大型アイテム格納庫B5に安置されています。一般的な大型物品取扱手順-08に則った運用を行ってください。SCP-183-JP-1の出現が確認された場合、レベル1以上の保安職員による可及的速やかな回収とサンプル採取、処理が必要となります(参照:ドキュメント183-JP-Q2)。

説明: SCP-183-JPは日本人彫刻家の███ ████によって19██年に製作された、高さ11.5mの金属製彫刻1です。███県██市に存在する国立公園にモニュメントとして██年間設置されていましたが、1999年頃から異常な性質に関する複数の情報が突如寄せられるようになった為、数名の財団エージェントにより回収されました。非破壊の実験と調査の結果、オブジェクトを構成する材料・物質、地理/歴史/ミーム学的背景には一切の特筆すべき要素が存在しないことが判明しています。

15~40日の周期で、オブジェクトの先端部分に単数又は複数のSCP-183-JP-1個体が突発的に出現します。SCP-183-JP-1は全長1.3mから3m前後の巨大な昆虫の総称であり、その全てが肉体にSCP-183-JPが貫通し死亡しています。解剖の結果、SCP-183-JP-1の各個体は現実に存在する様々な昆虫類と同様の組成であり、身体はSCP-183-JP以外の原因が存在する切創や裂創、火傷などの激しい外傷を負っています。また、全てのSCP-183-JP-1の身体には横10cm、縦25cmの青銅製のプレートが取り付けられており、“不敬罪”、“侮辱罪”、或いは“反逆罪”を意味するサンスクリット語がラテン文字表記で乱雑に彫り込まれています。これが何を意味するものであるか、或いはオブジェクトの異常性質に直接関係のある要素か否かは分かっていません。

SCP-183-JP-1の出現例として、以下のものが挙げられます2

  • 全長147cmのオスのダイコクコガネ(Copris ochus)。胸部がSCP-183-JPによって貫通。全ての脚がもぎ取られ、全身に引っ掻き傷が見られる。
  • 全長206cmのメスのトビズムカデ(Scolopendra subspinipes mutilans)。遺体の中心部をSCP-183-JPが斜めに貫通。生前は倍以上の長さがあったと思われるが、何らかの手段で切断されており、頭部を含めた上体が存在しない。奇妙なことに切断面の腐敗は一切見られなかった。
  • 全長191cmのオスのコーカサスオオカブト(Caucasus beetle)。肛門から口にかけてSCP-183-JPが貫通している。3本全ての角が中途で破壊されており、両前翅に激しい火傷痕。
  • 全長162cmのメスのシロスジカミキリ(Batocera lineolata)。身体は不自然に折り曲げられ、頭部と腹部にSCP-183-JPが貫通。触覚の切除。激しい殴打と未知の物質の塗布によって下腹部分に著しい損傷が見られる。また、卵管が[編集済]。

生物学上、昆虫のような外骨格を持つ生物は自重による行動の制約をうける為、通常の環境での過度な巨大化は行えないとされていますが、SCP-183-JP-1がどのような方法で生命活動を行っていたのかについては未解明のままです。また、対象には総じて重度の腐敗と、それに起因する多量の腐敗ガスの蓄積が確認されており、詳細な研究を行うことが出来ない要因の一つとなっています。

補遺1: 200█/██/██、SCP-183-JP-1の出現が以前より増加傾向にあるとの報告が保安職員より為されました。研究チームによる統計の結果、200█年のSCP-183-JP-1発生件数が例年の3倍まで増えつつあることが判明しました。この原因は不明であるものの、対象の早期発見のためにオブジェクト周辺の巡回強化が必要となります。

補遺2: 補遺1の案件から4ヶ月後、████体目のSCP-183-JP-1が発見されました。対象は全長159cmのオスのゲンロクニクバエ(Parasarcophaga albiceps)でしたが、遺体は他のSCP-183-JP-1と比較してもなお著しく損傷しており、両眼と前翅は完全に破壊され、脚は一本を残すのみとなっていました。[編集済]と推測されます。胸部に取り付けられたプレートには以下の文言がサンスクリット語で表記されていました。

民を惑わし国を貶めた、最も唾棄すべきの王。

対象は通常通りに処理されましたが、その後のSCP-183-JP-1の出現は2014年現在まで報告されていません。Neutralizedへの再分類は検討中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。