SCP-1833
評価: +1+x
1833.jpg

SCP-1833のフロントカバー

アイテム番号: SCP-1833

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1833はサイト77のSafe SCP棟の標準封じ込めロッカーに保管されることになっています。クラスD以外の人員はSCP-1833を取り扱うことを認められていません。

説明: SCP-1833は███████高校年鑑の1976年版のコピーです。その外観は他のコピーとほぼ一致しており、同年代のものと同程度の摩耗が見られます。年鑑は"76年の回想"と題されています。ハードカバー製で、丁度50ページです。本は5つのセクションからなります:学生写真、年度中の写真、クラブ写真、競技大会の写真、肉筆欄。

SCP-1833を高校卒業済みの人が読んだとき、奇妙な効果が現れます。SCP-1833を読んだ人(以下"対象"と称します)は、高校在学中に社会的に結びついた人から残されているメッセージが含まれている、彼ら自身の高校年鑑だと認めます。最初に、写真やメッセージによってポジティブな気分になります。欄外に書かれた励ましのメッセージやイベントへの言及も、対象にポジティブな気分を呼び起こします。

しかしながら、およそ10ページも読むうちに、メッセージはネガティブな調子を見せ始めます。初めに、対象が当惑や後悔を覚える高校在学中の出来事について、詳らかに述べていきます。次第に対象が高校卒業後に体験した出来事にも言及し始め、対象への個人攻撃にまで及びます。加えて、本の中の写真もネガティブなものになり、しばしば写真内の顔がひどく醜く変形していきます。

その後、不定ながらも20-30ページほど読まれた後、対象の写真が現れ始めます。初めの写真は、対象が高校在学中に起こった決まりが悪い出来事を見せてきます。しかしながら、対象が本を読み進めていくと写真はより不穏なものになっていきます。対象が犯罪を犯したり、対象が手足を切断されたり、そしてSCP-1833の中で最も報告が多いのが対象が他者から傷害を受けるというものです。

SCP-1833の中で描かれたイメージの例
03ページ SCP-1833の最初のコンテンツです。数人の学生(対象を含む)が年間のスナップ写真という形で描かれます。写真の中の人たちは微笑んでいて、魅力的な学生たちのグループと対象が交流しているさまが描かれます。
10ページ クラスの中で対象が何かプレゼンテーションしているさまが描かれます。テーマは対象毎に異なりますが、聞いている生徒たちは皆興味を引かれているようです。
16ページ 最初のネガティブな描写です。対象が何人かの生徒たちの上にランチトレーを溢してしまうシーンが現れます。
20ページ 対象はゴールキーパーのユニフォームを着ており、相手チームにゴールを奪われる様が描かれます。背後にマーチングバンドが見えます。
29ページ 最初の暴力的な描写です。対象は保健室にいて、顔と首にいくつかの擦り傷があるように見えます。
36ページ 対象が音楽クラブの写真に現れます;しかしクラブの他のメンバーは向こう側に集まっており、対象を嘲り笑って軽蔑の目を向けているように見えます。
39ページ 対象が寝室で眠っており、年鑑に現れた人々がそれを取り囲んでいます。これらの人は顔の造形を酷く損傷しており、SCP-1833の閲覧者を直視しています。
背面 手書きのメッセージで"私達は最高の一年を過ごしました!同窓会が待ち遠しいなんて言わないで、私たちはすぐに会えるって信じてる!親愛なる友人たちに、多大なる愛を"
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。