SCP-1840-JP
rating: +29+x
blank.png
SCP-1840-JP-1.png

SCP-1840-JP-1

アイテム番号: SCP-1840-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 財団フロント企業が入居している3ヶ所の高層ビルより、それぞれ最低3名の職員によってSCP-1840-JPの発生の有無を目視により確認してください。もしSCP-1840-JP-1が確認された場合、直ちにその半径10km以内の航空機に連絡し、航空規制と称してSCP-1840-JP-1から半径1km以内の飛行を制限してください。

また、職員がSCP-1840-JP-2を視認した場合、クラスC記憶処理を施し、SCP-1840-JP以外の任務に当たらせてください。SCP-1840-JP-1の詳細な観測には原則としてDクラス職員を利用します。

説明: SCP-1840-JPは東京都█████地区を半径1km以上離れた位置から観測した際に、実在しない高層ビルが観察される異常現象です。この非実在ビルはSCP-1840-JP-1と定義されます。現在、1ヶ月に約2回の頻度でSCP-1840-JPの発生が確認されています。

SCP-1840-JP-1の出現位置、デザイン、階数に統一性はなく、一見通常の高層オフィスビルのように見えます。しかし、周囲の高層ビルと█████地区の地図から位置を推定すると、観測された全てのSCP-1840-JP-1において地理的に存在が不可能な位置に発生していることが判明しています1

またSCP-1840-JP発生時、特殊光学望遠鏡を用いてSCP-1840-JP-1の内部を観察すると、推定███人のスーツを着用した二十代から五十代までとみられる男女を確認することができます。これらの人型実体はSCP-1840-JP-2と定義されます。SCP-1840-JP-2群はSCP-1840-JP-1内部において事務作業を行っていますが、こちらが3分以上観察を行うとSCP-1840-JP-2群は事務作業を中止し、観察者を凝視します2

実体の把握のため、これまでにSCP-1840-JP-1の基部の特定を行う調査を行いましたが、どの調査も失敗に終わっています。

調査記録1840-JP-1 - 201█/03/16
対象: SCP-1840-JP-1

調査員: 遠藤研究員、近藤研究員

調査方法: █████地区から1.5km離れた位置より遠藤研究員がSCP-1840-JP-1を確認した後に、近藤研究員に対して携帯電話で連絡を行い、SCP-1840-JP-1が存在すると考えられる周辺を捜索させる。

結果: 遠藤研究員からはSCP-1840-JP-1が確認できているにもかかわらず、近藤研究員はSCP-1840-JP-1の存在を確認できなかった。また近藤研究員の報告ののち、遠藤研究員がSCP-1840-JP-1から一度視線を外したところ、SCP-1840-JP-1が消失した。

調査記録1840-JP-2 - 201█/05/14
対象: SCP-1840-JP-1

調査員: 遠藤研究員

調査方法: █████地区から1.2km離れた位置から遠藤研究員がSCP-1840-JP-1を確認した後に、遠藤研究員自身がSCP-1840-JP-1を目視しながらSCP-1840-JP-1の基部まで陸路で接近する。この際に瞬きによるSCP-1840-JP-1の消失を防ぐために、視線と同軸となるカメラをヘルメットに取り付け、遠藤研究員に被せる。

結果: 陸路ではどのような経路を辿ってもSCP-1840-JP-1が他の高層ビルなどの遮蔽物に重なってしまうことが判明した。SCP-1840-JP-1の存在する区域から半径1km以内において、遮蔽物によってSCP-1840-JP-1が完全に隠れたところで、SCP-1840-JP-1が消失することが確認された。また、カメラの映像を確認したところSCP-1840-JP-1から半径1kmに入った時点でノイズが入りSCP-1840-JP-1が消失していることが分かった。そのため、撮影機器を用いたSCP-1840-JP-1の基部調査は不可能であることが判明した。

調査記録1840-JP-3 - 201█/09/03
対象: SCP-1840-JP-1

調査員: 遠藤研究員、ヘリコプターパイロットとその補佐

調査方法: █████地区から2.5km離れた位置より遠藤研究員がSCP-1840-JP-1を確認した後に、ヘリコプターに搭乗し、SCP-1840-JP-1が他の高層ビルに隠れない経路を辿りながら接近する。そのときにSCP-1840-JP-1の消失を防ぐため遠藤調査員は交互に瞬きを行う訓練を受けた。

結果: SCP-1840-JP-1から半径1kmの地点に侵入するまで異常は見られなかった。しかし、半径500m付近において、遠藤研究員からSCP-1840-JP-1内のSCP-1840-JP-2のほとんどがこちらを見ているとの報告があった。また、SCP-1840-JP-1の基部は手前のビルに隠れており、さらに接近しなければ確認できないことが判明した。さらに接近を試みたところ、SCP-1840-JP-1より半径250mの地点で遠藤研究員との連絡が途絶えた。ヘリコプターはSCP-1840-JP-1の背後に隠れた時点で消失した。

調査記録1840-JP-4 - 201█/11/26
対象: SCP-1840-JP-1

調査員: D-392876 (ヘリコプター操縦経験 有)

調査方法: █████地区から2.5km離れた位置よりD-392876がSCP-1840-JP-1を確認した後に、一人乗りヘリコプター(特定の信号により外部から破壊可能)に搭乗し、SCP-1840-JP-1の500mまで接近し帰還する。

結果: 帰還後、D-392876はSCP-1840-JP-1の基部は手前のビルに隠れており確認できなかったこと、またSCP-1840-JP-1を観察しているとき、終始SCP-1840-JP-2がこちらを見ていたことを報告した。調査終了後、D-392876にはクラスC記憶処理が施された。D-392876は3週間後に消失した。

事案記録-1840-JP: 基部調査1840-JP-3終了後、小規模な財団職員の消失する事案が発生しました。この事案によって、3日間のうちに調査に参加した観測部隊の隊員14名中、斎藤隊員を除く13名が消失しました3。また、斎藤隊員につきましても異常な行動が確認されており、伏見博士による斎藤隊員に対するインタビューが行われています。内容は下記のログを参照ください。

インタビューの結果より、SCP-1840-JP-1の詳細な観察にはDクラス職員を利用し、SCP-1840-JP-2群と目が合った職員にはクラスC記憶処理を施すことが管理委員会によって201█/09/18に決定しました。記憶処理により、初期の症状であれば回復することが現在までに確認されています。また、中期以降であっても症状進行の遅延が期待されます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。