SCP-185-KO
評価: +8+x

[20██年██月█日に一部改訂されました]

アイテム番号: SCP-185-KO

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容収容プロトコル: いかなる職員も、本文書と一体化したSCP-185-KOにアクセスしてはいけません。SCP-185-KOは財団のデータベースでのみその危険性を示すため、特別な収容は必要ありません。さらにSCP-185-KOの追加実験はすべて禁止されます。

説明: SCP-185-KOは「ウェブビジュアルノベル」の「黄昏の世界」というタイトルのウェブゲームでしたが、██回目の実験中に財団のデータベースのSCP-185-KOについて述べた文書(この文書)に未知の方法で一体化しました。対象を文書から削除しようとする試みはいくつかの理由ですべて失敗しましたが、改正で対象を隠すことに成功しました。SCP-185-KOの作成者については、「プラグソフト」というニックネームが付いていること以外は不明であり、追跡も不可能でした。これにより、SCP-975-KOとの関連性が疑われています。

SCP-185-KOの内容は、別世界の廊下で目覚めるところからスタートし、その世界から脱出することを目指すというものです。脱出の間にプレイヤーは部屋で手がかりを調べる必要があり、「怪物」と呼ばれるモンスターが存在します。この「怪物」は、口や目、鼻がない一般的な男性の姿で斧を振り上げながらプレーヤーを追跡すると描写されています。このモンスターに捕獲されるとゲーム終了時、プレイヤーはモンスターに攻撃されたと描写され、身体に傷を負います。この傷は非常に致命的であり、ゲームオーバーになったプレイヤーは即死します。しかし、この後に即死したプレイヤーの痕跡がゲームのメッセージなどによって表示され、自分たちがゲームの中に意識が「吸い込まれて」おり、その場所に閉じ込められているという内容で描写されます。

SCP-185-KOの最終目標を達成、つまり脱出が成功すればホームページは自動的に終了します。その後、特に異常な現象は観測されません。ゲームの結末で世界の正体が明らかになり、主人公の名前が明らかになります。

しかし、SCP-185-KOがデータベースと一体化した後に「SCP-185-KO」というタイトルに変わりました(以前は「黄昏の世界」でした)。研究者はSCP-185-KOは環境への適応能力があるプログラムだと推測しています。また、SCP-185-KOはゲームをプレイした人数が増えると、定期的にメッセージや場所などの内容を変化させました。結末は、SCP-185-KO内の「世界」の正体が明らかになるという点は同じですが、最後に主人公の名前がゲームをプレイした人達の名前で表示されました。

20██年██月█日より後の実験では、被験者がSCP-185-KOをプレイしている時にタイトル画面が突然歪むという現象が発生しました。この後、被験者は「ゲームブレイク」と叫んで痙攣し、ゲーム内の「怪物」の姿に変化しました。モンスターは、優れた身体能力を見せ、これにより実験の関係者10人全員が死亡し、鎮圧のために機動部隊が出動しました。モンスターを攻撃すると、すぐに焼失しました。以来、[データ削除済]の事件とその後に起こった惨事により、SCP-185-KOへのすべてのアクセスは禁止されました。

閲覧制限

以下のページは、20██年██月█日に閲覧が制限されました。いかなる職員も以下のページにアクセスしてはいけません。本ページに強制的にアクセスしようとする職員には機動部隊が派遣されます。














特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。