SCP-1859
評価: 0+x
fauna.jpg

ホワイト・ゾーン内で発見された土着の動物相。絶滅する前のもの。

アイテム番号: SCP-1859

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1859を研究する現在の目的は内部に収容された固有の生命体の目録を作ることと、固有の生命体が周囲の生態系へ脱走するのを防ぐことです。この目的のために、既知のアクセスポイントは全て、封鎖するか、閉回路テレビによって絶えず監視するかのどちらかの処置をすることになっています (閉回路テレビは機能不全の部品がないか毎週整備してください) 。引き続きアクセスポイントを探すために周囲の空洞の壁面の探査が行われており、新たにトンネルが発見された場合は、永久封鎖を行う前に徹底的に調査を行い地図を作成してください。これは固有の動物相の侵入が発生しないことを確実のものにするためです。

SCP-1859は中心を同じくする3つの地域に分かれ、それぞれグリーン・ゾーン (現象の中心から██kmまでの距離の空間からなる場所) 、レッド・ゾーン (中心より██kmから███kmまで) 、ホワイト・ゾーン (中心より███kmから███kmまで) という名称が与えられています。監視ステーション-██がホワイト・ゾーンの外縁にある第一立入坑の基部に設置されています。

ホワイト・ゾーンに立ち入る職員は完全有害物質防護服を装着し、放射線モニターを所持することになっており、また、曝露は30分以下に制限されています。この規則の例外はDクラス職員が探査の目的でレッド・ゾーンやグリーン・ゾーンに立ち入る場合です。

レッド・ゾーン内は電離放射線の放射量が高いため、レッド・ゾーン内の探査は5時間以内 (主観時間) に制限されています。D-クラスを除く職員はレッド・ゾーンへ立ち入ったりその先に行ったりしてはなりません。探査の間は規則順守を確実のものとするため、Dクラス職員には、症状が致命的になる前に5時間潜伏する病原体に自身が曝露しており、任務が完了するとすぐに解毒剤が手に入ると伝えています。この目的のために、探査に割り当てられたDクラス職員は最初に放射線障害の症状に気がつくことを示唆する経歴がないか調べなければなりません。

電子部品はレッド・ゾーンで生じる放射線によってたやすく損傷するため、特殊機械動力車両 (現地の職員はジップ・レーサーという愛称で呼称する) の部隊を探査の行き帰りでの急速な運送のために保持しています。

SCP-1859の主要な異常の影響のため、監視ステーション-██にはクロノメーターを3個独立して設置しなければなりません。クロノメーターAは監視ステーション-██での主観時間の詳細を示します。クロノメーターBはSCP-1859の異常特性の計測に基づいて計算された外部時間の詳細を示します。クロノメーターCは第一立入坑の上面のところの地表部に設置しています。クロノメーターCの情報は直接に監視ステーション-██に送られます。クロノメーターBとクロノメーターCの表示の不一致に即座に注意する必要があります。

説明: SCP-1859は時間的異常に閉じ込められた急速に成長している生態系であり、ある空洞の中に存在し、その広さは直径███kmです。この空洞はおよそ地下█kmのところにある[削除済み]に存在し、放射線量が比較的に高いことから初めは天然の核分裂原子炉だったと思われていました。どのようにしてこの空洞はその大きさにもかかわらず安定した状態を保つことが可能になっているのか、どうしてこの空洞は周囲のマントルよりも低温なのかといったことは現在は分かっていません。しかし、このことはいくつかの点で時間的異常と関係しているという仮説が立てられています。

初期のSCP-1859の観測では信じられないほどに強力な電離放射線が異常に高レベルであることと、空洞の中央から離れるにつれて放射線の波長と放射量が減少することが判明しました。研究者たちがSCP-1859の中央を調べたところ、その場所は見たところ信じられないほどにかすみ、歪んでいるように観測しました。この観測された事象はどちらも前述の時間的異常が関係しているとすぐに判明しました。空洞の中央に近付くにつれて、時間は異なる割合で流れるように観測されます。この時間的異常は中央から離れた観測者はより中央の方にいる観測者よりも外部時間がより速く進んでいるように見えるというものです。

時間と中央からの距離との関係は、異常部に入り込んだ放射線がそれによって赤方遷移するというようなものです。放射線がその中で物体から反射されると、放射線は周波数がいっそう低い波になるように散乱されます。同様に、異常の中心部で生じた放射線はそのエネルギーがいくら低くても青方遷移します。その程度は外から観察すると最終的には高エネルギーの電離放射線であるように見えるほどです。実際の放射線源は不明ですが、計算によれば、中央では光子の周波数は空洞自体の電磁放射の第一共振周波数と一致しています ([編集済み]の割合でおよそ███Hz) 。光子生成の割合は非常に低いのにもかかわらず、時間の圧縮によって電離放射線は最終的にある距離で致死的な放射線量に至ります。

最奥のグリーン・ゾーン (初期はブラック・ゾーンと呼ばれていた) は、放射線の放射量と周波数が理論上生物が耐えられる程度となっている場所です。レッド・ゾーンは放射線が青方遷移して潜在的に危険な周波数になり、放射量は被曝すると確実に死に至るほどに高くなっている場所です。最も外側のホワイト・ゾーンの放射線はより強力になっていますが、非常に散乱しているために被曝量を制限している限りは放射線障害を治療することができます。

最初に発見されたとき、探査E-1859-1とE-1859-2で確かめたところでは、SCP-1859全体は電離放射線の影響により無菌の状態でした。ブラック・ゾーン内から得られた試料によって単純な有機化合物が分厚く堆積していることが確かめられました。探査E-1859-3の後、その際はD-2388が戻ってこなかったのですが、空洞内の酸素レベルの突然の減少が観測され、その後に再び安定化しました。E-1859-6からE-1859-8では空洞の底に粘液の被覆があるのを発見しました。粘液は時がたつにつれて量を増していきました。この粘液は、後の観測で見られた他の生命体とともに、回収された試料からD-2388の腸内細菌叢に由来すると確認されています。

E-1859-8の後、放射量の下降が注目され、後の探査により、この現象は空洞の共振放射線をエネルギー源として利用する光合成生物の出現に関係していると確認されました。加えて、原始的な動物のような生命体が観測されました。

████年██月██日、監視ステーション-██からの観測によりグリーン・ゾーンに固有の動物相がホワイト・ゾーン内部で活動している兆候が見られました。多数はレッド・ゾーンを通り抜けた後に長期間生存することがなかったのにもかかわらず、固有の動物相の往復移動がそれ以来頻度を増していき、こうして現在の特別収容プロトコルの策定に至りました。

補遺1859-1: 探査E-1859-██ではグリーン・ゾーン内で原始的な道具が使用された証拠が発見されました。道具を作成した生命体とは依然として直接には遭遇していませんが、このことは知性ある存在がこの生態系内で発達している可能性を示唆します。新たな探査では次の日程中に発生している文明の更なる兆候の探索を予定しています。

補遺1859-2: 探査E-1859-██から██の結果は新たに発見された道具の設計にほとんど変化が見られないことを示しています。このことはこれらの道具を作成する生物の個体数はこの生物の発展の点では停滞していることを示唆します。この道具を作った生物の探索が続いています。

補遺1859-3: 探査E-1859-██の結果によると、補遺1859-1・1859-2で詳説した原始的な道具は捕食性の植物によるものであるようです。道具と思われた石はその植物が純粋に本能の命じる一連の手順によって形成したものです。これは誤報ではありましたが、万一SCP-1859内部で知性のある生命体が進化したときは、ガイドラインを整備することを強く推奨します。

リクエストが監督司令部に評価のために送信されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。