SCP-1861
評価: +6+x
scp-1861-a.png

小さな人造湖の水面に現れたSCP-1861-Aの古い写真

アイテム番号: SCP-1861

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル:SCP-1861の発生が確認できた場合、最も近い財団詰所の機動部隊エージェントは影響を受けたエリアへの通行止め処理により一般市民とSCP-1861-B個体との接触を防いでください。SCP-1861-Aの位置特定および一般市民からの隔離のため分隊を展開する必要があります。SCP-1861-Bは武力での破壊が不可能であるため、市民の拉致を防ぐ手段としては交渉が用いられます。財団の情報撹乱エージェントが地元メディアおよび気象観測所に常駐し、SCP-1861の原因を気圧の異常と雨水中の大量の塵のせいであると偽装します。SCP-1861-Aに入り込んだ一般市民は、悪天候によるありふれた要因で死亡したことを法的処理上で宣告してください。

scp-1861-b.jpg

封じ込め下のSCP-1861-B、1918年ごろ撮影

説明:SCP-1861は異常な気象現象であり、海水・ヒトの血液・ヒトの脳脊髄液からなる大量の降雨と霧が特徴です。SCP-1861の発生は予測できず、発生区域の気候や気象パターンと無関係に自然発生します。SCP-1861は通常3ヶ月から6ヶ月に一度の割合で発生し、発生区域は世界各地に渡ります。歴史的記録によると、SCP-1861は1916年ごろには発生し出していたことが確認できます。SCP-1861が発生する地域の広さは毎回異なりますが、最大でおよそ5,000km2にまで広がったと記録されています。その発生と構成物、そして後述するSCP-1861-Aとの相互作用以外には異常な性質を持ちません。

SCP-1861-Aは単一の潜水艦で、第一次世界大戦中にイギリス海軍が使用したB級潜水艦に酷似しています。SCP-1861が発生するたび、SCP-1861-Aは自身を収められる量がある水の中に現れ、水面に浮上します。水は自然に溜まったものでも人為的に溜められたものでも関係なく、SCP-1861-Aの出現場所たりえます。SCP-1861-A全体を収められる量の水が存在しない場合、展望塔と甲板が収まる大きさの水面に、たとえ深さが数インチしかなくとも「浮上」してみせます。

SCP-1861-Bは人型の実体で、SCP-1861現象の間にSCP-1861-Aから出現します。SCP-1861はヘルメット式潜水服に似た全身スーツを着用していますが、空気の供給源は発見できません。SCP-1861-B個体はいずれも同じ体型で、一般的なヒト成人男性と同じ力とスピードを有します。ほとんどの個体は知性があり喋ることができますが、およそ9%の個体は知性が低く知覚能力を示すに留まります。言語コミュニケーションを取れないSCP-1861-B個体は犬や猫、ヒト幼児の泣き声に似た発声を行っているのが記録されています。SCP-1861-B個体が着ている潜水服は異常に強度が高く、着ている個体自身によってしか脱ぐことができません。SCP-1861-B個体が人間と遭遇した場合、対象者をSCP-1861-Aの中に入るよう説得を試み、それが対象者にとってもっとも望ましいことであると主張します。説得を拒んだ対象者は、SCP-1861-B個体の気質に応じてSCP-1861-Aの中に強制的に入れられることがあります。

SCP-1861-Aの中に入り込んだ人間は、次のSCP-1861発生時にSCP-1861-B個体となって再出現します。SCP-1861-B個体をSCP-1861発生区域から連れ出すと急激に疲労して意識を失い、再度SCP-1861内に戻されるまで不活性化します。SCP-1861が止むとSCP-1861-AおよびSCP-1861-B個体は消失します;加えて、SCP-1861が残した血と脳脊髄液と海水は即座に通常の雨水へと置換されます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。