SCP-1867
評価: +12+x
Nudibranch_Nembrotha_kubaryana.jpg
水槽の中のSCP-1867

アイテム番号:SCP-1867

オブジェクトクラス:Safe

特別収容プロトコル:SCP-1867は、40x70x30cmの水槽で保存されることになっています。他にセキュリティは必要ありません。SCP-1867の環境と世話は通常種と同じです。

SCP-1867から得られた物は安全な貯蔵金庫室16に保存されています。これらの物、及SCP-1867自体へのアクセスはレベル2職員の許可が必要です。

██/██/2012 - SCP-1867は名作小説と自然雑誌を見せて欲しいと要求してきました。要求は却下されました。

説明:SCP-1867は長さは11.7センチ(4.6インチ)の アカフチリュウグウウミウシ (variable neon slug)というウミウシの一種です。SCP-1867は通常種と身体的相違はありません。SCP-1867は賢明で5メートル以内の個人とテレパシーでコミュニケーションが取れます。自身をイギリスの探検家で博物学者の“セオドア・トーマス・ブラックウッド卿”と名乗ります。(そのような人物はどこにも記録がありません)SCP-1867は19世紀後半のイギリスの口調で話し、研究者とも親しく協力的です。

SCP-1867は第二次アヘン戦争での功績や世界各地の秘境、様々な珍しい人々や生き物達との出会いなどの、成し遂げた業績を繰り返し主張します。それらの主張の信憑性は疑われるものの、SCP-1867は地理学、動物学、植物学、考古学、人類学、言語学はもちろん、秘境、不明瞭な神話、神秘論、未確認動物学についての詳細な知識を示しました。しかしながら、SCP-1867には出来るとは思えず、1910年以降のいくつかの出来事の情報を故意に無視しています。

その功績の証拠を求められたとき、SCP-1867は“[それらの]コレクションはその場所に有り余るほどに寄付させてもらったよ”とイギリスの█████████に近い住所を教えてくれました。その住所を調査すると、█████さん(女性)が所有するコテージで、███████████は、“ブラックウッド卿の為にこの家を管理しております”と主張しました。さらに質問をするとSCP-1867が既に伝えてくれた以上のSCP-1867の詳しい生態や起源は明らかにしてもらえませんでした。財団エージェントの調査の5日後に███████████さんは心不全で亡くなりました。

コテージを調査したところ、3000以上の人工品、動物標本および植物標本が5000点以上ある、機能的な旧式の研究所を含む地下金庫室が明らかになりました。3週間のうちに財団が全てのコレクションを回収し移転させました。

付録-01:SCP-1867のコレクションから得られたものの一覧はドキュメント1867-VLで見ることができます。以下は特筆すべきものです。
•116種類の未知の植物
•107種類の未知の昆虫
•28種類の未知のトカゲ
•23種類の未知の魚
•14種類の未知の両生類
•12種類の未知の哺乳類
•8種類の未知の恐竜の化石
•12種類の有史以前の哺乳類の化石
•29の未知の文明の出土品
•SCP-1867によって書かれた35冊の手記:記述は通常同じものだが、SCP-1867が話す度に誇張した表現へと若干の変化をし、その出来事の期間も記述する。
•20キログラムの処理されたアヘン
•どの既知のメーカー製でも無い三口径マスケット銃“B.T.モス博士の高性能分子分解銃(Dr.B.T.Moth's Effective Particle Destabilizers)”これらの物は機能しません。
•水星、金星、火星、ガリレオ衛星の詳細な模型と地表探査のメモ
•未知の用途の精密機械を含む重改造された車。ドアに“故障中。ヘンリーに言って”と書かれたメモが貼られている。
•[削除済]破壊しようとしたオブジェクトに4人のエージェントが殺された。これについてSCP-1867に尋ねると“私のコレクションの取り扱いには気をつけたまえと警告したはずだが。あの忌々しい物体は見つけたときに私の頭を97回取ろうとしたからな”

付録-02:

以下のインタビューは08:45, ██/██/2012に行われた

███████博士:おはよう1867

SCP-1867:ああ、おはよう博士!会えて嬉しいよ。さあ、座りたまえ。今、私の記憶が正しければ、前に会ったときコンゴのウブラ族に捕らえられたときの話をしていたな。

███████博士:実は、君の話でいくつか質問があるんだ。わかっているだろうが、そんな部族は存在しないんだ。

SCP-1867:そうだとも!村はモケーレ・ムベンベに襲われウブラはいなくなってしまったからな。機会があったにも関わらずあの怪物を捕まえれなかったことを今でも悔やんでいる。あれはしつこく逃げ回るからな…

███████博士:なあ、1867。我々は君の話が精巧なフィクションじゃない確証が持てないんだ。我々が君の金庫室で見つけた物や記録は簡単に偽装できるものだ。

SCP-1867:ナンセンス!私がそのようなことをするとでも思うかね。なぜなら、私には博物学者の信念がある!私がこの施設に何度も驚かされているうちに、君は探検家の心を失ってしまったようだね。私が金山の僧侶を探してヒマラヤに登ったとき、他のものが何と言ったか心配したかと思うかね?そうだとも!私は私の為に発見したのだよ!

███████博士:[小休止]君は自分がウミウシだとわかっているかい?

SCP-1867:おやおや若人よ、酔っているのかい?そんな馬鹿げたことがあるか。賢明な君でなければわざわざ話す気にもなれないぞ。美味しいお茶でも飲んで酔いを醒ましてきなさい。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。