SCP-1872
評価: 0+x
1872.jpg

SCP-1872が引き起こした衝突の跡を捜索するエージェント達。

アイテム番号: SCP-1872

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1872はSafeクラス保管ロッカーに、電力を供給していない状態で維持します。このロッカーは改竄の痕が無いかを1日1回点検します。SCP-1872関連の実験は屋内の車両実験施設で実施しなければならず、認可された車両のみが使用されます。実験中、Dクラス以外の職員はこれらの車両に乗り込んではいけません。

説明: SCP-1872は製造マークやブランド名の類が一切無いレーザーポインターです。バッテリーが入っていない状態では重さ120g、そして長さは25mm丁度です。活性化状態時にSCP-1872が生成する光は赤い色です。SCP-1872によって生成される光は約650nmの波長ですが、それにも拘らず、SCP-1872は少なくとも1.5kmの射程範囲を持っているようです。

SCP-1872の光が、内部に人間が乗車している車両の1.5m以内に向けられた場合、その車両は能動的に光を追い回し始めます。車両は単に”引き寄せられて”いるわけではなく、光を追うために障害物を回避するといった活発な動きを見せることに留意してください。SCP-1872の影響を受けている車両内の人物は、全く車両を制御できなくなります。SCP-1872の影響を受けた車両は、最早機能しない状態まで何らかの形で無力化されるか、燃料を使い果たすまで光を追求します。SCP-1872が生成している光が一か所に留まっていると、車両は光が再び動き出すまでその周囲を回ります。

SCP-1872は人間が操縦出来る全ての車両に影響を与えると思われ、自動車・自転車・スケートボード・建設機械・航空機・船舶を含む(しかしこれだけに限られない)様々な種類の乗り物に影響を及ぼすことが明らかになりました。SCP-1872が一度に影響を与えることが出来る車両の数に制限があるとは思われず、実験では少なくとも自動車37台・船舶5隻・ヘリコプター4機・自転車12台・列車2両に同時に影響を与えられることを示しました。

影響された車両が行動不能にされる前に、使用者がSCP-1872を不活性化した場合、車両はSCP-1872が再起動するまで使用者を追跡し始めます。追跡車両は、車両と使用者が両方とも1.5kmの範囲内にいる限りにおいて、使用者の居場所を探り当てられます。これらの車両が使用者に追いついた場合、車両はヘッドライトを点滅させ、エンジンを吹かしながら、ゆっくり使用者に接近します。接近された使用者が3~5分以内にSCP-1872を活性化しない場合、車両は使用者へと突進して繰り返し突き転がします。使用者が撥ねられ続けて死亡するか、SCP-1872を再起動するまでこれが継続します。使用者が死ぬと、SCP-1872不活性化の影響を受けた全ての車両は正常に戻ります。

SCP-1872はフロリダ州█████にて、数人の人物がハイウェイ上を横切る橋からこれを使用し、財団エージェント数名の負傷を含む死傷者14名を出した交通事故を引き起こした後に回収されました。エージェントが自らの車に及んだSCP-1872の影響について報告を入れたため、SCP-1872は事件発生から24時間以内に収容されました。SCP-1872の発見者は回収任務中に殺害されました。SCP-1872は2009/██/██にSafeクラス分類されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。