SCP-1878-JP
評価: +26+x
バイク.jpg

SCP-1878-JP-A1

アイテム番号: SCP-1878-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1878-JPは現時点では収容に至っていません。各都道府県の警察組織との連携の基、記憶処理と各種カバーストーリーを適用してSCP-1878-JPの活動の痕跡を隠匿して下さい。隠匿が困難であるほどの情報の流出が確認された場合はプロトコル・オペレッタを適用して事態の鎮静に努めて下さい。SCP-1878-JP-Bの出現が確認された場合は近辺のサイトに駐留する戦闘訓練を受けた機動部隊及び職員を動員して鎮圧に努めて下さい。SCP-1878-JPとSCP-1878-JP-Bの戦闘は特例として観測のみに留められ、SCP-1878-JPへの攻撃及び収容の試みは認められません。

プロトコル・オペレッタ概要: SCP-1878-JPの存在の隠匿が困難である場合に備え、事前に各都道府県の警察関係機関により防犯意識を高める目的のマスコットとしてSCP-1878-JPの存在をPRすると共に、SCP-1878-JPを模した人形やイラストを配布する事で民間人の混乱及び異常性の流布を阻止します。実際の事件発生時にはカバーストーリーとして、「PR中の着ぐるみを着用した捜査官が緊急時の対応としてそのままの服装で現場に到着した」との説明が為されます。

説明: SCP-1878-JPは"巡回機動捜査官 ライダー・モノクローム"と自称する人型の実体です。実体は全身に黒を基本として白いストライプとアーマー状の意匠が各部に施された、未特定の素材で構成されている柔軟なラバー状のスーツを着用しています。頭部から顔面下部にかけては流線形の柔軟な素材で構成されたパトランプ状の物体が装着されており、この部位は点灯時に目視した人間の動きを5秒間麻痺させる効果を持つと推測されていますが、詳細な説明は実体から行われていません。実体は大柄な成人男性の体型を見せますが人体の可動域を逸脱した関節の可動を行う事が可能であり、衝撃を受けた際も一時的な変形の後に再度の変形で元の外観へと戻ります。実体は損傷する様子を見せませんが、これらは後述するガジェットの影響であると推測されています。

以下はSCP-1878-JPに対して最初期に行われたインタビュー記録です。この時、SCP-1878-JPは暴走運転を行っていた未成年グループの捕縛を行っており、警察官へ引き渡しが完了した直後にインタビューが試みられました。

SCP-1878-JPは未特定の手段によって距離を無視した消失と出現を行う事が可能であり、これらの動作は瞬時に行われます。SCP-1878-JPの移動手段は上述の方法の他に、"モノクローダー"と実体が呼称する大型二輪車を使用しており、外観上は本田技研工業が製造販売するVTR1000Fと類似していますが、実際の機体を逸脱した機能性と物理法則を無視した可動が可能です。この機体(SCP-1878-JP-A1と指定)も実体自身と同様に消失と出現を行う事が確認されています。

SCP-1878-JPは主に刑法に違反する罪を犯した人物を追跡する警察関係者
の付近に現れる傾向があり、出現時には警察関係者に協力的な姿勢を見せると共に犯人の拘束を試みます。また、"超電救助隊HERO"と名乗る存在の出現時にも近辺で目撃された証言が得られていますが、それらの行動の妨害や拘束を行おうとする様子は確認されていません。実体は財団職員に対しても協力的な態度で会話を行いますが自身の収容には否定的であり、強制的な収容を行おうとした際には即座にその場から消失します。実体は上記の装備の他に複数のガジェットを装備しており、これらを活用する事で犯人を確保して警察関係者に引き渡します。以下は機能が確認されたガジェットです。
識別番号 機能 説明
SCP-1878-JP-A2 通信の傍受、聴力の強化 SCP-1878-JPが"ウェーブサポーター"と呼称する腰に装着されたベルト。SCP-1878-JPはこの装備の影響によって聴力が強化されていると証言している他、警察の無線を傍受可能である事が確認されている。
SCP-1878-JP-A3 防弾・防刃機能 SCP-1878-JPが"ライダースーツ"と呼称する全身を覆うスーツ。確保を試みた犯人の抵抗を受けた際も傷付く様子を見せず、周囲に火災が発生した状況でも影響を受けていなかった。
SCP-1878-JP-A4 非異常性の硬質ゴム弾の発射 SCP-1878-JPが"ニューセイブ"と呼称する長方形の銃身を持つリボルバー型拳銃。装填されている弾数は弾倉と一致せず最高で47発の連続した発砲が確認されており、このゴム弾による死傷者は確認されていない。いずれの場合も一発目は空砲である模様。
SCP-1878-JP-A5 対象の拘束 SCP-1878-JPが"シュートキャッチャー"と呼称する両手首に装着された長方形の機器から射出されるケーブルとフック。最大伸長距離は不明。フックは物理法則を無視した形で瞬時にリング状にも変形可能。

SCP-1878-JPは警察関係者への協力の他にSCP-1878-JP-Bと指定された存在との交戦が確認されており、現時点でSCP-1878-JPとSCP-1878-JP-Bの詳細な関係性は不明ですが、互いが敵対関係にあり相互の出現に関連している事とSCP-1878-JP-Bに関する情報が集まっていない事から、便宜上SCP-1878-JPの付属物として財団内では処理されています。

怪人.jpg

靴屋から逃走するSCP-1878-JP-B

SCP-1878-JP-B概要: SCP-1878-JP-Bは全身を隙間無く多彩な色のタイツ状の衣装で覆った人型実体です。酩酊状態のヒトに類似した動きで緩慢な移動を行う他、感覚器官が外観上存在しないにも関わらず物体の視認や物音に反応する様子を見せます。実体は性別を含め雑多な体格を有した個体が散見されますがいずれも成人男性程度の腕力を有しており、民間人に対しても敵対的行動を取る事が報告されています。特筆すべき点として、実体はいずれも致命傷となる損傷を受けた場合や大きな衝撃を受けた場合、捕縛された場合に破裂して周囲に内容物を飛散させる事が挙げられます。この内容物は溶解した筋線維や骨片を含む液体であり、ヒト遺伝子を含む事が確認されています。

実体の行動目的は不明ですが、市街地に出現してSCP-1878-JPに対する襲撃を行う他、小学校などの低学年児童が存在する教育施設に侵入する、幼稚園のバスに乗り込もうとする等が確認されています。また、"超電救助HERO"と名乗る団体の活動時に妨害を行おうとする様子も目撃されており、SCP-1878-JP-B実体群と同団体は敵対関係にあると推測されています。

SCP-1878-JP-B出現事例の抜粋

  • 200█/01/11 ██県██市の繁華街にて5体の個体が出現し、靴屋から靴を盗み出して逃走している最中にSCP-1878-JPと交戦を行う。SCP-1878-JP-Bがどこから現れたのかは不明。個体は全てSCP-1878-JPによる拘束の結果、破裂して無力化1した。財団が最初にSCP-1878-JP-Bを確認した事例
  • 200█/02/17 ███県███市の小学校敷地内に6体の個体が現れ、通報を受けて駆け付けた警察官と共にSCP-1878-JPが交戦。警官3名が負傷したが到着した収容チームの応戦によって全個体が無力化した。
  • 200█/04/10 ████県█市内の芋羊羹工場でSCP-1878-JPとの交戦が確認される。個体数は不明だが、職員が到着した際には12体の個体が確認された。職員とSCP-1878-JPの協力による応戦で残個体の内8体が無力化、4体は逃走し確保に失敗した。また、現場からは酷く損傷した遺体が発見されており、SCP-1878-JP-Bによって長期間の暴力に晒されたものと推測されている。
  • 200█/05/15 ██県██市内の火災発生現場に出現した"緊急重機救命士 パワーアーム・オレンジ"と名乗る人型実体の収容作戦中に27体の個体が出現し収容チームと交戦。その後、出現したSCP-1878-JPの援護によって全個体が無力化した。人型実体はSCP-1878-JP-Bの攻撃を回避した後に消失したが、消失直前に実体が散布した記憶処理薬剤に類似した組成の薬品によって一部の班員に記憶混濁の症状が見られた為、詳細な報告は得られていない。
  • 200█/05/28 ███地方で発生した震災の救助作業中に出現した人型実体2とSCP-1878-JP-Bの交戦が報告される。人型実体は「REQUIEM NINE」と側面に表記された白い装甲車と車体に搭載された火器を用いてSCP-1878-JP-B群と民間の救助隊を排除した後に、異常な装置を用いて被災者の救護と終了を行った。財団の収容チームが到着した際には実体と車両は現場を去っており、SCP-1878-JP-B群は無力化した痕跡のみが残されていた。SCP-1878-JPの出現は報告されていない。

SCP-1878-JP-Bに関する情報の一例として、200█/04/10の交戦後にSCP-1878-JPから証言が得られています。

補遺: 200█/06/19、SCP-████-JP指定対象として確保された"緊急重機救命士 パワーアーム・オレンジ"と名乗る実体が移送されたサイト-81██正面ゲート付近におよそ███体のSCP-1878-JP-B群が出現しました。実体群は質量によって警備員とゲートを突破後、実体の収容が行われていた第3収容棟へ侵入しユニット破壊後にSCP-████-JPを含む多数のオブジェクトの収容違反を引き起こしました。収容違反後、出動した機動部隊と警備隊によって██体の実体を無力化しましたが、残個体はSCP-████-JPを確保した状態で消失しました。この襲撃による被害は甚大な物であり、ユニット破壊の余波で収容違反を引き起こしたオブジェクトの再収容には成功しましたが計██名の職員の死傷者が確認されています。この事例から、SCP-1878-JP-Bは距離を無視した形での消失と出現を過程に含んだ移動が可能であると考えられています。

また、収容違反時の混乱によって詳細な情報は得られていませんがSCP-1878-JPの出現も報告されています。整理された目撃情報から、実体群との交戦時に頭部のパトランプ状の物体を点灯して対象の拘束を行おうとした結果、影響を受けて一時的に行動不能に陥った職員が実体群の攻撃を受ける様子を見て消失した事が判明しています。また、一部の目撃証言では消失直前のSCP-1878-JPは不審な挙動を見せており、頭部を両手で抱えながら大きな唸り声を発していた事も証言されています。これらの証言から実体は自身の装備を完全にコントロール出来ていない可能性が指摘されており、その結果として職員の負傷を招いた実体が強い精神的ショックを受けた可能性が高いと推測されています。

補遺2: 上記事例を受けて再調査を行った結果、報告書の改定案が提出されています。



特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。