SCP-1886
評価: 0+x
justDID.jpg

SCP-1886実例に確認されたラベル

アイテム番号: SCP-1886

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 合計156個のSCP-1886実例が保管サイト-68に収容されています。SCP-1886に罹患した人物は財団医療研究施設の1つに収容されます。研究と評価の後、適切であると判断されれば正規の精神科診療所へと移送されます。SCP-1886の発生源特定を目的とした調査は現在進行中です。危険物質混入を口実とした消費者への警告が発令されました。現地の財団エージェントへは状況が通知され、新しいSCP-1886実例は報告された後直ちに調査されることになっています。

説明: SCP-1886はリストバンド、ヘッドバンド、ヘアクリップや靴下などといった装身具の一群です。SCP-1886の各実例には"just DID"という言葉と、幽霊ないしは天使のような精子のイラストがラベル付けされています。SCP-1886実例は人間女性に着用されると、性的交渉中において避妊具としての働きを見せます。これらの物品は一見して特異性のない材料から構成されており、この効果の原因は判明していません。

使用者はSCP-1886取得から数ヶ月経過すると、複雑性の解離性同一性障害 (DID) を発症することが判明しています。同一性の分化や機能の程度といった臨床上の詳細な点については被験者ごとに異なります。しかしながら、取得する人格の数は物品の入手後に行った性的活動と相関関係があります。必然的に、無精子症の被験者、あるいは標準の方法で避妊を行っている被験者はDIDを発症しません。統計的解析に基づき、1度の妊娠防止につき1つの新しい独立した人格が取得されるという仮説が立てられています。

罹患した被験者の大多数は、SCP-1886の避妊具としての有効性を信頼し、専らそれらのみを避妊の手段として用いました。これは被験者らの感受性が原因であると考えられ、またSCP-1886に関する強迫性もないものと見られています。

SCP-1886実例は2010年9月、カナダのモントリオール周辺の小規模なブティック、小物問屋や街頭行商人などの手により商業流通しました。尋問を行ったところ、販売者はこれらの物品の取得をどのようにして行ったのか想起することができませんでした。また、これらの物品を広告する内容のチラシ類が様々な公共の場所で発見されました。当初これらのオブジェクトはありふれたノベルティアイテムとみなされていましたが、避妊の性質に関する主張が地元の保健機関に問題視されました。2012年2月、当該地域においてDIDと診断された患者が常軌を逸した数存在したため、SCP-1886の特異な性質が財団に注目されました。

補遺1886: SCP-1886の広告内容

我々一同、避妊性ファッションアイテム "just DID" をお送りできることを誠に光栄に思っております!

特別に訓練されたシャーマンの手によって、最先端のカルマ育成技術を用いて作られております。

生物的受胎に煩わされることのない魂のこもった経験をお楽しみください!!

安全! 再利用可能!! 化学物質0%!!! 100%効果アリ!!!!!

『以前は避妊具を使うことに罪の意識を感じていたの。でも今はjust DIDのお陰で発達する感情の繊細な連続を混乱させることなく避妊ができるわ。』
―Nancy G.、ご満足いただけたお客様

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。