SCP-1890
評価: 0+x
photo%20album.jpg

Front side of SCP-1890

アイテム番号: SCP-1890

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: このSCPは、露出や害虫による損害を防止するために、密閉された容器に保存しなければなりません。これを持つとき、研究者や被験者は保護手袋を着用することが要求されます。研究スタッフは、SCP-1890の中に含まれている写真をコピーし、調査することが許可されていますが、異常性がないことを証明してから行ってください。

現在、研究部門-09によって、BONIFAY1の家族による工芸品2として研究されています。ほかのSCPとのクロステストは、既に禁止されています。

説明: SCP-1890は、19世紀後半の、保存性は良いですが長い年月が経っている小さな写真アルバムです。革製のカバーは「PHOTOGRAPHS」という語が印刷されており、裏面には不器用な字で「BONIFAY」と彫られています。アルバムのページ数は、13と16の間を変化しています。しかし、増減したページは常に空白で、内部には同じ26枚の写真を含みます。これらの写真はアルバムに対して損害を与えずに取り出すことはできず、また写真は異なる順序で現れます。

家族の写真アルバムとされているのにもかかわらず、写真は多くの民族の人々を含んでいます。-大多数は、アフリカ系アメリカ人(セミノル族の現代的なスタイルで装う白人、そして混血児が続く)です。多くの場合、写真は一人の人間の後に家族、という形で配置されます(もしくは、個人の所有物)。

数ページの上で、インクでの19のメモが確認されました。メモは、アメリカ英語で、単純な速記によって姓や場所、時間などが書かれています。写真の配列がしばしば動く中でメモはそうしていないために、多くの写真は同じラベルを共有しました。例えば、異なる10人の青年の写真は、ラベル「junior」の前に現れました。そのため、ラベルと写真の最初の位置を確認することは不可能です。ベルグレイドとパホーキー、フロリダにおいて、写真が当初1890~1928年に撮影されていることを示唆していることが地形構造から明らかになったのにもかかわらず、名前や写真に写る個人はいかなるアーカイブの文章や歴史記録でも特定されませんでした。

長期間行われたSCP-1890の内容についての直接尋問は、すべて相貌失認で何も思い出されないまま終わります。

  • 12時間(3日にわたる4時間の間隔)写真にさらされた人々は、非常に明確に「SCP-1890内の家族の人々」を記述できるようになりました。しかし、自他の名前や仲間の研究員の身元などを思い出すことに非常に苦労しました―彼らが毎日交流しているような人でさえ。これらの徴候は一時的で、24時間後に収まりました。
  • 60時間以上(15日にわたる4時間の間隔)写真にさらされた人々は、急性相貌失認に類似した特徴を示しました。そして、彼らは幼馴染の人でさえも顔などの特徴から特定することは不可能になりました。しかし、その人々は全26枚の写真の完璧な特徴を思い出す能力を示しました。そして、幼児のような口調で、木の形や種といった詳細、コートのボタンの数などを話しました。また、1人は―テストの前に、ほかの人よりも記憶力が著しく減っていることを示しました―どんな視覚情報の引用なしででも、鉛筆と紙で女性のスカーフ上の複雑なビーズ細工の模様を再現することができました。
  • SCP-1890の内容に60時間以上公開される人の認識異常は、最高3週の間続きました。80時間の露出は、1か月の異常な認識作用に終わりました。どんな著しい損傷でも、結局全ての人の認識能力は通常に回復しました。

強く影響を受けた人(総計60時間以上、毎日さらされた個人と定義される)は、「Bonifays」についてや、気晴らしや娯楽の方法、人々の個性や人間関係について、強い心酔を示しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。