SCP-1894-JP
評価: +2+x

アイテム番号: SCP-1894-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1894-JPの形状はベクタデータとして記録し、記録媒体をサイト-81██の小型低危険度収容ボックスに保管します。実験等の際には担当研究主任の許可を得る必要があります。

説明: SCP-1894-JPは羊の様々な外形のうち、異常な現象を発揮する特定の形状です。サイズの大小にかかわらず、第三者による任意の視点から、羊を構成する各部が同じ角度・同じ割合の太さと長さを持ったように観測できる場合に異常性が発現します。このとき、視点からの奥行きは問題にならず、また、羊の外周に何がしかの装飾や付属物があった場合や、羊の色がどのようなものであった場合でも、羊の本体が正確に特定の形であると識別できるものであれば異常性が発現します。

SCP-1894-JPの形状をとった羊は5秒かけておよそ20度の角度まで下部を徐々に持ち上げ、未知の方法で射出されます。
射出時の初速は100m/s前後ですが、障害物に阻まれなければ射出後30秒ごとに200m/s、300m/sと段階的に加速し、常に直進します。財団所有の観測衛星により、羊は大気圏を抜ける前に焼失することがわかっています。
障害物があった場合、羊は粉砕されます。

現在SCP-1894-JPは財団が収容しているデータのみ現存しており、他の全てのデータは破棄されています。財団外で偶然発現するおそれはありますが、被害の軽微さ、および異常性を発露した羊が全て消滅することによる再現の難しさから、対応の必要はないと判断されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。