SCP-1903-JP
評価: +45+x

アイテム番号: SCP-1903-JP

オブジェクトクラス: Keter

Paektu-san.jpg

白頭山の衛星写真、この山の地下にSCP-1903-JPが存在する。

特別収容プロトコル(2017年█月改定): SCP-1903-JPの位置、規模および性質上、物理的収容は現在不可能です。財団と世界オカルト連合及び当事国と周辺関係諸国は、SCP-1903-JPに関する観測データや情報は検閲し関連する研究を阻止および一般社会に対してSCP-1903-JPの存在の隠蔽を行います。さらに、SCP-1903-JPが活性化した場合発生すると考えられるK-クラスシナリオに備えて、関係各国の国民の生命と財産を保護するための暫定特別秘密協定プロトコル5プラス2を締結しています。
SCP-1903-JPの状況を常時監視するためプロトコル5プラス2に基づき、中華人民共和国領内のSCP-1903-JPが存在する地域一帯に小型の気象観測機器に偽装したSCP-1903-JP監視点を設置しています。また、SCP-1903-JPを直接監視するために中華人民共和国政府の了承のもと、財団と世界オカルト連合による合同の超々深度掘削監視施設の建設を計画しています。

説明: SCP-1903-JPは、中華人民共和国(中国)及び朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の国境に位置する、標高2,744mの火山である白頭山(長白山)の地下20-40km地点のマグマ溜まり内に存在する東西推定17km、南北推定11km、体積推定9,000立方kmの楕円体の実体です。

財団の高精密地震波トモグラフィー及び三次元構造調査により、実体の詳細が判明しました。地熱調査ではSCP-1903-JPから推定摂氏1███度の熱が発生しており、この高温が白頭山のマグマ溜まり形成の要因と考えられます。また財団が開発した超精密地震計よりSCP-1903-JPからヒトの心臓の拍動同様の振動が観測されています。

SCP-1903-JPは現在鎮静状態だと考えられます。もしSCP-1903-JPが活性化した場合、白頭山の山体崩壊を伴う火山爆発指数(VEI)18クラスの大規模破局噴火による、GHまたはXK-クラスシナリオが発生するものと予想されます。

補遺: SCP-1903-JPは2009年に日中米の国際共同による中国東北部の地殻・マントル調査よって偶然発見されました。その後、財団の地球科学専門チームも大規模実体についての調査をしましたが、推定される実体の規模や発熱していること、ヒトの心臓の拍動同様の振動以外の詳細なデータは得られませんでした。財団は当初、大規模実体を未解明領域UE-██████-JPとして指定し、一般社会に流布した観測データや情報をカバーストーリー等で隠蔽し、財団以外の大規模実体に関係している研究者に対して記憶処理が施されました。

2011年に財団日本支部サイト-81██で行われた、日本支部全体の研究報告会で、UE-██████-JPに関する研究報告を発表した際、考古学部門の研究者からSCP-███-JP-1の内容にUE-██████-JP実体と推定される記述があるとの指摘がありました。財団はUE-██████-JPとSCP-███-JPの関連性を調査するため、中朝両政府の了解のもと、白頭山周辺の詳細な調査を行いました。その結果、白頭山の頂上周辺で、過去の噴火活動による損傷は見られたものの、SCP-███-JP-2群中にある大量のメカニト特有の意匠が施されている商王朝時代の祭祀・儀礼用の金属器と、モンゴロイド系の人間の多数の遺骨が発掘されました。発掘した遺骨の放射性炭素年代測定で、死亡時期を紀元前1200-1000年(1σ)という測定結果から、商王朝時代の人の遺骨と断定しました。

SCP-███-JP-1の記述内容と、新たに発掘されたメカニト関連と考えられる発掘品から、SCP-███-JP-1の記述内容が正確であれば、UE-██████-JP内部に人類に対して高脅威の巨大な生物学的実体が存在すると財団は判断しました。このため、UE-██████-JPをSCP-1903-JPに再指定、SCP-███-JP-1とSCP-███-JP-2もSCP-1903-JP-A及びSCP-1903-JP-Bに再指定しました。サーキック関連の異常存在と考えられるため、シトラ=アキュラ6合同合意に基づきSCP-1903-JPを財団及び世界オカルト連合(GOC)の共同監視対象に指定しました。

過去の白頭山の噴火や、2002年から2005年頃まで白頭山周辺で群発地震とSCP-1903-JPの再活性化の関連性とSCP-1903-JPが本格的な活性に伴うVEI8クラスの破局噴火によるK-クラスシナリオの発生の懸念されました。このため、2013年█月にSCP-1903-JPに関する情報の統制と実体に対する対策のための、財団及びGOCを中心に当事国の中国と北朝鮮、関係国の日本・韓国・米国・ロシアによる特別秘密協定プロトコル6プラス2を締結しました。また、プロトコル6プラス2に基づき中朝両政府の了承のもと、白頭山周辺に財団・GOC共同のSCP-1903-JP用の監視点を200箇所設置しました。

また同年█月、シトラ=アキュラ合同司令部はSCP-1903-JPのより詳細な状態の監視のため白頭山のマグマ溜まり内に直接監視機器を投入する“マグマダイブ計画”を策定しました。以前の地殻調査結果からSCP-1903-JPと地表の距離が最短の地点、北朝鮮両江リャンガン三池淵サムジヨン郡の北緯41度██分██.█秒・東経128度██分██.█秒に北朝鮮政府の了承のもと財団・GOC合同超々深度掘削監視施設サイト-216を建設し、2014年█月にサイト-216は完成し、財団とGOCが共同開発した高性能ボーリングマシンを稼働させました。

2016年10月の事案(詳細は事案記録1903-JP-2016を参照)にて北朝鮮がプロトコル6プラス2を脱退と北朝鮮領内のシトラ=アキュラ職員の国外追放と監視点とサイト-216の使用不能により、SCP-1903-JP警戒監視体制は立て直しせざるを得なくなり、残る5カ国と暫定特別秘密協定プロトコル5プラス2を再締結し、中国領内の監視点の増設や中国側にサイト-216同様の施設建設の計画が行われております。

事案記録1903-JP-2016: 北朝鮮政府はSCP-1903-JPが発見される以前の2006年から、白頭山から約120km離れた咸鏡北ハムギョンブク吉州キルジュ豊渓里プンゲリにて地下核実験をしており、SCP-1903-JP発見後も2009年から2016年1月までに3回地下核実験を実行しました。

財団及びGOCは、北朝鮮政府に抗議し、実体と地下核実験場は距離が離れているとはいえ、地下核実験がSCP-1903-JPに想定外の悪影響を与える可能性があるため、核実験実施の無期限凍結の要求が北朝鮮政府に対して3回行われましたが、北朝鮮政府はこれを無視しました。

2016年9月に北朝鮮は4回目の核実験を実施、財団及びGOCは抗議と要求を求めました。これに対し同年10月に北朝鮮政府は、プロトコル6プラス2の脱退と北朝鮮国内にある全ての監視点とサイト-216の接収を一方的に実行し、サイト-216のシトラ=アキュラ職員は朝鮮民主主義人民共和国国家保衛省7職員により拘束されたのち国外追放されました。

現在、財団及びGOCは北朝鮮政府に対してSCP-1903-JP警戒監視体制への復帰と核実験実施の無期限凍結を要求していますが、北朝鮮政府はこれを無視する状況が続いております。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。