SCP-1910-JP
評価: +78+x

アイテム番号: SCP-1910-JP

オブジェクトクラス: Euclid

IMG_20161115_055755.jpg

SCP-1910-JPに入店する波戸崎研究員

特別収容プロトコル: SCP-1910-JPの営業時間中は最低でも1名は財団職員が店内にいる状態にしてください。職員がSCP-1910-JPを利用する場合、衣服や金銭以外を持ち込むことは禁止されています。この時、SCP-1910-JPへの入店経路は転送装置経路のみを利用してください。転送装置が置かれる部屋には常に武装した警備員が待機します。SCP-1910-JPにおける調査目的以外の飲食時には情報流出を避けるために他者との接触は同じ財団職員であっても禁止されます。接触した場合、取り調べ後罰せられます。

SCP-1910-JPで用いる食材や器具などは財団が一括して供給します。また、SCP-1910-JP-1らしき飛行物体を目撃した場合は速やかにSCP-1910-JPもしくは担当職員に連絡してください。

財団職員はSCP-1910-JPを利用する団体間で交わされた協定を厳守しなければなりません。食事をする場合や、調査を行う場合では節度ある行動をしてください。問題を起こした場合、財団は関与しない場合があります。

説明: SCP-1910-JPは『UFOラーメン』というラーメン店です。SCP-1910-JPの店舗は現在の科学技術では建造不可能な飛行物体(SCP-1910-JP-1)内に存在しています。SCP-1910-JPで確認することのできるメニューは全て通常のラーメン店と比べても目立った差異はなく、調理時に使用する器具や設備にも異常性は確認されません。一方で東京都の正式な営業許可は下りていません。

この報告書の執筆当時、SCP-1910-JPでは3名の知的生命体が確認されています。
個体番号 概要
SCP-1910-JP-A グレイタイプの宇宙人に酷似した存在。SCP-1910-JP-Bとは夫婦関係にある。 SCP-1910-JPの責任者で、服装は営業時間内では調理に適したものになっている。日本語しか喋ることはできない。日本の球団である███████が勝利した翌日には餃子をおまけする場合がある。
SCP-1910-JP-B グレイタイプの宇宙人に酷似した存在。SCP-1910-JP-Aとは夫婦関係にある。会計等はこの個体が行っている。日本語しか喋ることができない。利用客の多くと交流がある旨の発言が確認されている。
SCP-1910-JP-C 人間男性。1983年に行方不明者として警察に届けられている。買い出しを担当している。現在、交渉を円滑に行うために、書類上では財団に雇用されている。6か国語話すことができ、日本語発話者以外を接客する場合はこの個体が行う。

SCP-1910-JPに入店する際には2種類の手段を用いることになります。1つ目は電話をしてSCP-1910-JP-1に迎えに来てもらう手段です。一般人がこの手段で入店してくる場合があるため、現在ではSCP-1910-JPの電話番号が書かれた看板は全て撤去してあります。収容の関係上、財団も実験を除いてこの手段を用いることはありません。2つ目は転送装置を介する手段です。SCP-1910-JP-Aの主張によりこの転送装置は複数存在していることが判明しており、主にSCP-1910-JPの常連客が使用しています。財団はサイト-8104とサイト-8107に設置された転送装置を使用します。この転送装置を再現する試みは成功していません。また、実験により転送装置を利用した人物は入店時に使用した転送装置にしか戻ることができず、転送装置を用いて別の場所に行くことはできません。この性質により、転送装置を介して財団職員以外の人物が侵入してくるようなことはありません。

財団が最初にSCP-1910-JPと接触したのは1986年初頭でした。当時、財団は世界各国で発生していたミステリーサークルおよびキャトルミューティレーションの調査を行っており、未確認飛行物体の出現予測地点に発信機を取り付けた牛を放牧していました。最初に接触をしたのは牧場を巡回監視していたエージェント・カルキンでした。エージェント・カルキンはSCP-1910-JP-1が牛を回収していた際に、牛に飛び乗ることで内部への侵入に成功しました。この時、エージェント・カルキンはすぐに地上に戻されましたが、関係者と思われる人間と接触しており、戻される寸前に「今度は営業時間内に来てください」と話しかけられたと報告しています。また、映像記録装置にはグレイタイプの宇宙人が日本語の関西訛りで「外国人が来た」と話していました。その後、発信機からの反応を頼りに捜索を行ったところ、東京都八王子市の高尾山近辺でSCP-1910-JPの電話番号と『UFOラーメン』と書かれた看板を発見しました。
財団が発見した当時、すでに複数の要注意団体がSCP-1910-JPを利用していました。財団は収容を行った場合の被害を鑑み、使用団体内で交わされていた協定への参加を決定しました。現在、SCP-1910-JPはある種の中立地帯として成立しています。

付録1910-JP-01 SCP-1910-JPを利用する勢力間で交わされた協定の内容。(重要な箇所を抜粋)

1. 協定参加団体は全て『食事』以外の目的で『UFOラーメン』を使用してはならない。例外として、協定締結を目的とした使用は認められる。また、協定参加団体は地球を主に活動拠点としているもののみとする。

2. 『UFOラーメン』を利用する全ての人類は地球に居住する生命体として自覚を持った行動をしなければならない。問題行動を起こした個人または団体は地球生命体としての責任を負わなければならない。

協定の残りは上記の内容を破った場合の罰則、及び使用団体内における役割に関する内容となっています。財団はこの協定締結時には後発団体でしたが、SCP-1910-JPが使用する食材の供給および監視を条件に協定参加団体内における発言権を得ました。また、財団加入後にこの協定を違反した参加団体は存在しませんが、財団が1984年に観測した████爆発事件は協定違反団体に対する報復措置であることが推測されています。この団体の活動は同年以降確認されていません。

補遺1: 以下は財団がSCP-1910-JPを最初に利用した際の記録です。

補遺2: SCP-1910-JPの営業は1983年から行われています。インタビューの結果、1983年以降に発生したミステリーサークルおよびキャトルミューティレーションの7割にSCP-1910-JPが関与していることが確認されました。SCP-1910-JP-Aの主張により小麦や肉類等の『食材集め』だと判明しています。現在では財団がこれら具材の供給を行っているため発生は減少しています。財団が関与する以前のSCP-1910-JPと被害農家の帳簿を確認した結果、中間業者を介して合法的な金銭取引が行われていました。しかし、この中間業者は正式な記録には存在しておらず、現在も調査中です。

補遺3: SCP-1910-JP-1が有する機能の一つとして不可視化があります。この機能はSCP-1910-JP-1の装置を用いることで操作することができます。しかし、SCP-1910-JPに電話で入店する際は装置を切らねばならないため、従業員がスイッチを戻し忘れていることがあります。この頻度は緩やかではありますが年々増加傾向にあります。

補遺4: 現在SCP-1910-JPに来る客の多くは転送装置を使用した人物がほとんどです。この転送装置はインタビュー等から同一宇宙に複数存在していると考えられています。以下はSCP-1910-JPを利用した存在の記録です。

補遺5: SCP-1910-JP-A及びSCP-1910-JP-Cに対して行われたインタビュー記録です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。