SCP-1913

49 6c 69 27 67 20 76 67 66 20 66 6f 79 79 69 20 75 61 6c 61 6a 6f 66 20 69 6f 6f 79 75 61 79 20 66 6f 79 69 6c 20 6c 79 79 6b 20 66 69 27 20 70 79 2e

評価: +3+x
Agatha.jpg

SCP-1913-1

アイテム番号: SCP-1913

オブジェクトクラス: Euclid (元Keter)

特別収容プロトコル:

改訂-8
(191█/04/12)
全てのSCP-1913個体は互いに最低160km離れた財団主要サイトが確立された地域に収容します(各SCP-1913個体の特定位置は文書1913-53を参照)。1 各SCP-1913個体は半径4mの管状ガラスリングの中心に置きます。ガラスリングの内側は硫黄の粉で満たします。

SCP-1913-1を取扱う職員はラテックスグローブを着用し、常に皮膚への接触を避けます。保護されていない身体の接触が確認された場合、職員は即座に彼らの手のインクのような物質を洗い流します。染みが広がり始めた場合、影響を受けた職員を徴候が始まる前に処分します。

SCP-1913-2による怪我が治療できない場合、処分が必要になる場合があります。興奮を避けるために、職員は目に見える防具や白衣をSCP-1913-2の部屋に入る前に取り除かなければなりません。

SCP-1913-3の部屋は耐爆性及び耐火性にします。SCP-1913-3のリングへの侵入は禁じられています。

説明: SCP-1913は3体の実体の総称で、それぞれSCP-1913-1、SCP-1913-2、SCP-1913-3と指定されています。SCP-1913個体は死の徴候を示さず、致命的な傷を時間毎に修復するか、'死亡'した場所の近くに破壊された1時間以内に再出現します。全てのSCP-1913個体は硫黄に対して最大限の嫌悪を示し、援助なしに硫黄を触れたり、横切ったりすることをしたがらない、またはできません。

SCP-1913-1は高さ20.5cm、重さ8.3kgの知性を持った猫を表現している陶製の像です。SCP-1913-1の底には'アガサ'の名前がエッチングされており、白い光沢ペンキが鼻、耳、額に、黒い湿ったインクのような物質が目、口、足の周りに塗られています。SCP-1913-1は意思疎通を取ることが可能で、その内部から若い女性の声が発せられます。SCP-1913-1は財団職員に対して軽蔑を示しますが、その容器を振ることで恐怖を与えると協力的になります。SCP-1913-1は他のSCP-1913個体の能力と追跡理由に関して多くの情報を与えましたが、硫黄に対する嫌悪感等、情報を隠したり、自身の収容に関して偽の供述をしたりすることも知られています。

SCP-1913-1の目、口、足を覆うインクは50.9%の水、48%の灰、0.9%の塩、0.2%の銀で構成しています。生きている犠牲者の表皮へと接触すると、この物質は犠牲者の孔に吸収されます。インクの量に応じて、影響を受けた箇所は素早く溶解し始めて、最終的に消えます。全身が分解されるまで、重要な器官が消失しようとも、犠牲者はこの行程では死亡しません。胴体が分解されても、犠牲者の四肢は残ったままで、四肢は完全に消えるまでその機能と続け、通常は床を横切って近くの物体や脚を掴もうと試みます。

Telly.jpg

収容室のSCP-1913-2

SCP-1913-1のインクは物体、死体、髪や指の爪等の死亡した組織、過去8時間にSCP-1913-1に触れなかった存在に対して拡散することはできないと考えられ、生きた組織の消失を引き起こすことのみ可能です。犠牲者の血流と接触しない限り、影響を受けた箇所の周りで物質を洗い流すことで影響を防ぐことは十分可能ですが、傷を負う場合があります。水で薄められると、SCP-1913-1のインクは無害になります。

SCP-1913-2は黒い髪と灰に覆われた生命を持った人型骨格であり、身体の形状は女性の姿をしています。SCP-1913-2の骨格はその頭蓋と指が大きなイヌ科のように見える事を除けば、人間の構造をしています。SCP-1913-2は運動に必要な組織が欠如しているにもかかわらず、65kphの速度で動くことが可能です。

SCP-1913-2に知性は見られず、ほぼ完全にSCP-1913-1かSCP-1913-3からの命令に従って行動すると考えられます。特定の性質を引き起こすために、事象-1913-3の前にSCP-1913-3はSCP-1913-2に白衣、または輸送隊オメガ-8(以前"揺り籠の猫達"として知られていた)の一般的な標準防具を着用した人物を誰でも攻撃するよう指示したと考えられています。それ以外では興奮させる、または十分な食料を与えられない場合を除き、SCP-1913-2は完全に大人しいです。

興奮するとSCP-1913-2は犠牲者に対して攻撃し、通常は犠牲者を引掻きます。しかし、主要な器官の損傷や失血にもかかわらず、SCP-1913-2は犠牲者を殺すことができません。犠牲者は非特異性の傷またはSCP-1913-1のインクの影響等、別の致命的な損傷を受けるまで生命反応を示し続けます。器官や四肢が犠牲者から切り離された場合、それら器官はその犠牲者から独立して生き続けます。SCP-1913-2の死亡を通じてその身体から器官が切り離された場合、犠牲者は死亡しません。

SCP-1913-2は犠牲者が一般的にショックで動きを止める、または別の存在がSCP-1913-2を刺激させるまで、犠牲者に攻撃を続けます。SCP-1913-2は生存に食事を必要としませんが、犠牲者の肉を食べる傾向を示し、食料が供給されなかった場合、興奮し始めます。SCP-1913-3はSCP-1913-2を'テリー'と呼びます。

SCP-1913-3は未熟なオスの黒毛のラブラドールレトリバー(Canis lupus familiaris)の姿をしており、口、鼻、目がありません。SCP-1913-3の顔は笑顔に見せかけた複数の凸凹の穴から成り、薄暗い白色光が見えます。SCP-1913-3は知性を持ち、自身を'フレディ'と称します。SCP-1913-3は'家庭の事情'を超えてSCP-1913-1を追跡する理由を述べる事を拒否しますが、SCP-1913-3はSCP-1913-1に傷ついて欲しくないと報告しています。SCP-1913-1からの情報はSCP-1913-1の形状の物理的変化を示唆しますが、確かめられていません。

Freddie.jpg

SCP-1913-3

SCP-1913-3が物体や生命体と衝突すると、SCP-1913-3はその顔の穴から灰色の炎を発します。このようにして発せられた炎は最高1200℃(~2192°F)にまで達し、非生命体との接触で見られる影響を及ぼします。

これらの炎との接触で付いた火は、犠牲者の皮膚を完全に燃やすか、火が消されるまで燃え続けます。犠牲者はSCP-1913-3との曝露により重度の火傷を負い、通常は視覚、聴覚、触覚を完全に失います。SCP-1913-3の犠牲者を処分する試みは、犠牲者がSCP-1913-1のインクによって分解された時のみ成功しました。非常に大量の硫黄で'妨げ'ない限り、SCP-1913-3は他のSCP-1913個体の大まかな位置を特定することができます。SCP-1913-3は定期的に気分を変動させ、中立的から攻撃的にまで変わり、時折収容職員を罵ります。SCP-1913-3は191█年3月24日以降の少なくとも2回の火事の原因となっています。

SCP-1913-1回収: 191█/03/24、SCP-1913-1は地方の難破調査の際にV███████港から発見されました。エージェント・クロウリーが、ニューヨーク市への移送を行っていたと考えられる███████の残骸の中からSCP-1913-1を発見しましたが、S████への航路上にありました。2体の死体がその残骸の中から発見されましたが、2█人の乗員は行方不明のままでした。

SCP-1913-1の特性の研究の後、2█体の死体を載せた救命ボートが要注意団体の関心を避けるためにV███████海に放流されました。死体は実験中に死亡したD-クラス職員が使われました。航海前の船の破損状態により、███████の沈没は機械の状態が原因によるものであると宣言されました。

遭遇-001報告: 191█/04/02、SCP-1913がサイト-██に到着した際、SCP-1913-2とSCP-1913-3がそのサイトを攻撃し、緊急避難規約が発令されました。SCP-1913-2は繰り返しSCP-1913-3を、SCP-1913-1を載せた脱出車両へと投げ付け、脱走までに車両に大きな損害を与えました。SCP-1913-2とSCP-1913-3のSCP-1913-1に対する排他的な関心は輸送隊オメガ-8の設立と、3体の実体の総体的な指定に繋がりました。

遭遇-015報告: SCP-1913-2またはSCP-1913-3を捕獲する更なる試みは失敗しました。またSCP-1913-2とSCP-1913-3の輸送隊オメガ-8の追跡は止みませんでした。SCP-1913-2の一定の動き、財団車両の情報の所有、SCP-1913-3の恒常的な爆発性は、この実体の収容を困難にしました。麻酔銃、放水、放火、発砲が用いられましたが、まだどちらの実体も鎮圧できていません。

遭遇-029報告: サイト-45-Aで供給品を受けている間、輸送隊オメガ-8へのSCP-1913-2とSCP-1913-3の追跡と攻撃は続きました。輸送隊オメガ-8は予備隊を要請しましたが、到着前に無力化しました。ヘイワード博士とエージェント・クロウリーは屋根へと登りSCP-1913-1との撤退を待ちましたが、研究ラボ1██へと追い込まれ、エージェント・クロウリーはSCP-1913-3のSCP-1913-1の奪還と、ヘイワード博士の死亡を阻止しました。詳細な情報はインタビュー1913-Aを参照して下さい。SCP-1913はEuclidへと再分類されました。

インタビュー1913-A:

回答者: エージェント・クロウリー

質問者: トキ博士

<記録開始>

エージェント・クロウリー: 記録のために発言してもいいかしら?

トキ博士: 何だ-ああ、どうぞ。

クロウリー: 揺り籠の猫達にヘイワード博士を同行させるのは間違いだったわ。あの坊やは賢いけども、未熟すぎる。彼は学校を出たばかりよ;彼は向精神作用効果と情報災害の違いも理解していない。彼は何も間違ったことはしていないけども、だけど彼が…ごめんなさい。あの坊やの事は好きよ、確かにわたしは特別目に掛けてる、だけどまずはより安全な班に割り当てられていたら、十分な心構えができていたはず;講義を受けるより、経験をしていたのならね…[息を吐く]ごめんなさい、胸の中の物を吐き出す必要があって。

トキ博士: 構わないよ。

クロウリー: …遭遇ツー-ナインについて尋ねたいんだったかしら?

トキ博士: そうだ。

クロウリー: 了解したわ。わたし達は必需品だけを要求したの:食料と燃料ね。45で何分も過ごすとは思っていなかったわ、だけどわたし達が全てに対して神経質になっていて。数日間あの犬と娘に遭遇していなかったから、何かあると思っていたわ。ヘイワードとわたしはダッシュ・ワンをサイトのガレージまで運ぶと、予想通り、車両はわたし達の背後で爆発した。やつらはわたし達を追ってくると考え、別のサイトに向かい攻撃を待った、なぜならやつらはわたし達の内の12人が出た直後に攻撃をしたようだったから。

トキ博士: そして、君はサイト-45の警報を鳴らし、屋上まで避難しようと試みたと?

クロウリー: そうよ。そうするか、やつらの行動を許すしか選択肢はなかったから。でも大した事はできなかったわ、だって研究室に役立ちそうな物が無いんだもの、それでも何とか扉を閉じてやつらをやり過ごそうとしたわ。ツーはダッシュ・スリーが退くように言うまで扉に体当たりを続けて、扉が吹き飛ぶとスプリンクラーが作動した。あの…あいつ、スリーは、まさに目の前までわたしに近寄ってきた。だけど何もしてこなかった:攻撃も、爆発も、あの娘も攻撃も、興奮もしなかった、ただそこに座ったの。わたしに言えたのは'どうして?'だけだった…わたしは無力であると思い知らされながら、長い時間が経った…やつはこれが勤めであり、この炎は贖いだと言った。やつらは見ることも、聞くことも、感じることも;ただ自身だけが残されていると言っていた…悪も、何もかも見ないのだと…

トキ博士: ヘイワード博士には何が起きたんだ?

クロウリー: [休止]あのバカはマイクをやつ目掛けて投げたの…それで傷つくことなんてなく、その後ダッシュ・スリーは彼にヤり返した。明らかに、キレてたわね。ヘイワードは火傷を負ったけど、十分に濡れていた。だから酷い火傷は防げた…理由は分からないけど、それからスリーはツーに彼を殺すよう命じたわ。おそらくやつはあの坊やが眼中に無かったか、ツーの方がうまくヤレると思ったのね。

あの坊やを捕まえると、遠くの壁に彼を投げ飛ばし、そして硫黄が入った瓶がその前で割れた…そう、ダッシュ・ツーの手が彼の胸を貫き通す前に。ダッシュ・ツーは彼に向かって突撃したけども、止まったの。スリーはヘイワードを覆う薬を見るまでニに怒っているようだった。わたしはあの薬がやつらをビビらせる事ができると推理と仮定をして、やってやったわ…本当に気分が良かった、だって実際にやつらがわたし達から走って逃げていく様を見れたんだから…あっと、これで終わりかな?面会時間が終わる前に、診療所で数人に会いたいんだけど。

トキ博士: 確か、君はまとめてSCP-1913に関する懸念を共有したいと言っていたね?それは何だ?

クロウリー: ああ、そうそう、ヘイワードがサイト-45でそれについて報告するつもりよ。彼、しばらくダッシュ・ワンについて調べてて、何か発見したみたいなの。SCP-1913がどう機能するのか疑問を持っていたみたいで、わたし達が知らない事みたい。緊急だったみたいで、わたしには教えてくれなかったわ。とても良い情報だと思うわよ。

いい、わたしがもし知ってたらあなたに話すわ、だけどわたしから言えることは、あいつらがヘイワードの心臓を引き裂くのをこの目で見たってことよ…そして彼もね。

<記録終了>

結: ヘイワード博士はこのインタビューの後、1ヶ月の集中治療から解放され、腕と胴体の3度の火傷と胸に空いた焼灼の穴を回復しました。SCP-1913-2またはSCP-1913-3がSCP-1913-1を手にしていた場合に4体目の実体の解放または生成された可能性、更にSCP-1913-1の身体的変化に関してヘイワード博士との議論が行われて、SCP-1913-1によって確認されましたが、SCP-1913-3は否定しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。