SCP-1918
評価: +2+x
1918.jpg

実験対象の脱出を妨害しようとするSCP-1918。██年3月12日。カメラは外縁部で見つかり、無傷であった。

アイテム番号: SCP-1918

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1918-2への入り口は██年3月5日をもって施錠され、定常映像監視でモニターされています。3箇所の入り口を内包している下水施設は財団職員により隔離され、入口自体は封印されました。以前に施設で雇用されていた労働者は記憶処置され、財団職員で置き換えられました。他のすべての入り口はコンクリートで恒久的に封印されました。

説明: SCP-1918はSCP-1918-2の道具部屋と思われる場所に置かれた、組成不明の物体です。見た目にはプラスチックの塊に金属の棒を取り付けたもののようで、普段は廊下の間を移動しているのが見つかります。SCP-1918は自らの意思で移動しますが、いかなるときも地面から離れる様子はありません。物体はその移動する方へ傾いて時速5kmの等速で移動します。

SCP-1918-2はSCP-1918を収容する施設の呼称で、地下12mに位置します。しかし、この領域自体は平静であって、超自然的に埋められたようではありません。

施設には個別に18の部屋、ないし9個の複合部屋があり、それぞれ「1」の部屋に「2」の部屋が付属しています。「2」と「1」の部屋は、「1」の部屋に「1」、「2」の部屋に「2」と記されているほかは同一です。これは個々の部屋の外側に浮き彫りで表示されています。SCP-1918を収容する施設の構成はほぼ対称的で、0.65m幅の廊下がそれぞれの複合部屋を環状に取り巻いています。この構造の唯一の例外はそれぞれの部屋の横にある入口の位置で、これは施設が活性化している間ランダムに変化します。

施設の廊下にはまったく明かりがなく、灯された明かりも未知の仕組みで消えてしまいます。このため、探索は施設の室内の記憶と接触によって行わなければなりません。SCP-1918-2内部での音は、イベントが進行中は異常に振舞います。聞き取れる反響音は音(これは聞こえない)が実際に発音されてから5秒後に聞こえます。

SCP-1918-2からSCP-1918を取り除こうとする試みは大々的に失敗しており、現時点でSCP-1918とSCP-1918-2が同時に発生したのかそれとも別々のものなのかは分かっていません。


中央の部屋に人もしくはイヌ科の対象が入ると、2つのことのうち1つが起こります。どちらの場合も部屋には明かりが付き、SCP-1918-2は「活性化」します。そしてSCP-1918が対象の居る部屋に入ると一定の速度を保ったまま床を横切り、跡で「丸罰ゲエム」(Tik Tak Tow)ないし「記臆ゲエム」(Memoree)と読めるメッセージを残し、メッセージを記述するなり立ち去ります。これより前に対象が部屋を出ようとすると、部屋は休止状態に戻り、対象とその所持品はすべて、ただちに消滅します。

  1. "丸罰ゲエム:(Tik Tak Tow)" | 物体は各「1」の部屋に移動し、「○×ゲーム」の要領で、もし床に既に「○」の印がなければ「×」の印を残します。どのようにして対象が印を付けることを成し遂げるかは示されていません。そうするための手段は提供されません。
  2. "記臆ゲエム:(Memoree)" | 部屋を出ようとすると、おそらくSCP-1918に由来する無遠慮な力によって対象は気絶させられます。対象は施設内のランダムな区画で意識を取り戻します。中央の部屋と同一の「1」の部屋を見つければ成功です(このイベントの間、各部屋はわずかに異なって見えます)。対象は施設内の廊下全体を通じてSCP-1918に追いかけられ、それによってこのイベントには時間制限が存在するようです。正しい部屋に「○」印を付ければ対象は「勝ち」ます。

「2」の部屋に入るとSCP-1918-2は休止状態に入り、参加している対象は死んだものと推定されます。

対象が成功すると、SCP-1918は対象が現在居る部屋に現れます。そしてSCP-1918は床に"ニューゲーム"と記し、新しいイベントで過程が繰り返されます。対象が失敗するとSCP-1918-2は単純に休止状態に戻り、先のイベントに参加していた対象は消滅します。

歴史: メーン州の小さな町(人口226人)である█████で4人のインフラ関連労働者が消滅した後、SCP-1918-2は財団の注意を引くところとなりました。現地の保安事務所には地下の「金属質の引っ掻き音」についての大量の報告が記録されており、下水の鉄格子付近でもっともよく聞かれていました。SCP-1918-2への接続路はEuclid的なものではありません。各入口は互いに数km離れている傾向があるからです。現在9箇所の入り口が知られており、5箇所は下水の鉄格子、3箇所は下水施設にある作業用マンホール、1箇所はトイレです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。