SCP-1918-JP
評価: +39+x

レベル3セキュリティクリアランスを確認しました。ファイルを表示します。

 

SCP-1918-JP-1.jpg

発見時に撮影されたSCP-1918-JP

アイテム番号: SCP-1918-JP

オブジェクトクラス: Euclid Keter Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1918-JPは現在収容サイト-█████に保管されています。SCP-1918-JPと直接接触することは如何なる場合においても許可されていません。SCP-1918-JPは常に監視カメラによって監視を行ってください。また各地の天文台、航空宇宙組織にエージェントを配置し、SCP-1918-JPによって発生した異常が確認された場合、観測したデータを正常値で上書き、関係者にAクラス記憶処理を適用してください。必要であればカバーストーリーを適用してください。

説明: SCP-1918-JPは、現在はゴールデン・レトリバーの姿をした存在です。SCP-1918-JPは全体が未知の物質で構成されています。SCP-1918-JPは財団がその存在を認知してから現在までに23回外観が変化しています。外観の変化は1582日と15時間56分21秒ごとに発生しており、多少の小数点以下の誤差は確認されているものの、一定の周期で変化しています。SCP-1918-JPが変化する対象は無機物、有機物、生物などを問いませんが、生物や有機物の外観に変化した場合でも、年による劣化は確認できない他、生物の動きに倣う事はありません。SCP-1918-JPの外観の大きさはどの場合においても一辺が2mの正方形の範囲を超えることはありません。また、SCP-1918-JPの外観の変化する対象はその時代に合った物であることが報告されています。SCP-1918-JPは現在財団が所有する、あらゆる方法をもってしても損傷させることが出来ません。

SCP-1918-JPはSCP-1918-JPを中心として、3.834光年先の地点に空間異常を発生させます。空間異常は軽度な物から重度な物まであらゆる例が報告されており、1m程度の空間の歪みから、1000kmに渡る空間の歪みも確認されています。空間の歪みが発生した際、天体などが巻き込まれた場合、不特定の異常現象が発生します。

インシデント(抜粋)

インシデントSCP-1918-JP: 1622
████年█月██日
███████が空間の歪みに補足され、一時的に消失。2時間後に0.51光年離れたポイントに半球が消失した状態で再出現。
地球への影響はほぼ無し。

インシデントSCP-1918-JP: 13668
████年██月██日
█████████が空間の歪みに補足され、一時的に消失。0.17秒後、█████████は元の大きさの36倍ほどになり同じ位置に再出現。
地球への影響甚大。█████████再出現時に発生したと思われる衝撃波が財団の衛星1782基に大幅な被害を与えた。

これ等のインシデントから、SCP-1918-JPのオブジェクトクラスがKeterに引き上げられました。現在の技術力において、SCP-1918-JPによって引き起こされた異常によって人類に齎される被害の大部分を阻止することが可能となったため、オブジェクトクラスは再びEuclidに引き下げられました。

SCP-1918-JPは元々、定期的に外観を変化させる破壊不可能の存在としてAnomalousアイテムに分類されていました。しかし、SCP-1918-JPの収容以前から報告されていた同一円周上で頻繁に発生する非科学的現象の円周の中心点がSCP-1918-JPの収容されていたサイト-███付近であったことから、サイト-███内に収容されているオブジェクトの関与が疑われ、SCP-1918-JPの異常性の発見に至りました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。