SCP-1919
評価: +1+x
uvLoY.jpg

派遣調査003後のSCP-1919。赤で囲まれた影がSCP-1919-1の発現物の1体

アイテム番号: SCP-1919

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1919の周囲半径2kmの区域は常に保守されなければなりません。SCP-1919に通じるあらゆる道路または歩道は、迂回路へ誘導するかまたは封鎖します。当区域周辺部は、最小でも重武装パトロール25人40人が巡回します。SCP-1919内部に侵入した職員は、防護服または兵器を与えられません。当区域周辺部に侵入したあらゆる人物は、派遣チームのメンバーであることが確認されなかった場合、即時終了されます。

派遣調査003に関する公式報告書は、SCP-1919を現在研究している職員か、当事件に直接関わった職員に限りアクセスが許可されます。報告書の写しはすべて破棄されました。

████/██/██ 修正:派遣調査002により、誰であれ、いかなる状況であれ、SCP-1919への侵入は許可されません。許可を得るためには、前回、そして今回の侵入者に関連して確認されたすべてのSCP-1919-1の発現物が排除されるか、あるいは、すべての発現物の餓死が期待できるだけの時間が経過しなければなりません。

説明: SCP-1919は、██████████ █████に位置する、20世紀初頭に建設されたホテルと改修されたマンションです。派遣調査003により、SCP-1919の一部分が東側の地面へと沈下しました。現在も内部の通行は可能ですが、追加の安全対策が必要です。外観においてはSCP-1919は建築当時とほぼ同じ状態に見えます。しかし内部においては、建築以来ずっと放棄されていたかのように、甚だしく老朽化した建築物に見えます。ほとんどの床板と天井は腐食しているか完全に抜けています。そして、内装の大部分はさまざまな性質の損害(例:水に濡れて傷んでいる、崩壊して残骸と化している)を受けています。

SCP-1919内部への人間の侵入は、建物全体から多数の人型生物が出現する現象を誘発します。それらは侵入時の被験者とその衣服、あらゆる所持品において類似しています。これらの生物(SCP-1919-1と総称する)は、共通していくつかの物理的な面でオリジナルから逸脱します。

被験者とその複製の間で観察された相違点は以下の通りです。

  • 体毛の欠如
  • 頭蓋構造の変形
  • 部分的な皮膚の変色
  • 四肢や指の長さの相違
  • 口部の歪な変形
  • 瞼の片方ないし両方の閉鎖・欠如
  • 鼻孔の閉鎖
  • さまざまなサイズの皮膚穿孔
  • 顎部構造の延長・変形

SCP-1919-1は建物の老朽化の原因です。SCP-1919-1の各個体は、家具をひっくり返し、床板を引きはがし、パイプを破損させ、その他にも小規模の破壊行為を行うことが記録されています。SCP-1919-1のこうした行動が原因となり、現在までに3体がSCP-1919からの脱出を試みました。

SCP-1919-1に分類されるすべての生物は同様の行動を取ります。彼らは挑発の有無にかかわらず攻撃的に行動します。そして無作為に物や建築物を損壊しようとします。ひとたび被験者またはSCP-1919に侵入した被験者を発見すると、SCP-1919-1は著しい敵意の増大を示します(派遣調査ログ001・002を参照してください)。しかし、この習性はSCP-1919-1間では発揮されません。むしろSCP-1919-1は同種に遭遇すると、複数体による連係の取れたグループを形成する傾向があります。過去に観察された最大規模のグループは██体で形成され、そして、特殊部隊タウ-11「若者嫌い」を行動不能に追いやりました。

全体として、SCP-1919-1はアリのコロニーと同種の群知能を示します。具体的な手段は不明ですが、SCP-1919-1は高速かつ非言語的に意思疎通できることが証明されています。████/██/██時点では未証明であるものの、全ての行動からSCP-1919-1は、フェロモンを用いて信号を送受信可能な臓器系を備えていると推測されます。SCP-1919-1の一個体を殺傷したとき、それが無音かつ別個体が存在しない場所で行われた場合でさえ、半径約40mの範囲内すべての別個体が集結したという事実がこの説を補強しています。

補遺1919-01

派遣調査003において、SCP-1919-1が特殊部隊タウ-11の隊員1名を即死に追いやりました。その他の隊員は、負傷によって彼らの複製体と同様のさまざまな身体障害を負いました。ビデオ映像によるとSCP-1919-1のこの新たな行動は故意のもので、単に自衛行動を取った結果ではないことが示唆されています。███ █████████、████ █████、██████ █████、███████ ████は、SCP-1919を脱出してから1週間以内に負傷が原因で死亡しました。████ █████は下顎に重傷を受けていたにもかかわらず、「絵の中だ」という言葉を意識不明に陥るまで断続的に繰り返していたことが医療スタッフから報告されました。█████は財団治療施設へ搬送される途中で死亡しました。

補遺1919-02

派遣調査003の映像を分析した際に、全SCP-1919-1個体の発生源であるSCP-1919内の存在が財団の注意を引きました。本SCPに関して我々が達成すべき新たな最優先目標は、この存在の識別、回収、収容です。”彼女”の問題に取り組む全研究者は[データ消去]の指導を受けてください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。